大天井岳、槍ヶ岳、双六岳、笠ヶ岳 3日目 雨の西鎌

06:30 殺生ヒュッテ
07:00 槍ヶ岳山荘 07:10
07:25 槍ヶ岳頂上 07:30
07:50 槍ヶ岳山荘 08:00
11:00 樅沢岳
11:15 双六小屋

歩行時間: 約4時間20分

双六小屋素泊まり: 6,500円/1人
生ビール: 1,000円
ジュース: 500円
おでん: 700円

霧の中を出発し、まずは槍ヶ岳山荘へ。

槍の穂先は行かずに済まそうかと思いましたが、
雨も止んでいるし渋滞の心配もなさそうなので、さっと登ることにしました。
d0032405_2123425.jpg



d0032405_2124872.jpg



槍ヶ岳頂上
d0032405_213776.jpg



槍ヶ岳山荘に戻ってきました。
d0032405_2132756.jpg



西鎌尾根経由で双六小屋を目指します。
d0032405_2151585.jpg



雨は降ったりやんだり、やっぱり降ったり・・・。
d0032405_2154528.jpg



晴れていたら気持ちよい道なんだろうなあ、と想像しながら進みます。
d0032405_216259.jpg



硫黄乗越
d0032405_2164728.jpg



先を歩いていた同行者が「クークー」と言っているのが
聞こえたので、雷鳥でも探しているのかと思ったら
本当に雷鳥の親子に「クークー」と話しかけていました。
d0032405_2183095.jpg



d0032405_2110365.jpg



樅沢岳の看板はなぜか2か所にありました。
双六小屋まではすぐなのですが、ここから小屋までが横殴りの雨で大変なことに。
既に濡れていたのに、さらにずぶ濡れです。
すっかり参ってしまいました。
d0032405_21101787.jpg



このまま濡れたテントをたてる気になれないし、色々なものを乾かしたくて
今夜は双六小屋に泊まることにしました。

雨具は水切り場に干して、服や靴下、帽子などを乾燥室で乾かしました。

生ビール&おでん
d0032405_21171848.jpg



天気が悪いせいか空いていて、布団17枚の部屋に9人だけでした。
私達同様、ひどい雨にテント泊をやめて小屋にした人達もいたようです。
d0032405_2119862.jpg



午後になって晴れてきました。
鷲羽岳
d0032405_21224016.jpg



テント場もにぎわってきました。
小屋じゃなくて、テントのままでもよかったかも・・・と思いながらも
雨に濡れたテントを広げて乾かしました。
d0032405_21251146.jpg



今回の山行の核心である東鎌、西鎌尾根が雨になってしましたが、
明日は雨を心配をせずに気持ちよく歩けそうです。
笠ヶ岳がとても楽しみです。

双六小屋:
小屋はずいぶん前に、テント場には2年前に利用しています。
水は無料、自炊室もあり清潔で快適でした。
トイレもきれいでした。
雨でびしょびしょになった自分にとっては、オアシスにようでした。
屋根と壁があって、濡れずに色々なことができるって素晴らしいです。本当に。
[PR]
by sai__sai | 2015-08-14 22:00 | 北アルプス | Comments(0)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30