カテゴリ:北アルプス( 88 )

04:20 針ノ木小屋テント場
05:25 蓮華岳頂上 05:30
06:45 北葛乗越
07:45 北葛岳頂上
09:30 七倉岳頂上
09:40 船窪小屋 09:50
10:05 テント場

船窪小屋テント料金 500円/1人
コーラ 400円
ビール 600円

今日は蓮華、北葛、七倉岳と頂上を踏んで、船窪小屋テント場までの行程です。
まずは、蓮華を目指します。
d0032405_22523569.jpg















朝日がのぼってきました。
d0032405_22542778.jpg















d0032405_22552525.jpg















振り返って針ノ木、立山、剱。
d0032405_22555955.jpg















鹿島槍と奥に白馬も。
d0032405_22583177.jpg















イワギキョウ
d0032405_22574163.jpg















蓮華岳頂上
d0032405_22592340.jpg















蓮華の大下りへ。正面奥には槍。
d0032405_23012297.jpg















蓮華岳にはコマクサがたくさん咲いています。
d0032405_23024089.jpg















白いコマクサ。
近くにいくつか咲いていました。
d0032405_23043088.jpg




















大下りは北葛乗越まで、一気に標高差500m程下ります。
d0032405_23071862.jpg
















乗越手前最後の下りで誤ってここを下りそうになりました。
下から見ると急で怖いです。
途中で気がついてよかった・・・。
d0032405_23074532.jpg




















こちらが正しいルート。
d0032405_09364684.jpg




















へっぴり腰です。
ザックの外付けどうにかしないといけないですね。
この画像見て改めて思いました。
d0032405_09375821.jpg




















チングルマ
d0032405_09394274.jpg




















次は北葛岳へ。
d0032405_09403477.jpg
















北葛岳頂上
d0032405_09411178.jpg
















針ノ木、蓮華
d0032405_09414553.jpg
















七倉岳と船窪小屋。
奥には明日歩く道や烏帽子も見えています。
d0032405_09424440.jpg
















七倉岳へヤセ尾根の登り。
d0032405_09444330.jpg
















d0032405_09462211.jpg




















蓮華岳を振り返って。
大下りのところだけ険しいですね。
d0032405_09471265.jpg




















七倉へ道もなかなかです。
d0032405_09485994.jpg
















七倉岳頂上。
船窪小屋へ10分、キャンプ場へ15分とあります。
バックは針ノ木と蓮華。
d0032405_09495428.jpg
















小屋とテント場への分岐。
d0032405_09503943.jpg
















船窪小屋が見えました。
今回はテント泊ですが、いつか泊まってみたい憧れの山小屋です。
d0032405_09533896.jpg
















鐘を鳴らしてもらい、暖かいお茶を出していただきました。
とても嬉しいかったです。
d0032405_09580357.jpg
















テント場は小屋から15分くらい下ります。
小屋から距離がありますが、簡易トイレもあり問題ありません。
うちが 2張目でした。
d0032405_09591207.jpg
















「危険」な場所にあると聞いている水場へ!
どんな水場かドキドキします。
d0032405_10002965.jpg
















5分位下りて来たでしょうか。
この下の湿った所が水場のようです。
すごい!
d0032405_10020246.jpg
















水場の核心部へ。
足元が崩れやすく注意して行きます。
d0032405_10025492.jpg
















d0032405_10033866.jpg




















d0032405_10044728.jpg




















この水が冷たくてとても美味しかった!
ごくごく飲んで顔も洗いました。
d0032405_10054621.jpg




















水場の下と見るとこんな感じ。
落ちたくないですね。
d0032405_10063970.jpg




















午後はビールを買いに小屋へ往復しました。
往復で35分くらいかかりましたが、ビールには代えられません。
テント場は午後遅くなってかなり混んできました。
最終的にはこの隙間もなくなるくらいにいっぱいに。
上の段に4張、下の段に15張くらいになっていたと思います。
d0032405_10073763.jpg
















明日はいよいよ今回の山行の核心部、烏帽子への縦走です。
烏帽子方面から縦走して来た人達から聞こえてくるのは、
「道が崩れていて大変だった」「アップダウンがすごかった」等など。
いつもより少し早起きして出発する予定です。




