カテゴリ:北アルプス( 99 )

05:40 五竜山荘
06:30 五竜岳 06:48
07:32 五竜山荘 07:46
09:03 大遠見
09:44 小遠見山 09:47
10:42 テレキャビン乗り場
10:57 エスカルプラザ

朝ご飯を食べて、テントをたたんでから出発。
晴れた五竜にやっと登ることができそうです。
d0032405_22004048.jpg















d0032405_22001836.jpg















d0032405_22011415.jpg





















鹿島槍
ここから鹿島槍までは歩いたことがありません。
d0032405_22012255.jpg















d0032405_22013332.jpg















頂上へは少し横移動
d0032405_22014614.jpg





















立山、剱には雲がついています。
d0032405_22022446.jpg















d0032405_22015690.jpg















d0032405_22023365.jpg















後ろにいたおじさんに「雷鳥だよ」と声をかけられて振り返ると
すぐ後ろを親子が歩いていました。
d0032405_22080987.jpg















d0032405_22082324.jpg





















d0032405_22083786.jpg















頂上にいる登山者を見つめる (?) 雷鳥親子
d0032405_22084502.jpg















五竜岳を振り返って。
次に来る時には八峰キレットへ!
d0032405_22085784.jpg















d0032405_22193427.jpg















小遠見山まで下りてきました。
d0032405_22091357.jpg















ずっと雲がかかっていた白馬三山でしたが、
八方尾根越しに少し見えてきました。
d0032405_22092058.jpg















遠見尾根は楽しいルートでした。
前回ガスっていて何も見えなかったので、初めて歩くようで新鮮でした。

山と高原地図のコースタイムは、かなり余裕があるイメージを持ちました。
テレキャビンの時間がネックになりそうですが、日帰りでも来れるかも。

[PR]
by sai__sai | 2017-09-10 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

06:00 自宅
07:20 五竜テレキャビン エスカルプラザ駐車場
07:35 テレキャビン&アルプス展望リフト乗車
08:00 リフト降り場 08:02
09:02 小遠見山分岐
09:58 大遠見
11:40 五竜山荘 12:30
13:20 五竜岳 13:49
14:30 五竜山荘

テレキャビン&リフト往復 2,200円
テント料金 1,000円 / 1人
コーラ 500円
ビール 600円

1泊2日でのんびり山に行きたくて、五竜岳に行くことにしました。
4年前に登っていますが、頂上はガスで何も見えませんでした。
八方尾根の混雑が苦手なので、遠見尾根からのピストンです。
五竜テレキャビン駐車場ならスペースの心配もありません。

展望リフトに乗るとのんびりまったりムードに。
d0032405_15111841.jpg















d0032405_15113286.jpg















今回は晴れた頂上に立てるかも!
期待が持てそうです。
d0032405_15114912.jpg















左は鹿島槍北峰。
双耳峰の片方だけが見えています。
d0032405_15120485.jpg















秋です。
d0032405_15121914.jpg















遠見尾根ってこんなに素敵だったんですね。
前回下山で使っていますが、天気がいまいちで何も見えていませんでした。
d0032405_15123458.jpg















鹿島槍をアップで。
d0032405_15124434.jpg















d0032405_15125886.jpg





















d0032405_15131617.jpg















d0032405_15362191.jpg















武田菱の雪型はここでできるんですね。
d0032405_15364560.jpg





















d0032405_15365603.jpg















d0032405_15370777.jpg















五竜山荘
ガ、ガスが・・・。
テント場はまだ 5張くらいのようで、ほっとします。
前回小屋泊まりで来た時、テント場の混雑ぶりがすごかったので
テント場の場所確保は心配していました。
d0032405_15371832.jpg





















テントを張ったら頂上を目指します。
d0032405_15374159.jpg















d0032405_15373319.jpg















なんと今回も真っ白・・・。
明日下山する前にもう一度登ることにします。
d0032405_15375073.jpg





















やっぱりテント場は大混雑
斜めの場所などに苦労して張っている方も。
d0032405_15380294.jpg















荷揚げのヘリが来るため、6:30までにテントを撤収するように言われたので
明日はテント片づけてから頂上に登ることにします。
d0032405_15381457.jpg



[PR]
by sai__sai | 2017-09-09 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

04:00 自宅
05:07 森の広場駐車場 05:19
05:51 三股登山口
08:20 はしご
09:11 前常念
10:00 常念岳 10:25
11:06 前常念
11:41 はしご
13:37 三股登山口
14:00 森の広場駐車場

