烏帽子から双六縦走 2日目

04:15 烏帽子小屋
07:05 野口五郎岳
09:30 水晶小屋 09:40
10:10 水晶岳 10:15
10:45 水晶小屋 11:00
11:30 岩苔乗越
13:00 三俣山荘

野口五郎岳標高: 2,924m
水晶岳標高: 2,986m

テント泊代: 500円 (1人当り)
ほうじ茶ペットボトル: 500円
ビール: 800円

途中で見ることができた日の出
d0032405_9513367.jpg



長い一日が始まります。
d0032405_9515276.jpg



d0032405_9524334.jpg



まずは 野口五郎岳へ向かいます。
d0032405_9525728.jpg



d0032405_9531168.jpg



右に水晶岳が見えます。
遠い・・・
d0032405_9544593.jpg



水晶岳
d0032405_9552297.jpg



野口五郎岳までの道は歩きやすくとても快適でした。
d0032405_9554289.jpg



d0032405_9584438.jpg



野口五郎岳頂上まであと少し。
d0032405_1013052.jpg



野口五郎岳頂上
d0032405_101578.jpg



歩いてきた道を振り返って。
野口五郎小屋が見えます。
d0032405_1075744.jpg



これから進む道
右に水晶、左に鷲羽がみえます。
d0032405_1083640.jpg



槍を見ながら歩きます。
d0032405_10104244.jpg



d0032405_10112018.jpg



ガレて赤くなっている所の上に、水晶小屋が見えます。
野口五郎から水晶までは岩が多くて、思ったより時間がかかりました。
d0032405_10115575.jpg



いつか泊まってみたい水晶小屋
d0032405_10141450.jpg



空身で水晶岳へ。
d0032405_10143979.jpg



雲の平と黒部五郎岳
d0032405_1015640.jpg



水晶岳頂上
ゆっくりしたいのですが、まだ先があるかと思うとついつい先を急いでしまいます。
d0032405_1015301.jpg



赤牛岳方面
d0032405_10173822.jpg



鷲羽岳。左に槍、右奥に笠ヶ岳が見えます。
d0032405_1018284.jpg



石英?
石英の透明なのが水晶だそうです。
d0032405_10191495.jpg



左端の烏帽子から歩いてきました。
d0032405_10201339.jpg



実は、水晶岳から戻って水晶小屋でトイレを借りた時に、後ろのポケットに入れていた
山と高原地図を落としてしまいました。

呆然とする私の目の前には、 「トイレに紙を絶対に捨てないでください。壊れます。」
という内容の掲示。

小屋の方に謝りながら報告すると、「道具をお貸しするので拾ってください。」とのこと。

道具ってなんだろう、と思っていたら、トングでした。
結局同行者がトングで拾ってくれて、無事に回収終了。

とくかく申し訳なくて恐縮しまくりでしたが、小屋の方に
「言っていただいて良かったです。助かります。」
と声をかけていただき、気持ち的に救われました。

山のトイレで物を落としたのは、二回目。
冬の守屋山でグローブを落としました。
(こちらも回収済みです)

今回の件で、もう二度とトイレには物を落とさないと、心に誓いました!

トイレ事件もあり(?) 疲れていたし、テン場に早く着きたかったので、鷲羽岳は明日にして
コースタイムが少し短い黒部源流経由で三俣山荘へ向かうことにしました。

岩苔乗越から黒部源流へ下ります。
沢の水が気持ちよくて顔を洗いました。
正面は三俣蓮華岳だと思います。
d0032405_10253518.jpg



黒部源流碑
d0032405_1028269.jpg



今日はたくさん歩きました。
三俣山荘テント場から鷲羽岳を眺めて、ほっとします。
d0032405_10282829.jpg



テント場は雪渓のすぐ下にあり、沢には冷たい水が流れています。
水も豊富で無料です。
水がたくさんあるってすばらしいことです。

明日も晴れますように。
[PR]
by sai__sai | 2013-08-15 22:00 | 北アルプス | Comments(0)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30