[PR]
by sai__sai | 2016-08-13 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

03:40 自宅
04:50 扇沢駐車場(市営第2駐車場/無料) 05:08
05:18 扇沢 05:30
06:40 大沢小屋
09:30 針ノ木峠、針ノ木小屋 10:30
11:30 針ノ木岳頂上 12:20
13:00 針ノ木小屋

針ノ木小屋テント料金 700円/1人
CCレモン 500円
ビール 600円
水 1,200円 (200円/1L x 6L)

お盆休みは何度も行こうとして挫折した船窪を回る縦走を計画しました。
このルートなら比較的空いているのでは、とも考えました。

前日午後に車1台を下山予定の七倉にデポ。
当日はもう1台で扇沢へ。
柏原新道寄りの無料駐車場が空いていたので、助かりました。
あと5台くらい空いていたと思います。
お盆の時期とあって、有料駐車場の方も早朝から結構とまっていて驚きました。

出発です。
遭対協の方からは、船窪から烏帽子を回る所が結構崩れているので
注意するようアドバイスがありました。
d0032405_15410692.jpg
















今年の冬は雪が少なくて針ノ木雪渓もほとんど夏道だと聞いていましたが、
本当に雪が見えません。
d0032405_15521040.jpg




















d0032405_15551823.jpg




















雪渓の上を歩いたのはここだけ。
たったの5分くらい。
d0032405_15572911.jpg




















振り返って。
d0032405_15592845.jpg















夏道から見た雪渓。
d0032405_16012498.jpg




















初めて針ノ木に登った時にとても辛かったつづら折りが始まりました。
その時の反省を生かして、最後にバテないようにゆっくり小さい歩幅で登ります。
d0032405_16055140.jpg




















修行中。
d0032405_16085043.jpg















着きました!
d0032405_16100494.jpg
















疲れて息が切れていますが、初めて来た時よりずっとましです。
d0032405_16113469.jpg




















振り返れば、爺ヶ岳や鹿島槍、もっと奥には白馬も。
d0032405_16135596.jpg
















こちらは大変になりそうな明後日歩くルート。
崩れて白く見えているのが、不動岳と思われます。
d0032405_16170512.jpg
















9時半のテント場はまだ数張です。
d0032405_16192685.jpg
















テントを設営してCCレモンを飲んだら、針ノ木の頂上に向かいます。
d0032405_16234805.jpg
















針ノ木岳頂上。
暑いです。でもここで少し昼寝・・・。
d0032405_16252854.jpg
















明後日のルートの右奥には水晶、赤牛、薬師岳など。
d0032405_16274744.jpg
















立山、剱と黒部湖。
7月に立山三山に登って、やっとどれがどの山かわかるようになりました。
d0032405_16292660.jpg
















スバリや後立山の山々。
d0032405_16311694.jpg




















明日登る蓮華岳。
前回登った時はガスで真っ白だったのでとても楽しみです。
d0032405_16323656.jpg
















明後日のルートと高瀬ダム。
アップダウンだらけです。
気になってしかたありません。
d0032405_16353944.jpg
















烏帽子の頂上も見えています。
明後日登っている予定。
d0032405_16374412.jpg
















テント場に戻るとテントも増えてきました。
上のテント場。
d0032405_16431720.jpg
















下のテント場。
d0032405_16492812.jpg
















気温が高く、テントの中はサウナのように暑かったです。
外の日陰で涼んで過ごしました。
最終的には隙間がない程いっぱいになり、にぎやかなテント場となりました。
夏山!という感じです。

[PR]
by sai__sai | 2016-08-12 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

03:35 自宅
04:35 駐車場 04:45
05:05 一ノ沢登山口 05:10
07:35 胸突八丁
08:30 常念乗越(常念小屋) 08:40
09:40 常念岳頂上 10:20
11:10 常念乗越(常念小屋) 11:20
12:08 胸突八丁
14:25 一ノ沢登山口
14:45 駐車場

