「ほっ」と。キャンペーン

菜彩茶房


.
by sai__sai
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

天狗岳 (2月4日)

05:50 自宅
07:30 渋の湯 (渋御殿湯) 駐車場 07:55
09:43 黒百合ヒュッテ 10:15
11:15 東天狗岳 11:20
11:55 中山峠 12:00
12:39 中山
12:42 中山展望台
13:12 高見石小屋
13:40 賽の河原出口
14:25 渋の湯 (渋御殿湯) 駐車場

渋御殿湯駐車場代 1,000円
(先に受付をしてから、駐車場所を指定してもらいます)

d0032405_20093949.jpg




















黒百合ヒュッテ
アイゼンを着けて、ストックからピッケルに変えます。
d0032405_20094658.jpg













中山峠経由で天狗岳へ
d0032405_20095059.jpg













北アルプスもきれいです。
d0032405_20095495.jpg














d0032405_20095934.jpg















d0032405_20100597.jpg














d0032405_20101042.jpg













東天狗頂上
d0032405_20101535.jpg



















南八ヶ岳と南アルプス
d0032405_20102169.jpg














d0032405_20102642.jpg














西天狗
今日はいつもより長いルートなので、我慢して行きません。
d0032405_20180330.jpg



















今回は黒百合ヒュッテ方面へは戻らず、中山峠から中山へ向かいます。
d0032405_20181032.jpg













縞枯していて、立ち枯れしている個所は明るく気持ちよいです。
d0032405_20181789.jpg



















樹林帯にある中山頂上
d0032405_20182549.jpg



















中山展望台
素晴らしい景色が広がっていました。
ゆっくりしたかったのですが、初めてのルートで心配だったので先に進みます。
d0032405_20182997.jpg














展望台から高見石小屋まで、樹林帯をどんどん下ります。
雪面はやわらかく快適で歩きやすく、思っていた以上に早く進めました。
d0032405_20255472.jpg



















高見石小屋
d0032405_20260175.jpg













賽の河原
素晴らしい景色に歓声が上がっていました。
d0032405_20260627.jpg













賽の河原入口を振り返って。
逆ルートの場合は、ペンキマークや看板が目印。
d0032405_20261025.jpg













御嶽の賽の河原よりずっと明るい雰囲気!
ガスっている場合は注意する必要があると思いますが、晴れていれば最高です。
高見石小屋経由で下りるのは初めてでしたが、変化に富んでいてとても楽しいルートでした。
d0032405_20261880.jpg

















[PR]
# by sai__sai | 2017-02-04 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

根子岳 (1月28日)

06:50 自宅
08:10 須坂長野東IC
08:45 奥ダボススノーパーク駐車場 09:10
09:25 スノーキャット乗り場(第一リフト上部) 09:40
12:05 スノーキャット最上部
12:15 根子岳頂上 12:20
12:25 スノーキャット最上部 13:05
13:25 スノーキャット乗り場(第一リフト上部)
13:53 奥ダボススノーパーク駐車場

第一トリプルリフト 1回券 300円
(400円払ってカード返却で100円返金有)

人生初のスキーでの山登りです。

リフトを降りた所がスノーキャット乗り場になっています。
スキー場の雰囲気でにぎやか。
私たちはスキーにシールをつけて登ります。
d0032405_16151901.jpg













