映画:バッド・エデュケーション

ペドロ・アルモドバル監督の 「バッド・エデュケーション」 を
DVDで観ました。

アルモドバル監督の映画には、美しくて魅力的な女性が
よく登場する気がするのですが、今回は 男性である
ガエル・ベルナル・ガルシアが大変美しかったです。
もう 少し身長があれば、完璧なのに・・・残念。(ミーハーです。)

いつもながらのゲイワールド炸裂で、期待を裏切られる事なく、
ある意味安心して(?)観ることができました。

ストーリー的には、近年の作品では 「トーク・トゥー・ハー」が
一番好きですが、監督の半自伝的映画という点では、
とても興味深い映画でした。
[PR]
Commented by ねいてぃぶ at 2005-12-04 23:50 x
私もガエル・ベルナル・ガルシア、大好きです。 そしてもう少し身長あればいいのに、というサイサイさんのコメント、同感です。今日私は彼主演(ん、助演か?)の CHE & CASTROのDVDを観ましたよ。モーターサイクルダイアリーズに引き続き、CHE役で登場してました。彼らの革命を描いた映画だったので、内容的には特に目新しいものではなかったけど、ガエルが男前で良かったです。 それにしてもCHEに人生1度で良いから会ってみたかった。。。
Commented by sai__sai at 2005-12-05 21:56
ねいてぃぶさん>
コメントありがとうございます♪
やっぱり、そう思いますか?
今のままでも十分美しいんですが、もう少し背があれば・・・。
でも、今のままでも、本当にかっこいいですよね。
笑顔も好きだったりして。(はずかし)

私もゲバラに会ってみたかったです。
キューバにいつか行ってみたいなぁ、と、ずっと思っています。
by sai__sai | 2005-12-02 23:26 | 映画・劇 | Comments(2)