先週の常念が思いのほか楽しくて、今度は一ノ沢から登ることにしました。
蝶ヶ岳や燕岳と比べてきついので、ずっと避けていた常念なのに
不思議なものです。

2つある駐車場のうち、下の方はあと10台くらい空いていました。

久しぶりの一ノ沢登山口です。
d0032405_22502581.jpg


沢沿いの道は歩いていて気持ちいいです。
d0032405_22505646.jpg


d0032405_2251401.jpg


d0032405_2251525.jpg


d0032405_2252527.jpg


d0032405_22521712.jpg


d0032405_22522768.jpg


胸突八丁
d0032405_2253534.jpg


d0032405_22531719.jpg


頂上手前の偽ピークが見えてきました。
d0032405_22533038.jpg


常念乗越に到着!
d0032405_22541078.jpg


頂上に向かいます。
常念小屋から頂上までのこの登りが苦手でずっと常念を避けてきました・・・。
d0032405_22544597.jpg


d0032405_22555628.jpg


槍ヶ岳
d0032405_22561141.jpg


d0032405_22562624.jpg


三股、前常念との分岐
先週はそちらから合流しました。
d0032405_22571551.jpg


雷鳥が登山道で砂浴びをしていました。
砂浴びしているのは初めてみましたが、とてもかわいいです。
d0032405_22585394.jpg


隠れていたひなが出てきました。
親子で砂浴びしていたようです。
d0032405_22592917.jpg


親が離れた後も、少しの間ひなだけで砂浴びしていました。
d0032405_2302542.jpg


砂浴びの跡。
d0032405_2304578.jpg


d0032405_231424.jpg


d0032405_2311526.jpg


写真がごっちゃになってしまいましたが、分岐から頂上までの間に
2世帯の雷鳥の親子に会いました。
この夏は雷鳥によく会えて嬉しいです。

前常念からの稜線
d0032405_2313423.jpg


常念岳頂上
d0032405_231507.jpg


槍穂
d0032405_232094.jpg


大天井方面
d0032405_2324114.jpg


登山口近くにある古池のイワナ。
前回来たときにもいました。
d0032405_236387.jpg


やっぱり乗越から頂上への登りはきつかったですが、天気がよく
展望を楽しみました。
三股からだと最初に急登、一ノ沢からだと最後に急登、という感じですね。
今後は蝶ヶ岳や燕岳のようにもっと登ろうと思いました。
[PR]
by sai__sai | 2016-08-06 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

03:35 自宅
04:35 三股駐車場 04:50
05:05 三股登山口
08:35 前常念岳08:50
09:40 常念岳 10:00
10:45 前常念岳
13:45 三股登山口
13:55 三股駐車場

初めて三股から前常念経由で常念岳に登りました。
常念岳自体は、2013年以来で結構時間が空いています。

一ノ沢からよりも大変なルートだと聞いているので、少し緊張気味でスタートです。
いつもは蝶ヶ岳に利用している三股登山口です。
d0032405_22395241.jpg