暖かくて素晴らしい天気です。
目的地の根子岳が美しい。
d0032405_16145709.jpg















シールをつけたものの、どんな風に歩いてよいやら・・
試行錯誤しながら出発。
d0032405_16154967.jpg














d0032405_16161664.jpg




















スノーキャットが下りてきました。
みんな写真を撮っていました。
乗り物ってなぜ写真に撮りたくなるんでしょうか。
d0032405_16353277.jpg















すごく早い!
スノーキャットだと25分で上がれるそうです。
d0032405_16365250.jpg














振り返ると北アルプス
d0032405_16383288.jpg














槍、穂高や常念。
この山域は北アルプスの南端なんだと実感します。
d0032405_16390586.jpg














鹿島槍と五竜
五竜の雪形、武田菱がよく見えます。
d0032405_16401902.jpg















d0032405_16534065.jpg















d0032405_16423793.jpg





















空はなんでこんなに青いのか、と思ってみたり。
d0032405_16424377.jpg















シールってすごいなあ、と感心してみたり。
d0032405_16425008.jpg





















d0032405_16431766.jpg















d0032405_16432342.jpg





















根子岳頂上
スノーキャットの最上部のところにスキーを置いて
ツボ足で頂上に登りました。
トレースがあり10分くらいで到着。
後ろは四阿山。
d0032405_16454871.jpg















飛行機雲
d0032405_16554815.jpg





















浅間山
d0032405_16563876.jpg















富士山
d0032405_16564518.jpg















d0032405_16565124.jpg















右から、妙高、火打、焼山だと思われます。
d0032405_16581816.jpg














白馬三山
d0032405_17012416.jpg















頂上付近のみ風があったので、スノーキャット最上部まで
下りてきて休憩しました。
シールをはがしてあとはスキーで下りるのみ。
d0032405_17021040.jpg















d0032405_17032628.jpg















ザックを背負って滑るのも初めての経験。
いざ滑りだしたらザックがぶれたので、
ベルト類を締めなおしました。
d0032405_17033509.jpg















2時間半くらいかけて登ったところを、スキーで下りると
あっという間の20分。
わかっていたはずですが驚きました。
初のスキー登山は天気に恵まれました。
d0032405_17172891.jpg







[PR]
# by sai__sai | 2017-01-28 22:00 | | Comments(0)

晴れた朝

最近は雪雲がかかっていることも多いですが、
この朝はきれいに見えました。

楽しかった燕岳
d0032405_11161214.jpg















常念岳
d0032405_11161621.jpg

[PR]
# by sai__sai | 2017-01-18 22:00 | 徒然 | Comments(0)

燕岳 3日目 燕岳-宮城ゲート (1月9日)

07:07 燕山荘
08:05 合戦小屋
09:55 中房温泉登山口 10:07
13:20 宮城ゲート冬季駐車場


お湯: 600円 (200円/500ml)

心配していた積雪は20~30cmくらいでしょうか。
これくらいならワカンなしで、新雪を気持ちよく歩けそうです。
ただ、視界は真っ白。
安曇野には濃霧注意報が出ていました。
d0032405_22202242.jpg















下りでは合戦小屋までピッケルを使用しました。
寒くはないですが風があるので、ゴーグルを着用。
改めて自分を見るとピグモン・・・?
d0032405_22202766.jpg















このまま真っ白だと怖いかもと思っていたら、太陽が見えてきました。
みんな足が止まります。
d0032405_22203848.jpg














d0032405_22203300.jpg




















d0032405_22204809.jpg




















合戦尾根の先にオレンジ色の朝日。
うっとりするばかりでした。
d0032405_22205838.jpg



















d0032405_22210463.jpg




















d0032405_22211091.jpg















振り返って。
d0032405_22211551.jpg















d0032405_22322749.jpg














d0032405_22323868.jpg














槍が見えそうで見えません。
d0032405_22324634.jpg














d0032405_22325727.jpg














d0032405_22330461.jpg














d0032405_22342387.jpg














d0032405_22345742.jpg














雪煙も美しいです。
風はありますが痛いほどではなく、寒くはありません。
d0032405_22351777.jpg














楽しい!
d0032405_22343047.jpg














d0032405_22362899.jpg














何度も止まって写真をとりました。
d0032405_22372214.jpg














槍とお別れ
d0032405_22365561.jpg















樹林帯へ入ります。
楽しかった新雪の尾根歩きはあっという間に終わってしまいました。
ただただ素晴らしかった!
d0032405_22385699.jpg














d0032405_22392154.jpg





















d0032405_22394004.jpg





















今回の山行で一番辛かったのは、帰りの林道歩きでした。
歩き方が下手なのもあって何度も滑ってしまいます。
登山口でいったん脱いだアイゼンを再度装着しましたが、
雪が薄すぎて足が痛くなってしまいます。
林道後半で大失速。
牛の歩みとなりました。
爪の短い軽アイゼンかチェーンスパイクが良いと思います。
d0032405_22405036.jpg



















