みずのタイムトラベル

「建築家と巡る城下町みずのタイムトラベル 城中編」に参加してきました。

昨年、同企画の城南編に初めて参加してとても面白かったので
今回も楽しみにしていました。

建築家の先生、信大建築学科の学生さん達と一緒に街を歩きながら
江戸時代にさかのぼって城下町の様子を説明していただけます。
湧水、建物、町、道などなど、今あるもの、ないものを楽しく巡ります。

10時に美術館をスタート
蛇川と榛の木川が現れたり見えなくなったり。

d0032405_2241486.jpgd0032405_224254.jpg



バケツがありますが、水路への隙間が小さくて入りません。
昔のなごり?
d0032405_225960.jpgd0032405_2264351.jpg



洋風の蔵                  黒い蔵
d0032405_2271187.jpgd0032405_2272478.jpg



湧水は生活用水として活用されていたそうです。
d0032405_2293963.jpgd0032405_229492.jpg




d0032405_2210544.jpgd0032405_2211545.jpg



本町(親町)と伊勢町(枝町)では、同じ通りなのに街頭と地面の舗装が
異なっています。
よく通る場所ですが初めて知ってびっくり。
d0032405_2217264.jpgd0032405_22204148.jpg



d0032405_22214839.jpgd0032405_22224773.jpg



看板建築                  はかり資料館にある木を張った蔵
d0032405_2223812.jpgd0032405_22232665.jpg



わさびが自生しています。        こちらはクレソンがたくさん自生。
d0032405_22253482.jpgd0032405_22272351.jpg



予想通りかなりのタイムオーバーで終了。
街歩きをたっぷり満喫しました。


工芸の五月 http://matsumoto-crafts-month.com/

旅行社みずのさんぽ http://mizusanpo.exblog.jp/
[PR]
by sai__sai | 2014-05-11 22:00 | 徒然 | Comments(0)