樹林帯の急登をひたすら登ります。
d0032405_22462532.jpg


登山口近くで トレランの方に追い越された後は、2時間以上他の登山者に会いませんでした。
d0032405_22411185.jpg


このはしご辺りから、樹林帯を抜けて開放的な景色になりました。
3時間弱樹林帯を歩いたことになります。
d0032405_22434224.jpg


樹林帯の後は、大きな岩の上を歩きます。
ペンキマークがありわかりやすかったです。
d0032405_22442718.jpg


d0032405_22443934.jpg


雷鳥に会いました。
d0032405_22493498.jpg


d0032405_22505850.jpg


d0032405_2251978.jpg


d0032405_2251421.jpg


前常念岳手前にある石室(避難小屋)
d0032405_2252146.jpg


前常念
d0032405_2254017.jpg


岩稜帯
d0032405_22542069.jpg


右下に常念乗越が見えてきました。
d0032405_22544572.jpg


あと少し!
d0032405_22571413.jpg


d0032405_22581765.jpg


槍ヶ岳が見えてきました。
d0032405_22583939.jpg


常念乗越から上がってくる道に合流します。
こちらからはたくさんの人が上がって来ていました。
d0032405_22595290.jpg


d0032405_230663.jpg


常念岳頂上はにぎやかで混んでいました。
ガスったり、晴れたりの繰り返しでした。
d0032405_2302749.jpg


ずっと景色を見ていたいのですが、帰りも長いので下山します。
d0032405_2313829.jpg


乗越との分岐近くでまた雷鳥です。
今度は登山道にいました。
とてもかわいいです。
d0032405_2315549.jpg


d0032405_23403.jpg


d0032405_236621.jpg


d0032405_2362011.jpg


d0032405_2363079.jpg


比較的トレランの方が多い印象で、蝶ヶ岳と周回している方も。
皆さん、ほんとすごいです。

最初の樹林帯を我慢すれば、その後は景色もすばらしかったです。
同じ山でも歩いたことのないルートは楽しくてワクワクしました。
[PR]
by sai__sai | 2016-07-31 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

04:25 雷鳥沢キャンプ場
05:55 剱御前小舎 06:00
06:30 別山
06:40 北峰 06:55
07:45 真砂岳
08:25 富士ノ折立
08:50 大汝山
09:10 雄山 09:35
10:10 一ノ越
11:20 雷鳥沢キャンプ場 12:00
12:45 室堂 13:00
14:50 扇沢

雄山登拝料 500円
扇沢駐車料金 2,000円 (24H1,000円 x 2)

出発します。
雷鳥坂ではなく、新室堂乗越経由で向かいます。
d0032405_9435511.jpg


昨日登った奥大日岳
d0032405_9444473.jpg


キャンプ場を振り返って。
d0032405_9461889.jpg


今朝も雷鳥に会えました。
d0032405_9464742.jpg


d0032405_94762.jpg


d0032405_9471695.jpg


槍が見えました。
d0032405_9481295.jpg


剱御前小舎まであがると剱が!
後立山の山々も見えています。
d0032405_9483447.jpg


剱沢キャンプ場が見えました。
d0032405_9505575.jpg


d0032405_9521687.jpg


立山三山方面へ進みます。
d0032405_9525821.jpg


別山頂上
d0032405_9533925.jpg


剱の展望がすばらしいです。
d0032405_9535897.jpg


真砂岳へ
d0032405_9542634.jpg


真砂岳頂上
d0032405_9543717.jpg


次は富士ノ折立へ。
d0032405_954585.jpg


富士ノ折立
ここも登れるようです。
d0032405_9551599.jpg


富士ノ折立頂上
d0032405_956010.jpg


頂上部分を振り返って
d0032405_9591490.jpg


大汝山頂上
d0032405_102493.jpg


次は雄山です。
d0032405_1041643.jpg


d0032405_1043386.jpg


神社まで来ると突然人がいっぱいでびっくりしました。
この辺に来るとガスが出てきていました。
d0032405_1055669.jpg


頂上まで登るには料金がかかるとは知りませんでした。
d0032405_108966.jpg


d0032405_106851.jpg


雄山から一ノ越まで下る際、登ってくる人が多くて大変でした。
道もガレていて、人をよけて歩くのに一苦労。
今日一番の"難所"でした。
d0032405_1011272.jpg


一ノ越からキャンプ場まで直接行けるルートへの分岐を見逃したまま
かなり下りて来てしまったので、ミクリガ池とミドリガ池の間を通る道を使って戻りました。
予定より少し遠回りになりました。

ミドリガ池
d0032405_10141662.jpg


テントを撤収して下山です。

黒部ダムの虹
d0032405_10145144.jpg

[PR]
by sai__sai | 2016-07-24 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

04:05 自宅
05:20 扇沢 第3駐車場
06:50 アルペンルートチケット販売スタート
07:30 始発トロリーバス出発
08:40 室堂 08:55
09:40 雷鳥沢キャンプ場 10:30
12:30 奥大日岳 12:50
14:30 雷鳥沢キャンプ場

アルペンルート 扇沢室堂往復チケット 9,050円
キャンプ場使用料 500円
ビール 400円

登ったことのない山に行きたくて色々相談した結果、
立山に行ってみることにしました。

扇沢の登山者用無料駐車場はやはり満車。
(後から思えば、柏原新道寄りの無料駐車場は少し空いていたかも知れません。)
24時間1,000円の第3駐車場に停めました。
早朝ということもあり、有料駐車場はまだあまり停まっていません。