無事に下山しました。
うちに帰って雪かきです!
d0032405_22411675.jpg

[PR]
# by sai__sai | 2017-01-09 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

燕岳 2日目 中房温泉-燕岳 (1月8日)

06:30 中房温泉
09:30 合戦小屋 09:40
10:45 燕山荘 10:50
11:20 燕岳頂上 11:35
11:55 燕山荘

燕山荘 1泊2食 10,800円
ビール 500円

中房温泉での朝食時、よっぽど不安そうな様子をしていたのか、
宿の方が声をかけて下さいました。
風も弱いし、ラッセルするような積雪にはならなさそうだし、
とにかくトレースをきちんと確認すれば大丈夫、とお話して下さり、
ずいぶん落ち着きました。
ありがとうございました。

出発です。
とても暖かいです。
d0032405_22303394.jpg





















第3ベンチ
この少し上でアイゼンをつけました。
d0032405_22303951.jpg















合戦小屋
d0032405_22304408.jpg















合戦小屋から上には、ワンド(赤い旗竿) がたくさんありわかりやすいです。
ワンドの右側にトレースがあります。
トレースを少しはずれると、結構足が沈みます。
d0032405_22304953.jpg















槍の穂先が見えてきました。
d0032405_22310473.jpg















景色から寒そうに見えますが、尾根上も無風で暖かく
上はアンダー1枚で登っています。
d0032405_22311161.jpg















d0032405_22311891.jpg





















燕が見えてきました。
d0032405_22312897.jpg















d0032405_22313364.jpg















d0032405_22333622.jpg





















冬道は小屋の南側から回り込みます。
そこからの槍が美しかったです。
d0032405_22334598.jpg















無事燕山荘へ到着。
アイゼンを外すのが面倒なので、受付前に燕岳を往復します。
d0032405_23024455.jpg















燕岳
d0032405_22343785.jpg















d0032405_22345192.jpg















北鎌尾根が美しいです。
d0032405_22345870.jpg















頂上まであと少し。
やはり寒そうに見えますが、風もほとんどなく暖かいです。
体感的には11月に来た時と変わらない感じでした。
d0032405_22350810.jpg





















d0032405_22351734.jpg















剱方面
d0032405_23060337.jpg















裏銀座の山々
d0032405_23064980.jpg














青空こそ見えませんでしたが、もっと視界が悪くなるかと思っていたので
ここまで綺麗に見えて大満足でした。
d0032405_23080739.jpg















燕山荘から大天井、常念への稜線
d0032405_23091733.jpg















鹿島槍
d0032405_23100746.jpg















こたつでぬくぬく、ごろごろしている間に、
外では雪が降り始めたようでした。
明日の朝の積雪が気になります。
d0032405_23141802.jpg















美味しかった夕食
宮城ゲートから一気に登ってくる方が思っていた以上に
多くて驚きました。
皆さん本当にすごいです。
d0032405_23152148.jpg















小屋の中は楽しい雰囲気でいっぱい。
また、とても暖かくて、ザックの 1/3を占めていた防寒着は
使用しないまま終わりました。
夜暑くて目が覚めてしまったほどです。
そして、目が覚めて気になるのは、やはり明日の積雪状況。
どんな朝になっているのかなあ。
d0032405_23165206.jpg
[PR]
# by sai__sai | 2017-01-08 22:00 | 北アルプス | Comments(0)
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル