カテゴリ:北アルプス( 88 )

白馬三山 1日目

03:30 自宅
05:00 八方第3駐車場 05:15
05:35 猿倉 05:45
06:50 白馬尻 07:05
07:50 - 08:20 雪渓歩き
10:25 村営頂上宿舎テント場 11:30
12:05 白馬岳頂上 12:25
12:35 白馬山荘 13:25
13:35 村営頂上宿舎テント場

歩行時間
猿倉-頂上宿舎: 約4時間40分 (小休止含む)
頂上宿舎-白馬岳往復: 約55分

八方・猿倉間のタクシー: 870円 (4人で乗り合い)
生ビール(白馬山荘): 850円
グラスワイン(白馬山荘): 600円
テント場: 1,000円
ジュース: 450円

白馬三山縦走です。
去年2回あきらめて、3回目でやっと出かけることができました。

連休2日目の朝5時で、八方第3駐車場は満車に近い状態。
おととい、昨日でかなり入っているようです。
猿倉の駐車場が混むのは予想していましたが、八方でこんなに混んでいるとは
びっくりでした。

猿倉
d0032405_22442825.jpg



d0032405_22451430.jpg



大雪渓へ
d0032405_22454089.jpg



d0032405_22462624.jpg



大雪渓を振り返って。
ここでアイゼンを外します。
9月で雪渓が小さいためか、あっという間に終了。
斜度が思ったよりなくて、とても歩きやすかったです。
雪渓歩きの後の方が歩きにくくて、大変でした。
d0032405_22475599.jpg



d0032405_225041.jpg



d0032405_22501810.jpg



杓子菱
d0032405_2251199.jpg



頂上宿舎テント場へ到着
まだガラガラです。
d0032405_22524993.jpg



白馬岳に向かいます。
白馬山荘の後ろからガスっているようです。
d0032405_22544614.jpg



山荘の前の看板
d0032405_22554034.jpg



d0032405_22562174.jpg



白馬岳頂上
d0032405_22565245.jpg



ガスっています。
d0032405_22572270.jpg



白馬山荘のレストランでビール&ワインをいただき、上機嫌に。
d0032405_22582212.jpg



下りてきて振り返ると、頂上が晴れてきています。
小蓮華側から見るのとは、全く違う山のように見えます。
d0032405_2304773.jpg



テント場もにぎやかに。
d0032405_2371362.jpg



夕方前には散歩へ。
d0032405_238792.jpg



杓子岳&鑓ヶ岳
d0032405_2385097.jpg



雲の間から剱
d0032405_2394734.jpg



夕日があたって美しいです。
d0032405_23103996.jpg


[PR]
by sai__sai | 2014-09-14 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

槍ヶ岳 3日目

04:50 槍ヶ岳山荘
06:20 天狗原分岐
07:00 大曲
07:45 槍沢ロッヂ 08:25
09:35 横尾
10:30 徳沢 10:50
12:15 上高地バスターミナル 12:35
13:05 沢渡駐車場

歩行時間
槍ヶ岳山荘-槍沢ロッヂ: 2時間55分(小休止含む)
槍沢ロッヂ-上高地バスターミナル: 3時間50分(小休止含む)

徳沢ソフトクリーム: 400円
上高地-沢渡バス代: 1,250円

あいにくの霧雨ですが、今日は下山のみで、昨日晴天を十分
堪能したので心おきなく出発。

昨夜播隆祭で説明のあった播隆窟。
d0032405_6212423.jpg



d0032405_622941.jpg



d0032405_6222918.jpg



天狗原の氷河公園が良いところだと、槍沢ロッヂのお風呂でご一緒した方に
教えていただきました。
是非いつか行ってみたいです。
d0032405_6234220.jpg



d0032405_6241378.jpg



徳沢園でソフトクリーム。
長くて飽きてしまいがちな、横尾から上高地までの平地歩きでのお楽しみです。
d0032405_626557.jpg



いつか泊まってみたい憧れのお宿です。
d0032405_637536.jpg



d0032405_6373960.jpg


[PR]
by sai__sai | 2014-09-07 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