始発バスに乗りたいため、5時半くらいからチケット売り場に並びましたが、
もう少し後からでも大丈夫だったと思います。

事前に旅行会社で前売り引換券を購入してくれば、ほとんど並ばずに済みそうです。
引換用の窓口が別にあるためです。
(バスに乗る際にはもちろん一緒に並びます。)
JTB で問い合わせをしたら、手数料に1,080円かかると言われたため、
私達は購入してきませんでした。

黒部ダム
d0032405_9294148.jpg


d0032405_9302762.jpg


d0032405_9312489.jpg


室堂に到着。にぎわっていてびっくり。
d0032405_9315483.jpg


明日登る予定の立山三山
d0032405_9323429.jpg



今日登る予定の奥大日岳
d0032405_9331264.jpg


まずは雷鳥沢キャンプ場を目指します。
みくりが池手前で雷鳥がいました。
d0032405_9335613.jpg


みくりが池
d0032405_10273553.jpg


後ろは立山三山
d0032405_9345255.jpg


d0032405_9365760.jpg


雷鳥沢キャンプ場が見えてきました。
広々していて気持ちよさそうなところです。
d0032405_9371039.jpg


d0032405_9374941.jpg


地獄谷
d0032405_9381524.jpg


受付してテントを張ったら、奥大日岳へ
川を渡ってしばらく木道を歩きます。
d0032405_940637.jpg


チングルマ
d0032405_9411418.jpg



d0032405_9412581.jpg


d0032405_9413472.jpg


d0032405_942420.jpg


雷鳥です!ひな。
d0032405_9431818.jpg


親子
d0032405_9441486.jpg


d0032405_9443331.jpg


地獄谷の噴煙
d0032405_9462462.jpg


キャンプ場を振り返って
d0032405_9472795.jpg


d0032405_9475156.jpg


d0032405_948429.jpg


d0032405_10235780.jpg


奥大日岳頂上
剣の展望がすごいようなのですが、ガスっていて見えませんでした。
またいつか来る時のお楽しみです。
d0032405_9484313.jpg


d0032405_9492214.jpg


d0032405_9493483.jpg


d0032405_9494525.jpg


d0032405_9495959.jpg


少し遠いですがまた雷鳥です。
この日だけで 3家族に会いました。
d0032405_10242991.jpg


キャンプ場に戻ってきました。
広くて平らで過ごしやすいテント場です。
水は豊富にあり無料。
少し歩けば日帰り温泉もあり便利です。
私達は利用しませんでしたが、多くの人が出かけていました。
d0032405_9502392.jpg


室堂に着いた頃は晴れていましたが、途中でガスってしまいました。
奥大日岳もガスの中でしたが、途中雷鳥がいたり、お花もたくさん咲いていて
十分楽しめました。
明日は立山三山です。
[PR]
by sai__sai | 2016-07-23 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

燕岳 (6月26日)

03:30 自宅
04:50 中房温泉 第2駐車場 05:05
05:15 登山口 05:23
07:50 合戦小屋 08:05
09:00 燕山荘
09:30 燕岳頂上
10:00 燕山荘 10:35
11:15 合戦小屋
13:00 登山口
13:10 中房温泉 第2駐車場

私にとっての最近の燕岳は、駐車場と登山道の混雑をさけるために、
ハイシーズンをはずして登る山になりました。

第1駐車場は大きな水たまりができている個所が数台分空いていましたが、
第2駐車場も空いていたので、結局そちらへ駐車。

長野県の条例で登山届の提出が義務化されるためか、その案内の看板ができていました。
静かめな登山口。
降っているかいないかわからない位の雨の中を出発です。
d0032405_21341440.jpg


