映画:ソラリス

DVD で 「ソラリス」 を観ました。
大好きな ジョージ・クルーニ&ソダーバーグ監督の映画です。
この 2人の組み合わせには、「アウト・オブ・サイト」 で 出会い、
大ファンになりました。 

ソダーバーグ監督の映画は、暑くて 黄色っぽいイメージを
ずっと持っていたのですが、「ソラリス」は 宇宙が舞台ということで、
青色・銀色の世界です。
それは、当たり前なのですが、とても新鮮で不思議な感じがしました。
今までの乾いた地面・土・砂漠というイメージではなく、浮遊している感じ。

ジョージ・クルーニーは 今までに見たことのない、シリアスな役どころで、
まるで全く新しいクルーニーに出会った気分です。
大切な人を亡くした喪失感・悲しみ・苦しみを じっくりと 見せてくれます。
大人の映画な気がします。
若い頃に観たら、また違って見えただろうなぁ。
でも やっぱり、好きな映画になっていたはず。
[PR]
Commented by やどかり at 2006-06-28 16:28 x
イエ~イ(←死語か?)コメント一番乗り。ってずいぶん前のだけど。

ソラリス、私好きだったよ。

自分自身のソラリスを思い出しちゃって、せつない。。。かなりしんみりしました。

と思う一方、所詮、その思いや、思い出は、自分が作り上げたまやかしなんだなと思いました。

青色、銀色っていうのは、まったく同感。寒色系だよね、この映画。

この映画は、リメイクらしい。知人がオリジナルを絶賛していた。一度見てみたいよ。
by sai__sai | 2005-07-29 23:07 | 映画・劇 | Comments(1)