烏帽子岳 その1

針ノ木でおしゃべりしたおじさんに、かっこいい山だと教えてもらった
烏帽子岳へ登ってみました。

05:30 自宅
06:45 七倉山荘 07:05
----- タクシー利用 -----
07:15 高瀬ダム 07:25
11:00 烏帽子小屋 11:30
----- 烏帽子岳頂上&四十八池めぐり -----
14:40 烏帽子小屋 (泊)

烏帽子小屋標高: 2,550m
烏帽子岳標高: 2,628m
高瀬ダムからの標高差: 1,358m

七倉山荘前の駐車場は 50台ほど停められ、3連休の初日ながら
6時45分の到着時であと10台程スペースがありました。
また、登山補導所近くにある トイレはとってもキレイです!

タクシーで高瀬ダムまで入ります。(2,000円~2,100円)
行きは相乗りでひとり700円ですみました。

不動沢トンネルを抜けて行きます。
d0032405_2014625.jpg



トンネルを抜けると吊橋を渡ります。
d0032405_202486.jpg



濁沢。名前の通り白く濁っています。
d0032405_2033958.jpg



濁沢をわたると、いよいよ登りが始まります。
d0032405_208202.jpg



標高 2,000m くらいから色づきが始まっています。
樹林帯の急登をひたすら登ります。
d0032405_20103812.jpg



尾根に出てからは、右手に南沢岳&不動岳、左手には燕も見えました。
烏帽子も見えていたはずですが、行きには気がつかず・・・。

南沢&不動岳
d0032405_20113247.jpg



唐沢岳&餓鬼岳
d0032405_2015592.jpg



ヘトヘトになりましたが、小屋に到着すると鮮やかな紅葉に
疲れが吹っ飛びました。

小屋前から三ッ岳方面
d0032405_20171082.jpg



小屋前から赤牛岳、薬師岳方面
d0032405_20174663.jpg



小屋に荷物を置いて、烏帽子岳&四十八池めぐりへ出発!
まずは前烏帽子岳(ニセ烏帽子)へ。
d0032405_20194845.jpg



振り返ると三ッ岳の稜線がきれいです。
d0032405_20211410.jpg



燕&大天井
d0032405_2023311.jpg



とがった烏帽子が見えました!奥は立山連峰。
d0032405_20242925.jpg



烏帽子岳。きれいです。
d0032405_2025187.jpg



烏帽子の右下に四十八池が見えます。うっとりします。
奥は立山&剱。
d0032405_20304263.jpg



赤牛岳と薬師岳(奥)
d0032405_20313467.jpg



手前から船窪で、針ノ木&蓮華、一番奥に鹿島槍が見えます。
d0032405_2033076.jpg



烏帽子に近づくと山の形が違って見えてきます。
d0032405_20364725.jpg



頂上直下は鎖場を登ります。
d0032405_203791.jpg



烏帽子頂上
d0032405_20373011.jpg



四十八池めぐりへ
d0032405_20375213.jpg



烏帽子に目がいってしまいます。
d0032405_20384615.jpg



チングルマ
d0032405_2039532.jpg



池の方からみると、烏帽子岳は全く違ってみえてきます。
d0032405_20403497.jpg



d0032405_2041134.jpg



四十八池側からの烏帽子岳
d0032405_2042371.jpg



小屋側からの烏帽子岳
d0032405_20423623.jpg



烏帽子、お池めぐりから戻ると 3時間以上もたっていました。
楽しかった!

烏帽子小屋のテント場は池の近くにあり、とても雰囲気のよいところでした。
いつかテント泊で来てみたいです。
ただ、あの登りを重い荷物で登れるかが問題・・・。
d0032405_954960.jpg



登りの途中で会った登山者はテント泊の方が多かったのですが、
みなさんとても健脚そうでした。

小屋泊まりは15人くらいとのこと。
ひとり一畳、ふとんも一組使えて、ぐっすり眠ることができました。
3連休ですが、静かでゆったりしていました。
夕飯もおいしかったです。

夜は雪がチラついて、かなり冷え込みました。
穂高など標高の高いところは、このあと積雪があったようです。
[PR]
by sai__sai | 2012-10-06 22:00 | 北アルプス | Comments(0)