槍ヶ岳 2日目

05:00 槍沢ロッヂ
06:00 大曲
06:52 天狗原分岐 07:00
09:00 槍ヶ岳山荘 09:10
09:30 槍ヶ岳頂上 10:00
10:15 槍ヶ岳山荘 12:00
12:25 大喰岳 13:30
13:55 槍ヶ岳山荘

歩行時間
槍沢ロッヂ-槍ヶ岳山荘: 4時間 (小休止含む)
槍頂上往復: 35分
大喰岳往復: 50分

槍ヶ岳山荘素泊まり: 6,500円 (布団は1人1枚以上)
*悪天候で尾根経由の登山者はかなり少なかったと思われます。
ビール: 500円
ジュース: 300円

気持ちよく晴れました!
いよいよ槍ヶ岳に登ります。

ババ平のキャンプ場
トイレも水場もあります。
d0032405_21422697.jpg



少しだけ雪渓歩き
d0032405_21432326.jpg



槍ヶ岳が見えました!
この辺りをグリーンバンドと言うそうです。
d0032405_21442366.jpg



すごくいい天気です。
とにかく早く登りたくて、気持ちだけが前のめりに。
d0032405_21454323.jpg



後ろを振り返ると常念と蝶が見えます。
今まではいつも向こうからこちらを見ていた訳で、感慨深いです。
d0032405_2146099.jpg



槍ヶ岳山荘の受付する時間ももどかしく、とりあえず大きな荷物をデポだけして
穂先に向かいます。
d0032405_21541412.jpg



渋滞もなくすんなり登ることができました。
上に泊まっていた人達が下りた後で、なおかつ下から登ってきている人達が
まだ少ない時間帯だったようです。

最後の梯子
その角度におののきながら登ります。
d0032405_21565046.jpg



頂上です。
嬉しいです。
d0032405_21573465.jpg



「風雪のビバーク」の北鎌尾根
d0032405_21591486.jpg



東鎌尾根方面
d0032405_220588.jpg



穂高連峰方面
d0032405_2203468.jpg



西鎌尾根方面
d0032405_221155.jpg



槍ヶ岳山荘&笠ヶ岳
笠ヶ岳の大きさがよくわかります。
d0032405_2242555.jpg



富士山
d0032405_2251455.jpg



人も少なく頂上でのんびりできました。
ずっといたい気分でしたが、きりがないので30分で下山。

受付を済ませて景色を見ながらのんびり。
穂先をアップでとってみました。
d0032405_228255.jpg



時間がたっぷりあるので、お隣の大喰岳に行くことに。
途中テント場を通りましたが、すごい場所にありますね。
d0032405_221165.jpg



d0032405_22113778.jpg



大喰岳からの槍と山荘
ここから見る槍はかっこいいです。
d0032405_22122644.jpg



穂高を眺めたり
d0032405_2213699.jpg



常念を眺めたり
d0032405_22133274.jpg



鷲羽、水晶を眺めたり
d0032405_22135110.jpg



でもやっぱり槍を眺めたり
1時間近く色んな山を眺めていました。
d0032405_22142772.jpg



山荘に戻ってピールで乾杯
荷物がいつもより軽いので、おつまみをたくさん持ってきましたが
あっという間に食べてしまいました。
d0032405_22161047.jpg



穂先を登る人が増えてきました。
播隆祭のメンバーも登り始めたようです。
住職さんが先頭を歩いています。
d0032405_22183818.jpg



d0032405_2219593.jpg



頂上からはみだしそうに見えます。
d0032405_22193338.jpg



夜は播隆祭本番!
松本駅前に播隆上人の像があるそうですが、気がついていませんでした。
今度確認してみます。
d0032405_22211628.jpg



d0032405_22213742.jpg



最後にもう一度槍の画像
来てよかった・・・本当にきれいでした。
d0032405_22232286.jpg


[PR]
by sai__sai | 2014-09-06 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