時期的なこともあるでしょうか、やはり虫が多いです。
昨年ブヨに刺されたのがこたえているので、途中まで虫除けネットをかぶりました。

ゴゼンタチバナ
d0032405_21343825.jpg


ツマトリソウ
d0032405_213512.jpg


d0032405_21351928.jpg


合戦小屋のスイカが始まっていましたが、ガスっていて寒いせいか
食べている人はいませんでした。
d0032405_21361383.jpg


ナナカマド
d0032405_21363210.jpg


ガスっていますが、新緑が美しいです。
d0032405_2137209.jpg


d0032405_21373171.jpg


シナノキンバイ
d0032405_21374430.jpg


燕山荘手前でライチョウが 2羽いました。
コロコロしていてとてもかわいい!
d0032405_21384557.jpg


d0032405_21385544.jpg


d0032405_2139994.jpg


d0032405_21391896.jpg


2羽一緒の画像です。
2羽ともオスに見えたのですが、縄張り争いはしないのでしょうか?
それとも1羽はメスだったのでしょうか?
d0032405_21392984.jpg


テント場には雪があります。
他には登山道脇に一ヶ所雪が残っている所がありました。
d0032405_21413822.jpg


頂上へ向かいます。
d0032405_21433355.jpg


コマクサ
d0032405_21435031.jpg


d0032405_2144436.jpg


ハクサンイチゲ?
d0032405_21442290.jpg


静かな頂上で、人を気にせず写真をとれました。
d0032405_21444296.jpg


北燕岳
d0032405_21452478.jpg


烏帽子岳が見えました。
d0032405_2145417.jpg


ケーキセットが待っている燕山荘へ戻ります。
d0032405_2146255.jpg


途中ガスがとれて、燕が見えました。
d0032405_2146256.jpg


d0032405_2146478.jpg


下山すれば美味しいケーキがいくらでも食べれるのに
ついつい食べてしまう燕山荘のケーキセットです。
d0032405_21465713.jpg


サンカヨウ
d0032405_2149460.jpg


ショウジョウバカマ
d0032405_21492034.jpg


ミヤマキスミレ?
d0032405_21493970.jpg


木の高い場所にある看板。
冬道用でしょうか。
d0032405_21495796.jpg


ネズミ!
小さくてすばしっこくて可愛らしかったです。
d0032405_21504515.jpg

[PR]
by sai__sai | 2016-06-26 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

蝶ヶ岳 2日目 (5月2日)

06:40 蝶ヶ岳テント場
07:30 蝶槍
08:30 蝶ヶ岳テント場 09:50
11:45 まめうち平
12:55 登山口
13:08 三股駐車場
13:20 森の広場駐車場

日の出
d0032405_22595271.jpg


朝のテント場
いい天気になりそうです。
d0032405_2302285.jpg


パスタ系を初めて試してみました。
d0032405_2305329.jpg


蝶槍を往復します。
d0032405_2313917.jpg


うっとりします。
d0032405_2315884.jpg


d0032405_2321181.jpg


d0032405_2322199.jpg


d0032405_2323654.jpg


d0032405_2325158.jpg


御嶽&乗鞍岳
d0032405_2335169.jpg


いつまでも景色を見ていたいのですが、下山します。
d0032405_2341112.jpg


おととしは歩くのに苦戦したくさった雪にも、
少しは慣れた気がします。
d0032405_2344549.jpg


d0032405_235526.jpg


d0032405_2351461.jpg


d0032405_2352253.jpg


d0032405_2353140.jpg


d0032405_2354187.jpg


d0032405_2355020.jpg


d0032405_2355973.jpg

[PR]
by sai__sai | 2016-05-02 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

蝶ヶ岳 1日目 (5月1日)

05:40 自宅
06:45 森の広場駐車場 07:23
07:33 三股駐車場 07:40
07:57 三股登山口
09:38 まめうち平 09:55
13:00 蝶ヶ岳頂上

テント泊代: 700円
ビールショート缶: 600円
水: 600円 (200円 x 3L)

GWはテント泊で蝶ヶ岳へ。
この冬はあまり山に登っていないので、ちょっと心配です。

下界は曇っていましたが、駐車場に着いたら雨でした。

三股駐車場はいっぱいだったので、森の広場駐車場へ。
車の中からしばらく様子を見ていましたが、やみそうもないので、
雨具を着て出発です。
d0032405_1653268.jpg


