カテゴリ:八ヶ岳( 46 )

硫黄岳

6/8 に梅雨入りしましたが、この週末は雨マークなし!
八ヶ岳の硫黄岳へ出かけます。
かなり時間があいてしまいましたが、日向山以来の登山です。

05:20 自宅
07:00 桜平登山口 07:10
07:40 夏沢鉱泉
08:30 オーレン小屋 08:35
09:00 夏沢峠
09:55 硫黄岳頂上 11:00
12:00 峰の松目
12:40 オーレン小屋
13:25 夏沢鉱泉
13:50 桜平登山口

硫黄岳標高: 2,760m
標高差: 約860m

桜平登山口に咲いていました。
名前はわかりませんが、とてもきれい。
d0032405_20572299.jpg



ヘビイチゴでしょうか?
d0032405_20595468.jpg



沢に沿って朝靄の中を進みます。
d0032405_2104553.jpg



d0032405_2133180.jpg



d0032405_2134847.jpg



夏沢峠から硫黄へ向かいます。
d0032405_215325.jpg



振り返ると天狗岳見えます。
頂上から赤岳が見えるかドキドキしながら進みます。
d0032405_2152615.jpg



硫黄岳頂上
d0032405_2161367.jpg



見えました!
横岳、赤岳、阿弥陀岳
この景色を見ながらのんびり昼寝。
寝てる間は見えてないですね・・・。
d0032405_2164876.jpg



硫黄岳の火口
d0032405_218489.jpg



d0032405_2182657.jpg



もう少し歩きたくて、峰の松目まで行ってみることにします。
初めてのピークです。
d0032405_2192849.jpg



横岳、赤岳、阿弥陀がより大きく見えてきました。
d0032405_21103145.jpg



赤岳
d0032405_2111326.jpg



d0032405_21113072.jpg



峰の松目への道はかなり鬱蒼としています。
日帰りで行く山では、歩いたことのある道が多くなってきましたが、
今回のように初めて歩く道は緊張することに気がつきました。
d0032405_21124685.jpg



展望のない頂上ですが、無事に到着してほっとします。
d0032405_21172755.jpg



頂上には三角点がありました。
d0032405_21182548.jpg



峰の松目からオーレン小屋へ下る登山道には少し残雪がありました。
こちらも初めてのルートです。

久しぶりだったせいか、とてもとても楽しい新緑の登山となりました。
梅雨の晴れ間を満喫しました。
d0032405_21215729.jpg


[PR]
by sai__sai | 2015-06-13 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

赤岳 2日目

07:00 行者小屋
08:20 美濃戸 08:25
09:15 美濃戸口

2日目は下山のみで気が楽です。
昨日とはうってかわっての荒天。
樹林帯を歩いていても感じるほどの強い風でした。
d0032405_14201528.jpg



美濃戸から美濃戸口までは、林道とそれをショートカットする登山道を
歩きます。

途中登山道のトレースを間違えたらしく、沢に続く道に入ってしまい登り返しました。
そこで小鹿の死骸を見てしまいびっくり。
美濃戸口までは主に林道で何度も歩いていたので、油断してしまったようです。
完全に気が抜けていました。

また、美濃戸の赤岳山荘でアイゼンを脱いだら、何度も転びそうになりました。
去年はかたい林道をアイゼンで歩いて足が痛くなったので、その対策で脱いだのですが
今度はすべるすべる。
アイゼンなしでも上手に歩いている方もいて、自分のバランス感覚のなさ (?) を実感しました。

赤岳に登った初日は天気に恵まれ、全体として楽しい山行となりました。
[PR]
by sai__sai | 2015-03-01 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

赤岳 1日目

05:45 自宅
07:10 美濃戸口 07:40
08:30 美濃戸
11:10 行者小屋 12:15
地蔵尾根経由
14:10 赤岳頂上 14:20
文三郎尾根経由
15:20 行者小屋

赤岳標高: 2,899m

美濃戸口駐車場代 1,000円 (1日500円 x 2日)
行者小屋テント泊代 1人1泊1,000円
ビール 350ml 500円

この冬やり残していた赤岳へ。
天気予報では、土曜は快晴、日曜は荒れ模様ということで
去年同様初日に赤岳を目指します。

美濃戸まで車で入るつもりでチェーンも持っていきましたが、
歩くことにしました。
途中スタックして動けなくなっている車がいて通れるかわからない
と、美濃戸口で聞いたからです。
実際に動けなくなっている車がいましたが、横を通り過ぎることは
できるようでした。