この夏は雨が多くて、なかなか晴天には恵まれませんでしたが、
今日は期待できそうです。

三股駐車場は満車率120%くらい。
いつもガラガラの森の広場駐車場も結構とまっていて驚きました。
d0032405_12105760.jpg





















d0032405_12111743.jpg





















ここを超えれば景色が広がります。
d0032405_12112644.jpg





















d0032405_12113793.jpg















d0032405_12114754.jpg















d0032405_12121174.jpg















避難小屋
d0032405_12122233.jpg















d0032405_12123996.jpg















d0032405_12124857.jpg





















d0032405_12255420.jpg















頂上はたくさんの人でにぎやかでした。
d0032405_12260895.jpg





















下山します。
d0032405_12270887.jpg















三股駐車場のトイレは工事中で、仮設トイレがありました。
トイレきれいになるのかな。
d0032405_12271644.jpg















森の広場駐車場に戻ってきました。
こんなにとまっているのは初めて。
d0032405_12321782.jpg

















[PR]
by sai__sai | 2017-08-27 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

8月15日
04:50 栂海山荘
06:16 菊石山
06:53 下駒岳 07:02
08:07 白鳥山 08:24
09:20 シキ割
10:06 坂田峠
10:47 尻高山 10:49
11:53 入道山 11:53
12:50 栂海新道登山口・親不知

8月16日
08:08 親不知駅(えちごトキめき鉄道)
08:20 糸魚川駅(JR大糸線) 08:52
09:54 南小谷駅(JR大糸線) 10:05
10:23 白馬駅 10:37
10:44 白馬八方バスターミナル
10:50 八方第3駐車場

親不知観光ホテル 1泊2食 11,500円/1人
親不知駅→白馬駅 電車代 1,080円
白馬駅→白馬八方バスターミナル バス代 180円

いよいよ日本海へ下山。
今夜は親不知の登山口前にあるホテルに宿泊予定なので、
下山さえすればおしまいです。
快晴とはなりませんでしたが、雨じゃないだけ助かります。
d0032405_16323121.jpg















ブナ林
d0032405_16323807.jpg





















黄連の水
私達は水場に行きませんでしたが、行った方によると水は出ていたそうです。
d0032405_16324464.jpg















d0032405_16325483.jpg















d0032405_16325998.jpg














下駒岳へは急坂でした。
というか、ここだけではなく直登の箇所がたくさんあります。
d0032405_16331049.jpg





















菊石山より標高が上がっています。
d0032405_16332093.jpg















白鳥山が見えました。
高い・・・。
d0032405_16334002.jpg




















日本海が見えました!
d0032405_16412029.jpg















d0032405_16412740.jpg















白鳥小屋
朝日小屋から同じルートで、何度もお話している大町のおじさんと
ちょっと長めのおしゃべり。
このはしごを登ると展望台になっていることを、下山してから知りました。
d0032405_16413307.jpg





















きれいな小屋の中。
d0032405_16413868.jpg















シキ割の水場
水が枯れることがあると地図にはありましたが、この日は
たくさん水が出ていて顔を洗いました。
ここまでくると早くお風呂に入りたくてしょうがありません。
d0032405_16414471.jpg





















坂田峠への下りが急で参りました。
d0032405_16415295.jpg




















坂田峠
林道が通っています。
d0032405_16415890.jpg





















林道を渡って尻高山へ。
横移動が多いです。
ずっとぬかるみと格闘して靴も雨具のすそもドロドロではありましたが、
本格的に転んではいませんでした。
ところが、尻高山頂上手前でぬかるみにすべって転んで、
膝下の辺りまでドロドロになりました。
d0032405_16491772.jpg





















標高 677m・・・ここでもまだ松本とほぼ同じ標高。
海抜 0m は思った以上に遠いです。
d0032405_16492483.jpg















もう一回林道を渡ります。
d0032405_16493046.jpg





















最後のピーク
お風呂が私を呼んでいます。
d0032405_16493603.jpg















逆ルートで登ってきたお兄さんに、「あと少しですよ」と声をかけてもらって
ヘロヘロだったこともあって嬉しかったです。
このお兄さんの栂海新道は始まったばかり。
どこまで行くのか聞けばよかった。