槍ヶ岳 1日目

04:00 自宅
05:10 沢渡駐車場 05:30
05:50 上高地バスターミナル 06:05
07:55 徳沢 08:15
09:10 横尾 09:25
10:50 槍沢ロッヂ

歩行時間: 約4時間45分 (小休止含む)

沢渡駐車場: 1,500円 (500円 x 3日)
沢渡・バスターミナル間のタクシー: 1,000円 (4人で乗り合い)
槍沢ロッヂ素泊まり: 6,500円 (布団は1人1枚以上)
*天気の悪い金曜だからかかなり余裕がありました。

今年の夏は雨ばかりで思ったように山に行けず、ウツウツとしていました。
お盆休みも1泊で下りてきてしまい、消化不良・・・。

そこで、すごく混んでいるから、とずっとなんとなく行けずにいた槍ヶ岳に
思い切って出かけることにしました。

当初は、中房温泉から表銀座、東鎌尾根を縦走、上高地に下山する計画
でしたが、初日が雨との予報で、稜線歩きはあきらめて、槍沢経由で
小屋泊まり2泊で往復することにしました。

このコースなら、時間にかなり余裕があるし、小屋泊まりなので
雨でもなんとかなりそうだと考えました。

雨は昼前後からの予報だったので、濡れる前に小屋に着きたいと
早めに自宅を出ましたが、波田あたりで降り出し、結局小雨の中を歩き始めました。

雨の河童橋。
バスターミナルには登山者がたくさんいましたが、あいにくの天気に
少し暗いムードが漂っているような・・・
d0032405_22134887.jpg



横尾あたりで雨がひどくなったので、ペースを上げて歩きました。
d0032405_22145399.jpg



槍沢ロッヂに到着。
久々の山小屋での宿泊です。
雨だと小屋泊まりは本当に便利で快適ですね。
d0032405_22182918.jpg



槍沢ロッヂでは入浴が可能です。
お湯につかるだけではありますが、さっぱりしてとても気持ちよかったです。

お風呂で一緒になった方に、小屋のすぐ上で槍の穂先が見える場所を
教えてもらいました!
2本の木の間に穂先が小さく見えています。
夕方になって雨も落ち着きました。
明日が天気になりますように。
d0032405_2220514.jpg



19時からは、槍ヶ岳に初めて登ったとされる播隆上人のイベントがありました。
明日の槍ヶ岳山荘が本番で、今夜は前夜祭だそうです。
d0032405_22282386.jpg



播隆上人と関わりのある松本市の玄向寺の住職さんのお話を聞いたり、
皆で歌を歌ったりと、とても楽しいイベントでした。
普段車で通ることもある玄向寺の住職さんのお話を、まさかこんなところで
聞くとは思ってもみませんでした。
d0032405_22284466.jpg



お酒やジュース、おつまみなどが無料でいただけました。
明日の槍登頂に向けて、天気がよくなることを期待しつつ皆で盛り上がります。
d0032405_22293470.jpg


[PR]
by sai__sai | 2014-09-05 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

爺ヶ岳のみで撤退

お盆休みは、爺ヶ岳から針ノ木、蓮華を通って七倉岳までテント3泊で
縦走する計画を立てましたが、悪天候により種池山荘テント場に
1泊したのみで下山しました。

03:35 自宅
05:00 七倉駐車場で車1台デポ 05:05
05:30 扇沢出合手前の駐車場 05:45
05:55 扇沢出合 柏原新道山口
09:45 種池山荘 11:45
12:25 爺ヶ岳南峰 12:30
13:00 種池山荘

