蚊といえば

顔を蚊に刺されました。
そろそろ、暖房器具を出そうかと思っているにもかかわらず、です。
最近の寒さは蚊も相当こたえているはずなのに、
元気な蚊もいるもんですねー。

蚊といえば、中国のホテルでも悩ませられました。
私の部屋は4階。
町のど真ん中のホテルで、窓も開けていないのに、
なぜか夜になると現れる蚊!

出張3日目くらいの朝だったでしょうか、
起きてみるとなんだか顔に違和感が・・・。
手で触れてみると、かなり腫れてるみたい。

鏡で確認すると、目の近くと、おでこの2ヶ所をやられました。
大きく腫れています。
すっかりオマヌケな顔になってしまいました。

食堂に降りていき出張同行者の人達に顔を見せると、大爆笑。
ちなみにそのうち1人は、前日既に蚊の洗礼にあっていて
腕がパンパンにはれています。

蚊の侵入経路について、朝食をとりながら大議論。

空気汚染がひどいので、窓を開けることは全くありません。
外から蚊が入ってくるとは考えにくく、ホテルのどこかに
住んでいるに違いない!という結論に。

d0032405_2022408.jpg宿泊した天津第一飯店は、租界時代の
建築物が利用されています。
高ーい天井にシンプルな内装で、
とても趣きのあるホテルです。
ちょっぴり何かが出そうな雰囲気も???

ホテルのフロントで電気の蚊取りマットを借りました。
フロントにちゃんと常備されているのがすごいですよねー。


d0032405_21344058.jpg犯行現場。
[PR]
Commented by じゃけんゆーこ at 2007-10-07 09:56 x
あたしはこの夏、四川省のユースホステルのドミトリーで、毎夜蚊の攻撃に悩まされ、レセプションでグルグル巻きの蚊取り線香(常備してあるのがすごい)を貰ってきたら、相部屋のイタリア男に
「その煙は毒だからやめてくれ!」
と言われて
「ノーノーノー、イッツ ノット ポイズンよ!」
と反論したけどダメで、蚊取り線香をあきらめて蚊の餌食になりました。

線香の匂いって、日本人はけっこう好きだと思うけど、イタリア人には毒々しく感じられるのかーと勉強になりました。
大量の蚊刺されと代償に・・・。
Commented by sai__sai at 2007-10-07 22:01
じゃけんゆーこさん>
大量の蚊刺され、誠にお気の毒さまでした。
でも、蚊には天国のような空間だったかも・・・。
イタリア男と日本乙女の血を吸い放題。オソロシイ限りです。
イタリアでは蚊を防ぐにはどうしているんでしょうね。

ゆーこちゃんの話を読んで、カナダのユースで会ったドイツ人を
思い出しました。
キッチンで一緒になって、彼にお茶(ティーバックね)をご馳走することになり
カップにお水を入れて、電子レンジで沸騰させようとしたら、
"No,no, please don't do that. I don't trust microwave."
へぇぇぇぇ~と、びっくり。
でもそんな風に言われると、なんだか電子レンジの電磁波も
怪しい気がしてきちゃったのでした。(実際はガンガン使ってるけどね。)
by sai__sai | 2007-10-06 20:43 | 徒然 | Comments(2)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30