日本海!
d0032405_16494152.jpg















とうとう下山しました!
先に下りていた大町のおじさんと下山を喜びました。
おじさんはデポしていたバイクで猿倉へ戻るそうです。
d0032405_16494724.jpg















d0032405_17032958.jpg















ホテル前の駐車場から階段を下りると日本海
d0032405_17033555.jpg















観光ホテルの夕食
とても美味しくて完食しました。
d0032405_17073899.jpg















d0032405_17074266.jpg















朝食
こちらも美味しくてしっかりいただきました。
d0032405_17074778.jpg















親不知観光ホテルは登山者にとてもやさしいお宿です。
登山靴を洗う水道やブラシがあり、靴に入れる新聞もくださいました。
親不知駅まで無料で送っていただけます。
船窪小屋とも御縁があるそうで、登山者がしてほしいだろうことを
色々考えて下さっているそうです。
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

栂海新道は長くて雨やぬかるみが大変だったので、歩いている最中は
「もう二度と来ないだろうな」などと思っていたのですが、
下山するといつかまた行ってみたくなるのが不思議です。

栂海新道を拓いた小野健さんの本を読んで、歩いている時には
わからなかったことがたくさんありました。
急坂が多く悩まされましたが、直登が多く巻き道が少ない理由もよくわかりました。
季節を変えていつか歩いてみたいです。



[PR]
by sai__sai | 2017-08-15 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

04:20 朝日小屋
05:15 朝日岳 05:18
05:40 吹上のコル
08:47 黒岩山
10:08 サワガニ山
10:50 北俣ノ水場 11:09
11:50 犬ヶ岳
12:00 栂海山荘

栂海山荘協力金(テント1張) 1,000円

今日はいよいよ栂海新道です。
緊張して出発。

朝日岳に登る途中で朝日小屋を振り返って。
明かりが見えているところです。
昨日はガスっていて見えませんでした。
d0032405_22460036.jpg















明るくなってきました。
d0032405_22462369.jpg















d0032405_22495174.jpg















昨日に続いて再び朝日岳頂上
d0032405_22470411.jpg















d0032405_22474245.jpg
















吹上のコル
いよいよここから栂海新道スタート
親不知、日本海を目指します。
d0032405_22542522.jpg















樹林帯のひどいぬかるみをしばらく歩いたら、木道に出ました。
気持ち良さそうな場所ですが、ガスっています。
d0032405_22544354.jpg















朝日小屋で買った笹寿司。
クルミと鱒
ものすごく美味しかったです。
ひどいぬかるみの連続で心が折れていたので、
美味しさに助けれらました。
d0032405_22550265.jpg
















アヤメがたくさん
きれいですが、足元はぬかるみ!
d0032405_22554930.jpg















d0032405_22563174.jpg





















しばらく歩くとアヤメ平の看板
d0032405_23032391.jpg















少しガスがとれて、もしかして晴れるかも?と思いましたが
残念ながらこの瞬間だけでした。
d0032405_23060059.jpg















とても雰囲気のよい感じです。
ガスがなければなあ・・・あと、ぬかるみも。
d0032405_23061277.jpg















黒岩平
山と高原地図によると、冷たい水が豊かに流れ、
「北アルプス最後の楽園」とあります。
ガスっているのが本当に残念です。
d0032405_23062699.jpg















d0032405_23064077.jpg















d0032405_23065885.jpg















中俣新道への分岐のあと数分登ると黒岩山の頂上でした。
d0032405_23071274.jpg















文子の池
d0032405_23151360.jpg















さわがに山
このストックの持ち主の方は 1日で白鳥小屋まで行くそうです。
すごいです。
d0032405_23152667.jpg















d0032405_23153989.jpg





















水場までやってきました。
栂海山荘に水場はないので、ここでできる限りの水を補給します。
d0032405_23155518.jpg















左へ下がって行きます。
d0032405_23161713.jpg





















3分くらい下りて行くと右手に水場がありました。
雨が多いこともあって、たっぷり出ていました。
d0032405_23164076.jpg





















今日最後のピーク、犬ヶ岳へ。
短時間とはいえ、補給した水が重くて遅々とした歩みに。
d0032405_23214083.jpg






















雨やガスの中、長時間ぬかるみと格闘して疲労困憊です。
d0032405_23233559.jpg















栂海山荘到着!
中は広かったです。
山と高原地図によると、「日本海に落ちる夕日が素晴らしい」とのことですが
ガス&雨で展望なし。
d0032405_23274446.jpg