テント場: 600円
生ビール: 900円
缶ビール: 550円
水: 380円/2.5L

2週間前より雪渓の大きさが小さくなっていました。
d0032405_1048105.jpg



d0032405_10485552.jpg



テント場
d0032405_10491140.jpg



爺ヶ岳へ向かいます。
d0032405_10493755.jpg



d0032405_10494867.jpg



天気予報が悪いせいか、テント場も十分なスペースがありました。
こちらのテント場は虫が多いので注意です。
d0032405_10502957.jpg



2日目の朝は雨こそまだ降っていませんでしたが、早朝から既に風がおかしく
天気が悪くなりそうな雰囲気。

悪天候の中、重いザックで稜線を歩くのは厳しそうです。
天気予報もかなり悪いので、迷った末に下山することに決めました。

下山時はがっくりし過ぎて、時間をメモしませんでした・・・。
本当に残念でしたが、その後の天気をみると下山してよかった思いました。

今年の夏は雨が多く天気に恵まれませんね。
[PR]
by sai__sai | 2014-08-14 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

鹿島槍 2日目

04:20 冷池山荘テント場
05:55 鹿島槍ヶ岳 南峰 06:00
06:30 鹿島槍ヶ岳 北峰 06:45
07:15 南峰
08:30 冷池山荘テント場 09:00
09:10 冷池山荘 09:30
10:45 爺ヶ岳南峰
11:30 種池山荘
14:00 扇沢出合 柏原新道山口

布引山の手前で見た日の出が、とても美しかったです。
d0032405_21214169.jpg



d0032405_21222132.jpg



d0032405_21221651.jpg



八ヶ岳&富士山
d0032405_2123545.jpg



立山&剱
d0032405_2124829.jpg




d0032405_2124546.jpg



爺ヶ岳
d0032405_21242835.jpg



なかなか南峰につきません。
d0032405_21254670.jpg



南峰頂上
d0032405_2126366.jpg



五竜岳
大きな山ですね。
去年五竜に登った時には、鹿島槍を見るのを楽しみにしていたのですが、
ガスっていて見ることができませんでした。
今日は晴れていてよかった!
d0032405_21272151.jpg



次は北峰に向かいます。
南峰から吊尾根に下りる所が急で怖かったです。
石を落とさないように慎重に下りたので、緊張しました。
d0032405_21311458.jpg



北峰頂上
後ろは五竜岳
d0032405_21323848.jpg



下にはキレット小屋が見えています。
すごい所に建ってます。
d0032405_21363035.jpg



南峰と歩いてきた道を振り返って
d0032405_21341767.jpg



雪渓&爺ヶ岳
d0032405_21383529.jpg



南峰に登り返します。
d0032405_21393166.jpg



テント場に戻る途中でライチョウの親子がいました。
d0032405_2144937.jpg



d0032405_2144257.jpg



布引山
d0032405_21441811.jpg



ナナカマド
d0032405_2145124.jpg



チングルマ
d0032405_21462831.jpg



爺ヶ岳南峰によってから下山しました。
d0032405_21464015.jpg


[PR]
by sai__sai | 2014-08-03 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

鹿島槍 1日目

夏山 2回目は鹿島槍へ。

03:30 自宅
04:50 扇沢出合手前の駐車場 05:08
05:15 扇沢出合 柏原新道山口
08:10 種池山荘
09:50 冷池山荘
10:10 テント場

テント場: 600円/1人
水: 6L x 150円 = 900円
ビールロング缶: 750円
氷結: 450円

登山口に一番近い駐車場は満車でしたが、ロックシェッド手前の駐車スペースは
まだ数台分空いていました。
登山口まですぐだし、橋にしっかりした歩道もあるので、こちらも便利です。

