映画: チェ 28歳の革命

チェ 28歳の革命」を見ました。

ソダーバーグ監督&デル・トロ主演で チェ・ゲバラが
映画化されると知ってずーっと楽しみにしていました。

青年期を描いた 「モーターサイクルダイアリーズ」も
とてもよかったけど、その時彼は まだ「チェ」ではないですもんね。

第1部として、ゲバラが カストロと出会い、キューバ革命に参加し
首都ハバナに入る直前までが描かれています。

キューバ革命の理由や時代背景についての説明はあまりないので、
全く知らないままで見ると、少しとっつきにくいのではないかと思いました。

映画は革命戦争を時系列で追って行き、ゲバラの人間性をあらわす
エピソードが盛り込まれています。

戦闘シーンが多く、デル・トロ も本人にそっくりなので、映画というより
まるで ドキュメンタリーを見ているような錯覚に陥りました。

「モーターサイクルダイアリーズ」は映画だったけど、
私にとって 「チェ 28歳の革命」はドキュメンタリーでした。



今の私達にとっての 「革命」 とは 「選挙に行くこと」 と、
デル・トロがインタビューで答えていたそうです。
[PR]
by sai__sai | 2009-01-11 18:36 | 映画・劇