カテゴリ:八ヶ岳( 47 )

天狗岳 (3月9日)

05:50 自宅
07:30 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場 08:00
09:30 黒百合ヒュッテ 09:50
--- 中山峠経由---
10:55 東天狗
11:15 西天狗 11:25
--- 天狗の奥庭経由---
12:15 黒百合ヒュッテ 12:35
13:35 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場

渋御殿湯
駐車場代 1,000円
(先に受付をしてから、駐車場所を指定してもらいます)


今年も天狗岳へ。

去年3月末に初めて積雪のある天狗岳に登った時は
かなり緊張していたと記憶しているのですが、
今回は落ち着いて楽しむことができました。

黒百合ヒュッテ
d0032405_21424085.jpg


団体さんもいたりして、かなりにぎわっています。
d0032405_21433024.jpg


中山峠経由で東天狗へ。
d0032405_2144041.jpg


東&西天狗岳
暖かくいい天気です。
d0032405_21442839.jpg


d0032405_2145535.jpg


去年より少し余裕があります。
d0032405_21451425.jpg


まずは東天狗頂上
d0032405_21454582.jpg


南八ヶ岳方面
次は硫黄に行きたいです。
d0032405_214651.jpg


北八ヶ岳&北アルプス方面
d0032405_21474391.jpg


西天狗へ向かいます。
スキーのシュプールがありました。
d0032405_2148716.jpg


西天狗頂上
d0032405_21541618.jpg


赤岳
残雪期にもう一回行きたいです。
d0032405_21543028.jpg


ヒュッテに戻ります。
前に見えるのは浅間山
d0032405_21551890.jpg


画像にはあまり映っていませんが、たくさんの登山者で
とてもにぎやかな雰囲気でした。

途中シリセードに夢中になりすぎて、ザックのサイドポケットに入っていた
トレイルミックスを落としてしまいました。
拾ってきてくださった方、ありがとうございました。

[PR]
by sai__sai | 2014-03-09 20:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

赤岳 2日目

08:20 行者小屋
09:35 美濃戸
10:20 美濃戸口

昨日赤岳に登ったので、今日は下山するのみ。
夜は稜線の上の方で、かなり強い風が吹いている音がしていました。

今朝は予報通りの荒れた天気です。
d0032405_12354037.jpg



美濃戸あたりで雪が小雨に変わりました。

美濃戸から美濃戸口まで歩くのが一番疲れました。
今日の歩行時間はたったの2時間なのに、ぐったりです。
緊張がとけたせいか気が抜けてしまったのかも知れません。

家に戻ると庭の芝桜が数個花をつけていました。
下界もかなり暖かかったようですね。
d0032405_12443371.jpg


[PR]
by sai__sai | 2014-02-02 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

赤岳 1日目

05:40 自宅
07:10 美濃戸口 07:45
08:30 美濃戸
10:50 行者小屋 12:00
13:00 地蔵尾根経由 地蔵ノ頭
13:50 赤岳頂上 14:10
15:00 文三郎尾根経由 行者小屋 テント泊

赤岳標高: 2,899m

美濃戸口駐車場代 1,000円 (1日500円 x 2日)
行者小屋テント泊代 1人1泊1,000円

憧れの冬の赤岳へ再チャレンジです。

四駆なので美濃戸まで車で入れるだろうとは思ったのですが
余分な心配を避けて今回は美濃戸口に駐車しました。

美濃戸から南沢を行きます。
かなり暖かいです。
d0032405_6513988.jpg



行者小屋にテントを立て荷物を軽くして、地蔵尾根に向かいます。

当初は 2日目に赤岳に登る予定でしたが、日曜は天気が悪くなりそうなので
土曜の出発時間を早くして、その日のうちに赤岳に登ることにしました。

大同心&小同心
d0032405_6531253.jpg



地蔵尾根へ
d0032405_6533286.jpg



地蔵尾根で写真をとる余裕があったのはここまで。
d0032405_6534586.jpg



稜線に出ました。
赤岳が輝いています。
d0032405_1956523.jpg



やっぱり輝いています。
このまま行くと本当に登頂できそうで (?)、緊張と嬉しさとで大変です。
d0032405_1957840.jpg



頂上に着きました!
胸がいっぱいです。
d0032405_202055.jpg



名残惜しいです。
d0032405_20371930.jpg



やっぱり名残惜しいです。
d0032405_20381789.jpg



尾根や稜線上はやはりそれなりの風で緊張しましたが、
気温が高いおかげで肌をさすような冷たさはありませんでした。
登りやすい環境だったと思います。

中岳&阿弥陀
d0032405_2022692.jpg



権現&南アルプス方面
d0032405_203223.jpg



北八ヶ岳
d0032405_2033434.jpg



文三郎尾根から行者小屋へ戻ります。

バリエーションルートを登る登山者や
d0032405_2072852.jpg



小同心の上のクライマーが見えました。すごいですね。
d0032405_208690.jpg



赤岳をふりかえって。
d0032405_2083163.jpg



行者小屋のテント場。
トイレも水場も使えてとても便利です。
土曜は小屋が開いていることで安心感もあります。
d0032405_20112591.jpg



夕飯は登頂祝いのキムチ鍋。
d0032405_20114020.jpg



着込んで寝たら暑いくらいでびっくりしました。
去年1月南沢大滝の近くでテント泊した時はもっともっと寒く感じたので
今回は相当暖かかったと思います。

暖かくて快適なはずなのに、登頂が嬉しくてなかなか寝つけませんでした。
[PR]
by sai__sai | 2014-02-01 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