d0032405_16535056.jpg


d0032405_1654266.jpg


ゴジラみたいな木
d0032405_16542194.jpg


d0032405_16545396.jpg


風が強くで樹林帯を歩いていても、風を感じました。
雪はまめうち平あたりから
d0032405_16554140.jpg


まめうち平から一旦下りきり、再度登りが始まる所でアイゼンを着けました。
d0032405_16555246.jpg


覚悟はしてきましたが、急登が始まりました。
d0032405_165652.jpg


d0032405_16585789.jpg


d0032405_16594064.jpg


d0032405_1703488.jpg


苦行です・・・一歩一歩の重いこと!
d0032405_171633.jpg


あと少し。
d0032405_1724351.jpg


d0032405_1734754.jpg


常念岳
d0032405_1743186.jpg


やっとつきました!
蝶ヶ岳頂上
d0032405_1745467.jpg


明日晴れますように~。
d0032405_1754112.jpg

[PR]
by sai__sai | 2016-05-01 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

燕岳 (11月21日)

05:15 自宅
06:30 中房温泉 第3駐車場 06:45
07:00 登山口 07:05
09:15 合戦小屋
10:05 燕山荘
10:40 燕岳頂上
11:05 燕山荘 11:40
12:20 合戦小屋
13:55 登山口
14:10 中房温泉 第3駐車場

今年の北アルプス登り納めは、燕岳です。
11月に入ってから暖かい日が続いていて、里からみる山も
全然雪がついていません。

燕山荘の営業最終の3連休ということもあって、たくさんの人が来ています。
第1, 第2駐車場は満車で、第3にとめました。
身支度して出発する頃には、満車に近い状態になっていました。

雪の気配は全くありません。
汗が出ないよう薄着で登りましたが、暑くて結構汗をかいてしまいました。
d0032405_21555280.jpg


大天井岳&大天荘。
今年のお盆山行で、切通分岐から大天荘までの「500m」が
とても辛かったのを懐かしく思い出しました。
d0032405_2201527.jpg


槍の穂先も見えました。
d0032405_2235218.jpg


登山道脇に少し霜がついています。
d0032405_224482.jpg


d0032405_225375.jpg


八ヶ岳、富士山、南アルプス
d0032405_2253643.jpg


雲海がきれいです。
d0032405_2282037.jpg


さすがに槍や穂高には雪がついていますね。
d0032405_2285053.jpg


d0032405_2293024.jpg


雪がうっすら。
d0032405_22101674.jpg


d0032405_22113410.jpg


裏銀座の山々
d0032405_2234445.jpg


笠ヶ岳
d0032405_22152159.jpg


d0032405_22154730.jpg


夏山と変わらないような感じですが、さすがに稜線はそれなりに
寒くてしっかり着て歩きます。
d0032405_2217649.jpg


途中、雪山講習で一緒だった方にばったりお会いして立ち話。
寒い中足をとめてしまって申し訳なかったですが、嬉しかったです。
d0032405_22172733.jpg



北燕岳の後ろには、立山連峰、針ノ木、蓮華、爺、鹿島槍、五竜
d0032405_22185393.jpg


爺ヶ岳や鹿島槍も白くなっていないようです。
d0032405_22215257.jpg


立山、剱
d0032405_22224255.jpg


メガネ岩
d0032405_22242262.jpg


イルカ岩
d0032405_22244524.jpg


燕山荘に戻ってきました。
いつもケーキセットをいただくサンルームは雨戸でおおわれています。
今日はラーメンを持ってきました!
d0032405_2226153.jpg


d0032405_22262672.jpg


にぎやかなテント場。
どんどん登って来ていますね。
残念ながら私は下山します。
また来ます!
d0032405_22282658.jpg


朝凍っていた箇所が融けてドロドロになっています。
やはり暖かいんですね。
d0032405_22295747.jpg


合戦小屋前はこれから登る人達でにぎやかです。
d0032405_22305627.jpg


雲海に入ったようでガスってきました。
燕山荘の赤沼さんが登っていらして、びっくり。
不思議でもなんでもないんですけどね。
d0032405_22314664.jpg


さらに、帰りに寄った山道具屋で立ち読みした山雑誌に、
ヒュッテ西岳で雨宿りをご一緒した女性の方が載っていて
またまたびっくりしました。

山自体も楽しかったのですが、それ以外のことも印象に残る一日になりました。
[PR]
by sai__sai | 2015-11-21 22:00 | 北アルプス | Comments(0)