重い荷物を持つのが久しぶりな上に、歩荷トレーニングもしていなかったので、
一歩一歩がつらいです・・・。
重みで肩が痛みますが、天気は最高です。
d0032405_2115358.jpg



d0032405_2133596.jpg



行者小屋でテントを張ってから地蔵尾根へ。
荷物は軽くなったはずなのに、足が重くて参りました。
天気の良さに救われます。
d0032405_2145432.jpg



雪が多いようです。
d0032405_2152230.jpg



風もなく暖かでバラクラバが暑いくらい。
尾根を下りてくる人達には、アウタージャケットを着ていない人もたくさんいました。
上もかなり暖かいようです。

きれいです。
d0032405_2175551.jpg



左手には横岳
d0032405_2181597.jpg



右手には中岳と阿弥陀岳
d0032405_2184164.jpg



ナイフリッジへ
d0032405_219642.jpg



ひとりつづ横歩き
d0032405_2195351.jpg



地蔵の頭、稜線に出ました。
風もなく奇跡のように穏やかです。
d0032405_21105450.jpg



赤岳
d0032405_2113107.jpg



ここでも体が重く、ゆっくり進みます。
風がないので、落ち着いてたくさん写真をとることができました。
d0032405_21134276.jpg



富士山
d0032405_21144989.jpg



赤岳頂上
d0032405_2115844.jpg



阿弥陀の美しい稜線
d0032405_21153736.jpg



権現やギボシ、奥には南アルプス
d0032405_21163037.jpg



文三郎尾根を下ります。
d0032405_2117020.jpg



阿弥陀が近くなってきました。
d0032405_21181382.jpg



赤岳を振り返って。
今年も登ることができて嬉しい気持ちでいっぱいです。
バリエーションルートを登る人達の声がたくさん聞こえました。
d0032405_21251128.jpg



横岳から蓼科山まで
d0032405_21261970.jpg



中岳と阿弥陀岳
冬の阿弥陀にもいつか登ってみたい。
d0032405_21265171.jpg



にぎやかな行者小屋テント場
ワインと小屋で調達したビールで乾杯。
d0032405_2128129.jpg



テント場から見える横岳
空の青さが濃くなってきました。
d0032405_2130617.jpg



月が出ています。
d0032405_2130295.jpg


[PR]
by sai__sai | 2015-02-28 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

蓼科山

05:40 自宅
07:15 女乃神茶屋登山口駐車場 07:35
10:25 蓼科山頂上
11:50 女乃神茶屋登山口駐車場

標高: 2,530m

天気予報はいまいちですが、蓼科山へ。
駐車場は 7割くらい停まっていたでしょうか。
よくない天気の割には結構来ている印象です。

森林限界を超えた頂上手前。
赤いポールをよく確認しながら慎重に進みます。
12月に来た時と比べると雪がたっぷりついています。
d0032405_2093921.jpg


頂上
d0032405_2010149.jpg


森林限界に戻るまでは気が抜けません。
d0032405_20103529.jpg


一瞬太陽で明るくなりました。
d0032405_20111289.jpg


下山はあっという間でした。
ほとんど滑っておりたような???
今日一番のお楽しみでした。
d0032405_20115014.jpg

[PR]
by sai__sai | 2015-02-15 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

編笠山

05:40 自宅
07:00 富士見高原スキー場駐車場 07:20
10:55 編笠山頂上 11:35
13:25 富士見高原スキー場駐車場

標高: 2,523m

日曜はかなり荒れた天気になる予報だったので、
予定を変更して土曜に出かけました。

2年前に行った時には強風で怖い目にあいましたが、
今回は期待できそうです。

遠くに頂上がみえます。
d0032405_21163947.jpg



前回も苦しんだ急登です。
覚悟して来ていますが、やはり大変。
d0032405_21173926.jpg



森林限界を超えました!
d0032405_21184195.jpg



雲海に浮かぶ富士山。
d0032405_212013100.jpg



ここでダッシュできる人はすごいです。
私はヘトヘトでもちろん無理・・・。
d0032405_21203898.jpg



編笠山頂上。
南八ヶ岳が近くて迫力があります。
急登をがんばって登ってきたのが一瞬で報われるような景色です。
d0032405_21212713.jpg



西岳が低く見えます。
西岳から編笠を見た時は同じくらいの高さに見えるから不思議です。
奥には北アルプス。
d0032405_21232156.jpg



御嶽は噴煙が上がっているようです。
d0032405_21244062.jpg



中央アルプス
d0032405_21252979.jpg



南アルプス
d0032405_21255710.jpg



もう一度南八ヶ岳の山々。
阿弥陀、中岳、赤岳、ギボシ、権現。
d0032405_21271994.jpg



今年も登りたい赤岳。
d0032405_21274682.jpg



すばらしい天気に恵まれた楽しい一日となりました。
d0032405_21282949.jpg


[PR]
by sai__sai | 2015-02-07 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

