カテゴリ:クラフト( 25 )

d0032405_2225813.jpg



d0032405_2231212.jpg



高橋里美さんの 「赤」 にひとめぼれ
d0032405_22418100.jpg



d0032405_2242938.jpg



d0032405_2244192.jpg



d0032405_2245217.jpg



d0032405_225556.jpg



d0032405_22782.jpg



d0032405_228506.jpg



d0032405_229281.jpg



d0032405_2291325.jpg



今年で28回目のクラフトフェア。
どうかどうか来年も開催されますように。
[PR]
by sai__sai | 2012-05-26 22:00 | クラフト | Comments(2)

あがたの森で行われたクラフトピクニックへ。

今年はちいさな卓上機でのはた織りと、
火起し器作成と火起し体験のワークショップに参加しました。

d0032405_19593734.jpgd0032405_19594847.jpg



d0032405_200572.jpgd0032405_2002336.jpg



d0032405_2005152.jpgd0032405_201252.jpg



d0032405_2011859.jpgd0032405_2013151.jpg



復活のプロジェクトが始まった 「みすず細工」
d0032405_2031043.jpgd0032405_2032292.jpg



小さなはた織りで、コースター作りを体験。
暖かい色にしてみました。使うのが楽しみ。
d0032405_204549.jpgd0032405_2041832.jpg



火起し器を作って、火を起こしに挑戦。
火の子供をつくります。(右)
これが予想以上に大変。
子供たちがいとも簡単に作っている中、汗をかきながら奮闘です。
d0032405_2052252.jpgd0032405_2062139.jpg



細かくした麻に火の子供を入れて(左)、 振り回すと火がつきます。
私の作った火!です。(右)
先生と近くにいた男の子にも、かなり手伝ってもらいました・・・。
d0032405_2063928.jpgd0032405_2064997.jpg




あがたの森の地面に、こんなものを発見。
初めて気がつきました。
d0032405_2026541.jpg


[PR]
by sai__sai | 2011-10-15 22:00 | クラフト | Comments(0)

くらふてぃあ 杜の市

d0032405_23233157.jpg



d0032405_232442.jpg



d0032405_23241812.jpg



d0032405_23243215.jpg



d0032405_23244846.jpg



d0032405_2325524.jpg


[PR]
by sai__sai | 2011-06-05 23:19 | クラフト

毎年楽しみにしているクラフトのお祭りです。

例年よりずっと早いタイミングで 5/27 に梅雨入り。
台風まで発生して、天気が心配でした。

28日はなんとか天気が持ちましたが、夕方から雨に。
29日は大雨でしたが、おしゃれな長靴を履いた方がたくさんいて、
水溜りをもろともせず素敵に歩いていました。

私もほしいな、おしゃれ長靴・・・。

d0032405_208517.jpgd0032405_209132.jpgd0032405_2091288.jpg



d0032405_20102892.jpgd0032405_20103848.jpg



d0032405_20111786.jpgd0032405_20112978.jpg



d0032405_2012438.jpgd0032405_20115098.jpg








追記:
多くの方々がおしゃれにはいていたのは、長靴ではなくレインブーツと呼ぶそうです。
[PR]
by sai__sai | 2011-05-28 19:55 | クラフト

日曜の午後は安曇野へ。

行ってみたかった ビストロ もみの木茶屋でランチ。
のんびりとした雰囲気の中で、美味しくいただきました。

ランチの後は、ギャラリーシュタイネの企画展へ。

d0032405_21561715.jpg



カフェスペースが新設されていていました。
メニューは珈琲と紅茶。
企画展に合わせて変えていかれるそうです。

素敵な器で紅茶をいただきました。
静かで落ちついた空間で お友達とおしゃべり。

d0032405_21583891.jpg





ビストロ もみの木茶屋
http://www8.plala.or.jp/momicha/

ギャラリーシュタイネ
http://steine.jp/
[PR]
by sai__sai | 2011-05-15 22:02 | クラフト

安曇野スタイル 2010

安曇野スタイルへ。

秋晴れの楽しい一日となりました。

d0032405_2362078.jpgd0032405_2363285.jpg



d0032405_236555.jpgd0032405_237573.jpg
[PR]
by sai__sai | 2010-11-07 22:51 | クラフト