蓼科山

06:15 自宅
07:50 女乃神茶屋登山口駐車場 08:20
09:35 三角点(2,113m) 09:45
11:10 蓼科山頂上 11:55
13:10 三角点(2,113m)
14:10 女乃神茶屋登山口駐車場

標高: 2,530m
標高差: 約810m
登り: 2時間50分
下り: 2時間15分

いよいよ雪山シーズンスタートです。
といっても、蓼科山はまだあまり積雪がありません。

少しだけ雪のついた登山道を歩くのはなかなか難しくて、時間がかかりましたが、
シーズン初ということで嬉しくてしょうがありません。

登り始め
d0032405_22151928.jpg


d0032405_22172763.jpg


d0032405_22181193.jpg


頂上
少しだけ風がありましたが、風裏でお昼を食べることができました。
暖かいし快晴で気持ちがよいです。
d0032405_22185156.jpg


槍穂
d0032405_22194560.jpg


御嶽
d0032405_22203186.jpg


この冬は何回通えるでしょうか。
d0032405_22203758.jpg


下りで様子を見ながらアイゼンをつけようかと思いましたが、すべったりしながらも
結局最後までアイゼンなしで下山しました。


登山靴にチェーンスパイクをつけている方を初めて見かけました。
今日のように雪が少なくてすべる状態だと、あれくらいがちょうどいいかも知れません。
ちょっとほしくなりました。

d0032405_22211944.jpg

[PR]
by sai__sai | 2013-12-08 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

赤岳

03:30 自宅
05:00 美濃戸 やまのこ村駐車場 05:20
07:20 行者小屋 07:30
08:15 地蔵ノ頭
08:50 赤岳頂上 09:15
10:20 行者小屋
12:10 美濃戸 やまのこ村駐車場

やまのこ村駐車場 1日 1,000円


日帰りで赤岳へ。
行きは地蔵尾根を登って、帰りは文三郎尾根から下りました。

地蔵尾根
d0032405_14290.jpg



展望荘が見えました。
d0032405_184460.jpg



あいにくのガス
d0032405_195867.jpg



トクヤマリンドウ
d0032405_1102326.jpg



文三郎尾根から赤岳
d0032405_111064.jpg



d0032405_1111861.jpg



d0032405_1113440.jpg



日帰りで赤岳に行けたことが嬉しいです。
[PR]
by sai__sai | 2013-09-07 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

北横岳

メンテナンスのためロープウェイが運休の時期を狙って、北横岳へ。
初めて下から登ります。

06:00 自宅
07:30 駐車場 07:50
09:30 坪庭
10:30 北横岳 南峰
10:35 北横岳 北峰 11:20
12:00 坪庭 12:10
13:00 駐車場

標高: 2,480m
標高差: 709m
登り: 2時間45分
下り: 1時間40分

こんな立派な登山口の看板があったとは知りませんでした。
d0032405_22265747.jpg



d0032405_22271611.jpg



春の日差しがまぶしい。
d0032405_22361952.jpg



数日前に降ったと思われる雪のおかげで、白くてきれいです。
d0032405_22364594.jpg



坪庭のあたりでは、除雪のせいか壁ができていました。
やわらかそうに見えて、かちかちの硬い壁です。
d0032405_22401759.jpg



d0032405_22403345.jpg



春のつらら
d0032405_22405676.jpg



10cm くらい新しい雪が降ったのでしょうか。
表面はきれいです。
その下の雪は固まっていて、歩いても足が沈みません。
d0032405_2242391.jpg



頂上から蓼科山&北アルプス
d0032405_22431273.jpg



来シーズンこそは、冬の赤岳登頂!したいです。
d0032405_22434183.jpg



ロープウェイ運休中ということで、誰にも会わないかも? などと思っていましたが、
7、8組の登山者とすれ違いました。

いつもにぎやかな坪庭や北横ですが、今回は静かでのんびりとした雰囲気を楽しみました。
[PR]
by sai__sai | 2013-04-13 22:46 | 八ヶ岳 | Comments(0)

天狗岳

05:30 自宅
07:00 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場 07:30
09:20 黒百合ヒュッテ 09:30
10:30 東天狗 10:45
11:00 西天狗 11:10
12:00 黒百合ヒュッテ 12:40
13:55 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場