天狗岳 (1月24日)

05:40 自宅
07:15 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場 07:35
09:25 黒百合ヒュッテ 10:00
11:00 東天狗 11:05
11:55 黒百合ヒュッテ 12:25
13:25 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場

渋御殿湯駐車場代 1,000円
(先に受付をしてから、駐車場所を指定してもらいます)


天狗岳へ出かけました。
積雪期では以前3月に行っています。
1月は初めてです。

天気予報は晴天、でも暴風。
様子を見ながら慎重に行くことにします。

渋御殿湯さんで駐車場料金を支払って駐車。
駐車場所を指示してもらえます。
まだスペースはあるようでした。

気温は低めで、準備している間にどんどん体が冷えていきました。

寒いですが快晴!
d0032405_22434249.jpg


雪がたっぷりついていて綺麗です。
d0032405_224433100.jpg


黒百合ヒュッテ
d0032405_22464591.jpg


東天狗&西天狗
雪煙りが見えます。
やはりかなり風が強そうです。
d0032405_2248923.jpg


中山峠経由で東天狗岳へ向かいます。
後ろを振り返ると、美しい北アルプスの山なみ。
風が強くて写真を撮るのもなかなか大変でした。
d0032405_22495648.jpg


浅間山
d0032405_2251649.jpg


東天狗への登り。
d0032405_22513610.jpg


予報通りかなりの強風なので、耐風姿勢を取ったりしながら
一歩一歩しっかり登ります。
d0032405_22543944.jpg


東天狗岳頂上
d0032405_22545630.jpg


南八ヶ岳の山々
d0032405_22561849.jpg


御嶽山
d0032405_22563449.jpg


西天狗岳
風が強いので今回は東天狗岳だけで下山。
d0032405_22571782.jpg


両天狗を振り返って
d0032405_22575665.jpg


ふかふかの気持ちのよい雪をたっぷり楽しみました。
d0032405_22584465.jpg

[PR]
by sai__sai | 2015-01-24 23:05 | 八ヶ岳 | Comments(0)

西岳

世間は 3連休ですが、お休みの関係で山へ行けるのは 11日のみ。
またしても天気予報はいまいちですが、やはり歩きたくて西岳へ出かけることにしました。
頂上以外はほとんどが樹林帯で安心です。

他の八ヶ岳の山に比べると登山者が少なく、駐車スペースもたくさんあるので
のんびり出かけられます。

05:45 自宅
07:10 富士見高原スキー場 駐車場 07:30
10:40 西岳頂上 11:10
12:45 富士見高原スキー場 駐車場

標高: 2,398m
登り: 3時間10分
下り: 1時間35分

気温は高め。
駐車場での身支度も素手でOK。
準備していても手がかじかみません。

d0032405_193028100.jpg



編笠山と右奥にはうっすらと富士山。
d0032405_1931952.jpg



d0032405_19311992.jpg



晴れていれば近くに見える赤岳は雲の中です。
d0032405_1931542.jpg



シリセードは不発。
d0032405_19321454.jpg



不動清水では水が凍らずに出ていました。
動物が水を飲みにきたりするのでしょうか。
d0032405_19324870.jpg



蓼科山以来ほぼ一ヶ月ぶりの高い山で、山にいるだけで十分楽しかったです。
来週末からはもう少し頻繁に山へ行くことができそうです。
[PR]
by sai__sai | 2015-01-11 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

蓼科山

06:30 自宅
08:10 女乃神茶屋登山口駐車場 08:40
11:30 蓼科山頂上
13:00 女乃神茶屋登山口駐車場

標高: 2,530m

今シーズン初の雪山です。
天気予報はいまいちですが、雪の樹林帯を歩くだけでも
楽しみたいと思って出かけました。

駐車場には 5,6台のみで問題なく駐車できました。
天気がよくないのでやはり登山者は少ないようです。

わくわくします。
d0032405_1157585.jpg


細かい雪が降る中を登ります。
久々の雪山で嬉しくてしょうがありません。
d0032405_11583687.jpg


真っ白な頂上。
樹林帯を抜けると多少風がありましたが、
肌をさすほどの寒さではありませんでした。
d0032405_1205221.jpg


小屋も真っ白。
d0032405_1255632.jpg


d0032405_1262159.jpg


d0032405_1263848.jpg


d0032405_1265688.jpg


少し湿り気のある雪だったので、シリセードはできませんでしたが
雪の中を歩くのは本当に楽しかったです。
[PR]
by sai__sai | 2014-12-14 20:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