クラフトピクニック

クラフトピクニックへ。

ワークショップがメインの ゆったりした秋のイベントです。

今年は初めてワークショップに参加しました。

コースターを作ります。
刻印に 何を入れるか悩みに悩んで、甥1号&2号の名前にしました。
でも、使うのはわたしの予定でーす。
d0032405_016538.jpg




こちらのピザ、とっても美味しかった。
生地には ブドウの天然酵母を使っているそうです。
d0032405_0164722.jpgd0032405_0173446.jpg




d0032405_0192547.jpgd0032405_0213223.jpg




クラフトピクニック
d0032405_0214927.jpg
[PR]
by sai__sai | 2010-10-17 00:01 | クラフト

1年で いちばん楽しみにしてしている クラフトのお祭り。


d0032405_23151199.jpgd0032405_23152312.jpgd0032405_23154025.jpg




d0032405_2315598.jpgd0032405_23161618.jpgd0032405_23163262.jpg




d0032405_2317248.jpgd0032405_23172159.jpgd0032405_23175765.jpg




d0032405_23185989.jpgd0032405_23191114.jpgd0032405_23192333.jpg




d0032405_23193712.jpgd0032405_23194838.jpgd0032405_23195925.jpg










d0032405_23251298.jpgまた来年!









クラフトフェアまつもと
http://matsumoto-crafts.com/cfm/
[PR]
by sai__sai | 2010-05-30 23:26 | クラフト

ゆこもりで開催中の 長谷川正治・松浦唱子 陶展Ⅱへ。
お友達に誘ってもらいました。

ビストロ鬼平でランチをいただいて、のんびり歩いてゆこもりへ。

長谷川正治、松浦唱子はご夫妻とのこと。
おふたりの違う雰囲気の器が、2部屋に分けて展示されていました。

やわらかいフォルムの オーブンウェアが素敵でした。
入れてみたい料理のイメージが浮かぶ器がいっぱいです。

d0032405_0304916.jpgd0032405_0311772.jpg




常設展の方で栢野紀文さんの急須&湯のみにひとめぼれ。
どうしても気持ちが離れなくなってしまい、衝動買い。

にぎやかな柄もので、ほとんど買ったことのないタイプです。
しかも、湯のみはピンク。
早速使ってみましたが、使い勝手もとてもよいです。

d0032405_0375846.jpg



ピンクで、四角くて、でも丸くて。
かわいくてしょうがありません。
見ているだけでニコニコしてきます。
柄もかわいい!
うまく画像で表せないのが じれったいです。

d0032405_0381167.jpgd0032405_0382162.jpg








以前ゆこもりさんで 企画展をされたときは、『毎日がカーニバル!』 という
銘打たれていました。
まさにカーニバルのイメージ。

当時DMをいただいた時は、自分のタイプの器ではないと感じ
お邪魔していませんでした。

素敵な出会いのためには、やっぱりちゃんと自分の目で見てみなくちゃ、ですね。

ウツウツとした気分になることも多いですが、気持ちがぱっと明るくなりました。
[PR]
by sai__sai | 2010-04-24 23:55 | クラフト

田中一光さんのうつわ展、「青の主題による変奏曲 第1変奏」へ。

d0032405_22524354.jpgGRAIN NOTE の2階にて。








色々なバリエーションのある 「青色」 がとても美しいのです。
同じ青色でも、少しづつ違っています。

見たこともないような青色がいっぱいで、
その色の存在感に いつもはっとさせられます。
[PR]
by sai__sai | 2010-03-29 23:02 | クラフト