テントは 4パーティ。
山荘にも数人しか宿泊していないようだったので、
これはかなり少なめなのでしょうか。
d0032405_23275684.jpg















雨とガスとぬかるみの 栂海新道 1日目が終了しました。

晴れていれば、もっと素敵そうな場所がたくさんありました。
気軽に来れる場所でないだけに残念ですが、
無事にここまで到着できて、ほっとしています。
明日は 標高差約1,500mを下りて、いよいよ日本海です。

[PR]
by sai__sai | 2017-08-14 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

04:20 白馬岳頂上宿舎
05:00 白馬岳 05:13
05:43 三国境
06:17 鉱山道分岐
07:01 雪倉岳避難小屋 07:15
07:49 雪倉岳 07:52
09:50 水平道分岐 10:00
11:03 朝日岳 11:08
11:49 朝日小屋

テント料金 1,000円/1人
朝日小屋夕食のみ 2,200円
コーラ 500円
笹の葉寿司 500円(250円x2個)

日の出前の白馬&白馬山荘
d0032405_15121458.jpg














杓子&白馬鑓、奥には立山・剱
d0032405_15120330.jpg














d0032405_15122346.jpg














雲海がとてもきれい
d0032405_15122982.jpg














d0032405_15123665.jpg














白馬岳頂上にはドローンが飛んでいました。
d0032405_15150137.jpg




















これから向かう雪倉岳、朝日岳
d0032405_15151438.jpg




















雲海が美しくて近い
d0032405_15163794.jpg














雲に手が届きそうです。
d0032405_15165072.jpg














三国境
左へ向かいます。初めて歩く道。
ここからはぐっと人が減って、白馬のにぎやかさとはお別れです。
d0032405_15173098.jpg




















d0032405_15211565.jpg














d0032405_15212654.jpg




















大池方面へ向かう小蓮華の尾根にはたくさんの人が歩いています。
d0032405_15213608.jpg














私達の向かう方には、雲の壁?
d0032405_15214856.jpg














鉢ヶ岳は巻き道を行きます。
d0032405_15252805.jpg














鉱山道分岐
d0032405_15254050.jpg














数ヶ所雪渓を渡りました。
d0032405_15262472.jpg














d0032405_15263360.jpg














d0032405_15264349.jpg




















雪倉岳避難小屋
d0032405_15292230.jpg














トイレもあって、中はきれいでした。
d0032405_15293857.jpg














避難小屋横でブロッケン!
d0032405_15294937.jpg














ブロッケンを楽しんだ後は、雪倉岳へ向かいます。
d0032405_15313068.jpg




















d0032405_15314354.jpg




















d0032405_15320322.jpg




















雪倉岳頂上
d0032405_15321729.jpg














d0032405_15331571.jpg














白馬や立山剱方面
d0032405_15333070.jpg














朝日岳へはガスの中を歩くことになりそうです。
d0032405_15334543.jpg




















d0032405_15340387.jpg














かたつむり!
最後に見たのはいつだったっけ?
d0032405_15341406.jpg




















小桜ヶ原
晴れていればとても気持ちよさそうです。
d0032405_15342490.jpg














水平道との分岐
朝日岳へ登るルートを選びます。
d0032405_15343469.jpg














d0032405_15414282.jpg




















黄色い花はガスっている方がきれいに撮れる気がします。
d0032405_15415253.jpg















水平道分岐からはすごい急登でした。
朝日岳頂上
展望がいいはずですが、残念ながらガスの中。
d0032405_15443406.jpg




















朝日小屋テント場
トイレも水場も近くて快適でした。
やはりガスっているのが残念。
このうちどれくらいの人が栂海新道に行くのでしょうか。
d0032405_15420477.jpg














食事が評判の朝日小屋。
テント泊でしたが、夕食のみ小屋にお願いしました。
美味しいものをたっぷり補給して栂海新道に備えます。
ビール飲みたかったけど、明日からに備えて自粛。(見えているのはお隣の方のものです)
d0032405_15421608.jpg

[PR]
by sai__sai | 2017-08-13 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

04:20 自宅
05:50 八方第3駐車場 06:20
06:38 猿倉 06:50
08:09 白馬尻 08:30
12:15 白馬岳頂上宿舎 15:05
15:40 白馬岳頂上 15:50
16:15 白馬岳頂上宿舎

