光城山 47 かみ雪

松本にしては珍しく雪がたくさん降っています。
気温が高く 湿った雪です。

職場の人いわく、 「かみ雪」 だそうです。
初めて聞いた言葉でした。

北信ではなく、普段あまり雪の降らない中南信などで降る
水分の多い雪のことを 「かみ雪」と言うようです。
春の直前に降る雪のことでもあるようです。

今は冬の真っ只中ではありますが、
春先にドカっと降る湿った雪に似ています。

普段より暖かくていいのですが、通勤に時間のかかること、かかること。
金曜の朝は、40分のところ 2時間かかりました。
渋滞の中どうしようもないので、急ぐのはあきらめて
普段聞けない時間帯のラジオを楽しみました。

光城山は頂上付近で 20cm 位積もっていました。
凍っている訳ではないので、アイゼンなしで登ることができました。
かなり湿っているので、水っぽくてすべりやすい場所も。

雪の里山はいつもに増して楽しいものです。

d0032405_22523271.jpg



d0032405_22525937.jpg



d0032405_22532869.jpg


[PR]
Commented by 元丸子住民 at 2012-01-28 11:50 x
これを読むまで「かみ雪」ってみんなが知っている言葉だと思っていました。
ー長野の方って雪がたくさん降るでしょ。
ーいや。。長野の北の方や新潟とか北陸とかの豪雪地帯とは違って、「かみ雪」が多いんですよ。
って普通に都内の人に言っていましたが、通じていないかも。
かみ雪の季節はこれからですね。
Commented by sai__sai at 2012-01-28 23:58
元丸子住民さん
そうそう、かみ雪ってこっちで使う言葉みたいです。
初めて聞いて、調べてみて、納得した次第です。
全国ニュースの 「長野」の天気予報とはいつも違ってますもんね。

今年はいつもより春が待ち遠しいです。
by sai__sai | 2012-01-21 22:57 | | Comments(2)