映画:エターナル・サンシャイン

エターナル・サンシャイン」 を DVDで観ました。
「マルコヴィッチの穴」のチャーリー・カウフマン脚本の映画です。

喧嘩別れをしてしまった恋人と、よりを戻したいと思っていた主人公は、
その恋人が自分との記憶を全て消してしまった事を知ります。
ショックを受けた彼は、自分も彼女の記憶を消そうと決めます。

でも、その記憶を消す施術中に、彼女との時間がいかに
すばらしい物であったかを思い出し、その施術を
止めたいと思い・・・。

つらい経験をした時には、その記憶が消えてしまえば、
どんなに楽になるだろうか、と思います。

でも、その記憶は、つらい事だけではなくて、
素敵な思い出でもあり、かけがいのないものでもあります。
素敵な映画でした。
[PR]
Commented by かねちょろ at 2005-11-27 00:02 x
実は今日見ました。

見ている間、自分の知っている人の記憶も一緒に消えてしまうんじゃないかと思いました。
っていうか。。。最近ある集まりに行ったとき、「前会いましたよね。。。話したじゃないですか。。。。覚えてないの?」って言われても全く思い出せない人が一人いました。。。Saisaiさんに何か郵便届いていませんでしたか??
Commented by sai__sai at 2005-11-27 20:07
かねちょろさん>
大丈夫です。
郵便物は届いていないので、かねちょろさんの記憶は
消えてなんていませんよ!
Commented by りん at 2005-11-28 20:09 x
「恋の痛みを知る、すべての人へ。」
「また恋がしたくなる!」
このキャッチフレーズに心惹かれました。
いろんな意味で興味がそそられます。
観てみたいなぁ~
Commented by みち at 2005-11-28 23:47 x
記憶って不思議ねー。もし記憶を消してもビデオとかに残ってたら気持ち悪いね。今日、子供のころのバレエの発表会のビデオを見てものすごく面白かった。恥ずかしくてもとっておくもんだ。病気で記憶がなくなっていくという映画やドラマも時々あるけど、あれはつらい。最近読んだ「最後の記憶」という小説もそうで、近い記憶からなくなっていくの。その本の場合は子供の頃の恐怖の記憶だけが強烈に残っているという恐ろしい話でした。ちょっと話それたな。ところでナンシーさんに聞いてようやくコメントかけました。
Commented by sai__sai at 2005-11-29 07:12
りんさん>
このキャッチフレーズ、うまい!ですよね。
もし観たら感想を聞かせて下さい♪
素敵でかわいい映画ですよ~。
Commented by sai__sai at 2005-11-29 07:18
みちさん>
初コメントありがとうございます♪
コメントの書き方は、やはりわかりにくいでしょうか?

記憶って本当に不思議ですよね。
私は先日学生時代に書いたプロフィール集を見る機会が
あったのですが、全く記憶のない自分のコメントにびっくりしました・・・。

みちさんのバレエ、とってもかわいんでしょうね。
見てみたいです。

そういえば、記憶ネタの映画や本で結構ありますね。
by sai__sai | 2005-11-25 23:18 | 映画・劇 | Comments(6)