タクシー(八方第3駐車場-猿倉) 1,790円/1人 (3,580円/1台)
テント料金 1,000円/1人
スプライト 450円

お盆山行では白馬から親不知へ抜けました。

朝日岳からは日本海へとつながる栂海新道を歩きます。
ロングコース、営業小屋なし、携帯電波不通、に加えて天気予報も
いまいちで本当に歩き通せるのか出発前からなかり緊張しました。

八方駐車場は、第2、第5は満車。
第3は思っていたより余裕がありました。
天気が悪いからでしょうか。
帰りに電車で白馬に戻ってきて、車を回収予定です。

小雨降るなか猿倉から出発です。
d0032405_22591611.jpg




















白馬尻小屋手前では雨だけではなく、雷も聞こえてきて意気消沈。
雨も更に強くなってきたので、とりあえず様子見で小屋前にて休憩。
雷が聞こえなくなってから出発しました。

昨年は雪が少なすぎて通行できなかった大雪渓
d0032405_23012482.jpg




















d0032405_23015879.jpg














雨の中の雪渓歩きはなかなか大変ですが、それでもたくさんの登山者がいました。
さすが人気の山域です。
d0032405_23020639.jpg















d0032405_23021597.jpg














小屋まであと少し
d0032405_07385410.jpg














12時過ぎにテント場につきましたが、既にたくさん張ってありました。
テントの中でごろごろしていましたが、天気が良くなってきたので
白馬岳を往復することに。
この画像は15時過ぎのテント場です。
d0032405_07391465.jpg














白馬岳&白馬山荘
d0032405_07392505.jpg














左手には旭岳
d0032405_07393312.jpg














栂海新道の文字にどきどきします。
d0032405_07394453.jpg














頂上はすごい人でした。
d0032405_07394900.jpg




















またガスってきました。
頂上から山荘の間にいた雷鳥。
d0032405_07395545.jpg














d0032405_07400285.jpg














雨の雪渓歩きは疲れましたが、稜線では晴れ間もあったし雷鳥も見れて
よかったです。
いよいよ明日からが本番です。

[PR]
by sai__sai | 2017-08-12 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

04:30 大天荘
06:35 常念小屋 06:47
07:47 常念岳頂上 08:00
10:36 蝶槍
11:17 蝶ヶ岳ヒュッテ 11:35
11:40 蝶ヶ岳頂上
13:26 まめうち平
14:08 ゴジラみたいな木 14:12
14:35 三股登山口 14:38
14:50 三股駐車場

三ツ矢サイダー 400円

大天荘で日の出を見てから出発です。
はっきりしない日の出でしたが、昨夜心配していた程天気は悪くないようです。
d0032405_10140886.jpg














d0032405_10141453.jpg














しばらく歩いていると雲の上に太陽が出できました。
d0032405_10141778.jpg














d0032405_10142192.jpg














唯一の雪渓箇所
d0032405_10142479.jpg














d0032405_10165883.jpg




















d0032405_10170332.jpg














d0032405_10170780.jpg




















涸沢をアップで。
やっぱり今年は残雪が多いですね。
d0032405_10171267.jpg














常念と常念小屋
d0032405_10171798.jpg














常念小屋テント場
d0032405_10172349.jpg














常念岳頂上
d0032405_10192191.jpg














歩いて来た道
d0032405_10192612.jpg














留守番の家族にメールしたところ常念を見ているというので、
自宅の方向へ手を振ってみます。
奥には富士山。
d0032405_10193909.jpg














まだ先は長いので、蝶ヶ岳に向けて進みます。
天気は今のところ大丈夫そう。
d0032405_10193318.jpg




















樹林帯へ下がります。
これが精神的にこたえます。
d0032405_10194450.jpg














常念を振り返って。
どの方向から登っても大変な山です。
d0032405_10245101.jpg














蝶槍が壁のように見えます。
これもなかなかこたえますね。
d0032405_10245626.jpg




















d0032405_10250594.jpg














d0032405_10250808.jpg














d0032405_10251361.jpg




















d0032405_10251709.jpg














d0032405_10252297.jpg














蝶槍への最後の登り
d0032405_10273031.jpg




















蝶槍を超えれば大きな登りは終了です。
d0032405_10273542.jpg














蝶ヶ岳頂上
d0032405_10274098.jpg














蝶ヶ岳ヒュッテテント場
今夜は蝶ヶ岳ヒュッテに小屋泊まりの予定でしたが、
たくさんの人を見たら下山スイッチが入ってしまい下りることにしました。
7時間行動してきて、更に3時間の下山・・・自分的にはギリギリの感じですが、
何度も通っている道で、時間や距離感がわかりやすいので大丈夫だろうと判断しました。
d0032405_10274598.jpg














d0032405_10275133.jpg














やっとゴジラ!
ここまで来ればあと30分くらいなので、ほっとします。
d0032405_10275697.jpg














家族に三股駐車場まで迎えに来てもらい、中房温泉まで車を取りに行きました。
最後の下山時には少し無理をしてしまったけど、無事に歩き通せて満足です。

[PR]
by sai__sai | 2017-07-22 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