柏原新道はとても歩きやすくていいのですが、登山口にトイレがないのが難点です。

針ノ木&スバリ岳
d0032405_10401330.jpg



トラバース箇所
雪があったのは、こことアザミ沢くらいでした。
d0032405_10411448.jpg



大好きなチングルマ
d0032405_1041345.jpg



八ヶ岳&富士山&南ア
d0032405_10415653.jpg



種池山荘&剱
今日鹿島槍に登る可能性を考えて、体力と時間の節約のため
爺ヶ岳のピークは踏まずに通り過ぎました。
d0032405_10422141.jpg



鹿島槍方面
d0032405_10445124.jpg



立山
d0032405_10453114.jpg



こまくさ
d0032405_10455042.jpg



ウスユキソウ(エーデルワイス)
d0032405_10472078.jpg



冷池山荘
d0032405_10474039.jpg



更に10分登ったところにあるテント場
d0032405_10481628.jpg



小屋からテント場へ向かう途中、登山道から5mくらい入ったところで
ゴゾゴゾと音がして木が揺れてびっくり。

熊?!かと思って心臓がバクバク。
音を出しながら大急ぎで通り過ぎました。

5分程前に先にテント場に向かっていた同行者も同じだったそうで
音のする方をじっと見たら、熊ではなく猿だったそうです。
こんな高所にも猿は上がってくるんですね。

音のする方なんて、私は怖すぎて見れないです・・・・・

槍の穂先が少しだけ見えました!
d0032405_10484345.jpg



テント場から爺ヶ岳
PEAKS などに記事を書いていらっしゃる高橋庄太郎さんをテント場でお見かけしました。
d0032405_10493836.jpg



天気がいまいちのため、迷った末鹿島槍には明日登ることに。
となると時間がたっぷりあります。
ビールを調達しに小屋へ。
夜歩くにはこわそうです。
d0032405_10502813.jpg



マンネリ気味だったつまみ類を改善してみました。
d0032405_10512592.jpg



夕方にはテントがかなり増えました。
でも、想像していたほどではなかったです。
もっとすごいことになるかと思っていました。
d0032405_10525011.jpg



鹿島槍方面へ明日歩く道を少しだけ散歩
d0032405_1115576.jpg


[PR]
by sai__sai | 2014-08-02 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

蝶ヶ岳

約 2ヶ月ぶりの登山で蝶ヶ岳へ。
前回から時間が開いているので、ちゃんと歩けるのか
心配しながら出かけました。

04:45 自宅
05:50 森の広場駐車場 06:05
06:15 三股駐車場
06:30 登山口
07:55 まめうち平
10:20 蝶ヶ岳頂上 11:30
13:05 まめうち平
14:05 三股駐車場
14:15 森の広場駐車場

三股駐車場はちょうど満車になってしまったので、少し下がったところに新しくできた
森の広場駐車場の入り口のスペースにとめました。
三股駐車場より10分余分に歩きますが、結構広くて便利です。
蝶ヶ岳ヒュッテのHPによると50台くらいとめられるそうです。
d0032405_222915.jpg



今シーズンもよろしく。
前回と目が変わっていました。
d0032405_22314138.jpg



キヌガサソウ
d0032405_2232297.jpg



すっかり夏山です。
d0032405_22324571.jpg



GW にはこのハイマツのすぐ横にテントを張りました。
ここまで積雪があったということですよね。
びっくりしました。
d0032405_2233664.jpg



d0032405_22353385.jpg



d0032405_22354691.jpg



この後、ここでしばらく昼寝しました。
久しぶりでやはり疲れたようです。
d0032405_2236810.jpg



今年の夏山スタートです!
[PR]
by sai__sai | 2014-07-21 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

雪山講習 針ノ木岳

12月からスタートした雪山入門コースの4回目となる
最終講習に参加してきました。

毎年楽しみにしているクラフトフェアと日程が重なり、
前日まではクラフトフェアにも未練たらたら・・・。
いざ講習に行ってしまえばもちろん楽しくて、とても充実した2日間となりました。

