映画:アメリカ,家族のいる風景

暇&現実逃避で映画ばかり観ております。

DVDで ヴィム・ヴェンダーズ監督の
アメリカ,家族のいる風景」 を観ました。

映画スターのハワードは、撮影を抜け出し
30年近くも会っていなかった母親を訪ねます。
そこで 20数年前の電話について聞かされます。


ハワードの居場所を知りたいという女性が電話をしてきたこと
その女性が、ハワードの子供を妊娠していると告げたこと

彼は初めての知った事実に驚きながらも、心当たりのある町を目指します。

「自分の子供がいるかも知れない」 という トリガーは、
ブロークンフラワーズに似ていますね。
しかもこの映画にも、ジェシカ・ラングが出てました。
今回もとっても素敵。

邦題より 原題 「Don't Come Knocking」 のままの方が
しっくりする気がします。
Don't Come Knocking なんだけど、きっと本当は
Come Knocking なんだろうなー。

ジェシカ・ラングみたいな50代、エヴァー・マリ・セイントみたいな80代を
目指そうと決めました。
その前に ビヨンセ目指すんだった・・・まずは若返らなくちゃ。
あ、ジェニファー・ハドソンもいいなー。
[PR]
Commented by やどかり at 2007-02-26 17:28 x
私が目指すのは、リブ・タイラーですよー!(恥ずかしげもなく)

彼女むちゃくちゃ美しい・・・。なんで、あんな父親からあんなビューティーが生まれたんやろう。

この映画(dont come knocking)聞いたこともない・・。アングラ系なのかな。
見たいなあ。

あ今夜は、オスカーですねえ。
もう気になって気になって・・・ってわけではないんだけど、やっぱりチェックしてしまう。
華やかで豪華で、でも、すごくよく考えると、なんか、ばかばかしいあのお祭り、好き。結構。
Commented by sai__sai at 2007-02-26 21:06
やどかりさん>
リブ・タイラー!?イ・イメージが・・・。
確かに彼女は美しいよね~。
それにしても、先日の「役所広司さま」ネタといい、知らないことがだらけだわー。

Don't Come Knocking は、アングラ系なのかなぁ~。
Blockbuster系でないことは確かです。

オスカー決まりましたね。
選ぶ基準はよくわかんないけど、いつも結果が気になってしまいます。
アラン・アーキンやフォレスト・ウィッテカーが賞をとったのが
なんだかとても嬉しかったぁ。
by sai__sai | 2007-02-24 20:36 | 映画・劇 | Comments(2)