04:05 自宅
05:25 中房温泉第3駐車場 05:40
05:55 中房温泉登山口 06:00
08:15 合戦小屋
09:05 燕山荘 09:25
11:26 喜作レリーフ
11:56 大天荘
(13:00 位から大天井岳頂上往復)

大天荘宿泊(夕食のみ) 9,100円

平日休みがあるので、思い切って一人で中房温泉から三股へ縦走することにしました。
かなりの心配性なので、歩いたことのある山と登山道を選びました。
初日は中房温泉から大天井まで歩きます。

金曜日で甘くみていたのですが、予想以上に駐車場が混雑していて、第3駐車場に停めました。
第1は満車、第2は奥まで見に行きませんでしたが満車の様子でした。
恐るべし燕岳・・・というか、恐るべし燕山荘!

すごい人でびっくりします。
d0032405_21313489.jpg




















槍と今日の目的地である大天井
d0032405_21314162.jpg














d0032405_21314606.jpg














今回は先があるので燕岳頂上はパスします。
d0032405_21315338.jpg




















裏銀座の山々
d0032405_21315989.jpg














燕山荘では、NHKのスタッフと思われる方々が
明日の中継番組の準備をされているようでした。
d0032405_21381720.jpg














大天井へ向かいます。
人が減って静かな山歩きを楽しめます。
d0032405_21380515.jpg




















d0032405_21381359.jpg




















d0032405_21382805.jpg














d0032405_21382309.jpg














d0032405_21420433.jpg




















d0032405_21421438.jpg




















d0032405_21422150.jpg














前回ここからが一番きつかったので、油断せずゆっくり登りました。
d0032405_21422913.jpg















d0032405_21423814.jpg














大天荘につきました。
敷布団3枚(定員6名)の蚕部屋に2人の宿泊で、とても快適でした。
d0032405_21450210.jpg














休憩してから大天井岳頂上へ。
d0032405_21452050.jpg














「テント泊いいなあー」と思いながらウロウロ散歩。
d0032405_21452648.jpg














夕食はハンバーグと鯖から選べました。
とても美味しかったです。
d0032405_21453407.jpg














夕食後は喫茶室に様変わり。
とても魅力的なメニューです。
次は利用したいなあ。
d0032405_21453885.jpg




















明日の天気予報はいまいち。
私同様蝶に向かう人、槍を目指す人、みんな天気予報に気をもんでいました。
予報では午後からが怪しいようですが、もし朝からガスっていれば
常念までにして一の沢に下山することも検討しています。

[PR]
by sai__sai | 2017-07-21 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

蝶ヶ岳 (7月8日)

04:00 自宅
05:03 三股駐車場 05:15
05:28 三股登山口
05:58 ゴジラみたいな木
06:51 まめうち平
09:05 蝶ヶ岳 10:25
12:00 まめうち平
12:37 ゴジラみたいな木
13:00 三股登山口
13:10 三股駐車場

梅雨明け前に蝶ヶ岳へ。
ハイシーズン前ということもあってか、三股駐車場はまだ余裕がありました。
手前にある森の広場駐車場には1台もとまっていないようでした。

d0032405_18124711.jpg














d0032405_18125285.jpg




















d0032405_18125949.jpg














d0032405_18130248.jpg




















いつも枯れている印象の蝶沢ですが、今日は水がいっぱい。
d0032405_18131885.jpg




















d0032405_18155618.jpg














d0032405_18160052.jpg




















d0032405_18160420.jpg




















d0032405_18165698.jpg














d0032405_18172167.jpg














大滝山との分岐近くにある雪渓
d0032405_18172500.jpg














d0032405_18173024.jpg




















d0032405_18173503.jpg














d0032405_18174079.jpg














d0032405_18174421.jpg

[PR]
by sai__sai | 2017-07-08 22:00 | 北アルプス | Comments(0)