大沢小屋でテント泊。
1日目は近くの雪渓で滑落停止の練習。
夜は雪のテーブルでミニ宴会となりました。

d0032405_1142533.jpg



2日目は針ノ木雪渓から針ノ木岳を目指します。
d0032405_1151153.jpg



デブリ
d0032405_1162450.jpg



d0032405_1163417.jpg



後ろには岩小屋沢岳や爺ヶ岳南峰が見えています。
d0032405_1172852.jpg



針ノ木小屋に到着!
まずはここまで来ることができて嬉しいです。
d0032405_118372.jpg



頂上を目指します。
d0032405_1185669.jpg



雪の状況から先生達の判断でトラバースのルートを行きます。
d0032405_1191321.jpg



ふり返ると蓮華岳
d0032405_119552.jpg



頂上手前にある雪壁
d0032405_11102785.jpg



あと少し
d0032405_11104688.jpg



着きました!
講習でピークを踏めると思っていなかったので、とても嬉しいです。
天気は薄曇りでしたが、みんな充実した明るい表情をしていました。
d0032405_1111070.jpg



立山、剱方面
d0032405_11134432.jpg



雪壁を前向きで下り始めたのですが、途中すべったためさっそく滑落停止・・・。
結局後ろ向きで下りました。
d0032405_1114449.jpg



針ノ木峠には戻らず、マヤクボ沢から下りました。
d0032405_11163523.jpg



先生からOK が出た時点で、お楽しみのシリセード。d0032405_1118038.jpg



これで、夏山シーズンまで高い山はしばらくお休みです。
講習とはいえ頂上に立てたことは、大きな達成感につながり
雪山シーズンのすばらしい締めくくりになりました。
[PR]
by sai__sai | 2014-05-25 10:00 | 北アルプス | Comments(0)

蝶ヶ岳 2日目

06:20 蝶ヶ岳テン場
07:00 蝶槍 07:15
08:00 蝶ヶ岳テン場 09:20
11:05 まめうち平
12:40 三股駐車場

今日は美しい日の出からスタート
昨夜の強風はおさまっているようです。
d0032405_2113415.jpg



d0032405_2122347.jpg



槍や穂高に朝日が当たり始めました。
d0032405_2141685.jpg



こちらはテントから顔を出してみた朝日です。
前のテントの風よけブロックは横に長いですね。
d0032405_2162019.jpg



今朝は氷点下だったようで、体の近くに置いておかなかった水は
少し凍っていました。
シュラフは厳冬期用を使用したので、寒さに凍えずにすみました。
d0032405_2183831.jpg



今日は蝶槍まで往復して下山します。
短時間ではありますが、槍と穂高を見ながらの稜線歩きを楽しみます。
ずいぶんと明るくなってきました。
d0032405_21124791.jpg



まるで槍に向かって歩いているようです。
d0032405_21135122.jpg



常念の手前に蝶槍が見えています。
d0032405_2114795.jpg



蝶槍から槍ヶ岳
あの穂先にも人が立っているのでしょうか?
d0032405_21171115.jpg



かすんでいますが、八ヶ岳や富士山が見えています。
d0032405_21183615.jpg



蝶槍から常念は近く見えるのですが、実際歩くと遠い・・・。
d0032405_21191312.jpg



穂高
d0032405_21193450.jpg



涸沢から稜線に向かう人の列が見えます。
黒い点がずらーっと!
d0032405_21203910.jpg



我が家の方向
普段下界から稜線が見えている訳で 上から見えるのも当たり前なのですが
なんだか不思議な気分。
d0032405_21241874.jpg



午後から天気が崩れるようですし、名残惜しいのですが下山開始。
常念ともお別れ。
d0032405_2127364.jpg



登山口近くに戻ってくるとヘリコプターが飛んできました。
あとで確認すると蝶沢の近くで滑落があったようです。
私達が通り過ぎたすぐ後の時間帯です。

下山時の雪面は歩きにくくとても苦労しました。
日向のくさった雪はグサグサでアイゼンがきかないし、日陰の雪は
カチカチに凍っていてうまく歩けません。
ピッケルもしっかり刺さらないし、滑落したら停止するのはかなり難しそうです。
滑落しないように歩くことが大切だという意味がよくわかりました。
今月は講習に参加する予定なので、また勉強してきたいと思います。

春の雪面にとまどったりしましたが、天気に恵まれてすばらしい2日間になりました。
[PR]
by sai__sai | 2014-05-04 22:00 | 北アルプス | Comments(0)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30