硫黄岳

05:40 自宅
07:15 美濃戸 07:35
09:10 赤岳鉱泉 09:40 (なんと道迷い・・・) 09:55 (再出発)
11:30 硫黄岳頂上 11:40
11:50 少し下りた所で休憩 12:00
12:40 赤岳鉱泉 13:00
14:00 美濃戸

美濃戸駐車場代(赤岳山荘) 1,000円

硫黄岳へ日帰りで出かけました。。
日曜は天気が崩れるようなので土曜にしました。

先週末は編笠山に登る予定でしたが、ひどい 2日酔いのためキャンセル・・・。
前の晩に学生時代の旧友と飲みすぎました。
途中から記憶がありませんが、相当楽しかったようです。

ただ、飲みすぎたことは激しく反省。
ということで、今週は 1滴も飲まずに今回の山に望みました。

初めて見た赤岳鉱泉のアイスキャンディ
今年は31日で終了だそうです。
d0032405_21321481.jpg



かなりの急登でバテます。
気温が高いだけあってグサグサですが、積雪は十分あります。
d0032405_2136944.jpg



過去に何度か雪崩が起きている赤岩の頭の下方を通る時は緊張しました。
慎重に、でも急いで通り過ぎました。

中央アルプス
d0032405_21323985.jpg



上に出てからもこんなに登ったっけ???
という感じでクタクタです。
d0032405_21335567.jpg



d0032405_21383373.jpg



横岳、赤岳、阿弥陀
d0032405_21384379.jpg



硫黄岳頂上
d0032405_21391119.jpg



硫黄の爆発火口
d0032405_21402471.jpg



蓼科山&天狗岳
d0032405_21393778.jpg



d0032405_21404962.jpg



d0032405_2141422.jpg



今回は美濃戸まで車で入りました。
北側斜面の斜度が急な箇所は、道路の氷が深い轍となっていて、
ハンドルを取られやすくかなり怖かったです。
しっかり積雪がある方が逆に運転しやすいのかも知れません。
[PR]
by sai__sai | 2014-03-29 21:42 | 八ヶ岳 | Comments(0)

天狗岳 (3月9日)

05:50 自宅
07:30 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場 08:00
09:30 黒百合ヒュッテ 09:50
--- 中山峠経由---
10:55 東天狗
11:15 西天狗 11:25
--- 天狗の奥庭経由---
12:15 黒百合ヒュッテ 12:35
13:35 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場

渋御殿湯
駐車場代 1,000円
(先に受付をしてから、駐車場所を指定してもらいます)


今年も天狗岳へ。

去年3月末に初めて積雪のある天狗岳に登った時は
かなり緊張していたと記憶しているのですが、
今回は落ち着いて楽しむことができました。

黒百合ヒュッテ
d0032405_21424085.jpg


団体さんもいたりして、かなりにぎわっています。
d0032405_21433024.jpg


中山峠経由で東天狗へ。
d0032405_2144041.jpg


東&西天狗岳
暖かくいい天気です。
d0032405_21442839.jpg


d0032405_2145535.jpg


去年より少し余裕があります。
d0032405_21451425.jpg


まずは東天狗頂上
d0032405_21454582.jpg


南八ヶ岳方面
次は硫黄に行きたいです。
d0032405_214651.jpg


北八ヶ岳&北アルプス方面
d0032405_21474391.jpg


西天狗へ向かいます。
スキーのシュプールがありました。
d0032405_2148716.jpg


西天狗頂上
d0032405_21541618.jpg


赤岳
残雪期にもう一回行きたいです。
d0032405_21543028.jpg


ヒュッテに戻ります。
前に見えるのは浅間山
d0032405_21551890.jpg


画像にはあまり映っていませんが、たくさんの登山者で
とてもにぎやかな雰囲気でした。

途中シリセードに夢中になりすぎて、ザックのサイドポケットに入っていた
トレイルミックスを落としてしまいました。
拾ってきてくださった方、ありがとうございました。

[PR]
by sai__sai | 2014-03-09 20:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)