標高: 2,646m
標高差: 約800m
登り: 3時間30分
下り: 2時間05分

天狗岳に挑戦です。
標高差は西岳や編笠の方がありますが、稜線歩きがよりたくさんあります。

黒百合ヒュッテ
d0032405_2304164.jpg


東、西の両天狗がきれいに見えています。
d0032405_231536.jpg


浅間山のシマシマは消えていました。
d0032405_2322994.jpg


ヒュッテからは中山峠経由で行きました。
初めての雪庇です。
内側を登ります。
d0032405_2351565.jpg


東天狗頂上
d0032405_2355791.jpg


南八ヶ岳&南アルプス
d0032405_2362476.jpg


東天狗から見た西天狗
風はありますが、暖かい風です。
d0032405_2381280.jpg


西天狗へ向かいます。
ストックからピッケルにかえました。
d0032405_2392659.jpg


西天狗頂上
最高の天気です。
d0032405_23111771.jpg


北アルプス
d0032405_23115729.jpg


d0032405_23121289.jpg


中山峠への道
気持ちのいい景色です。
d0032405_2313312.jpg


黒百合ヒュッテのメニューに惹かれて
お昼をいただくことにしました。
d0032405_23145660.jpg


カレーうどん、おいしかったです!
d0032405_2315318.jpg

[PR]
by sai__sai | 2013-03-24 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

編笠山

05:30 自宅
06:45 富士見高原リゾート駐車場 07:10
07:40 五差路
10:40 編笠山頂上
12:50 五差路
13:10 富士見高原リゾート駐車場

標高: 2,524m
標高差: 約1,184m
登り: 3時間30分
下り: 2時間30分

八ヶ岳の南端と北端を行ったり来たり。
今週末は編笠山です。

いつも参考にしている 「ヤマテン」 の予報によると、
低気圧の通過にともない、稜線では午前中晴れるが暴風、
昼前後は風雪、午後遅くに再び晴れる、とかなり不安な内容。

途中で引き返すことを考慮しつつ出かけました。

雪はかなりとけていました。
気温がかなり高く、今回もアウターを脱いで登ります。
d0032405_20565725.jpg



かなりの急登。
降りてきた 2人組の方によると、やはり森林限界から上はかなり強風とのこと。
d0032405_20584973.jpg



森林限界手前で、アウターや手袋などをしっかり身につけて慎重に上りました。
今回初めてゴーグルを着用しました。

霧というか雲の中に入っているようで、視界は真っ白。
ホワイトアウト手前のような感じ。
d0032405_2144887.jpg



コンパスと、岩に書かれた矢印で方向を確認しながら、慎重に樹林帯へ戻ります。

樹林帯の入り口に戻ってきて、ほっとしました。
d0032405_21124090.jpg



悪天候覚悟で行ったとはいえ、頂上の強風は怖かったです。
樹林帯は天国のようでした。

お昼頃には予報通り雨が降ってきて、駐車場近くではみぞれまじりに。
私より後に頂上に登っていった人達は大丈夫だったでしょうか・・・。

ニコニコ楽しい登山とはなりませんでしたが、色々な意味で
とても勉強になった一日でした。
[PR]
by sai__sai | 2013-03-10 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

蓼科山

06:10 自宅
07:45 女乃神茶屋登山口駐車場 08:00
09:15 三角点(2,113m)
10:20 蓼科山頂上 10:50
11:00 少し降りたところで休憩 11:20
11:50 三角点(2,113m)
12:30 女乃神茶屋登山口駐車場

標高: 2,530m
標高差: 約810m
登り: 2時間20分
下り: 1時間20分

今度は自分で蓼科山へ行ってみました。

先々週と同じ位の時間に着いたのに、既に駐車場はいっぱいで路上駐車が何台も。
天気が良かったからでしょうか。

三角点近くまではガリガリの雪でしたが、三角点を過ぎたあたりから、
やわらかい雪に変わりました。
シリセードで降りることができそうです!

暖かくて日差しも強く、顔が汗ばむほどで、登りは暑かったです。
「暑い」なんて久しぶりの感覚・・・。
結局、樹林帯を抜けるまでは、アウターをぬいでアンダーとシャツで登りました。

えびの尻尾が溶け始めて光っていました。
d0032405_22511184.jpg


今回は北アルプスも全部見えました。
d0032405_22512832.jpg


浅間山がとても近くに感じられます。
d0032405_2252169.jpg


南八ヶ岳の山々と南アルプス
先週登った西岳も見えました。
d0032405_22525938.jpg


d0032405_2255375.jpg


暖かくてうれしいような、さみしいような。
d0032405_22552333.jpg

[PR]
by sai__sai | 2013-03-03 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

西岳

05:50 自宅
07:15 富士見高原リゾート駐車場 07:40
08:15 不動清水
10:55 西岳頂上 12:00
13:30 不動清水
14:00 富士見高原リゾート駐車場

西岳標高: 2.398m
標高差: 約1,058m
登り: 3時間15分
下り: 2時間

八ヶ岳の西岳へでかけました。
スキー場近くの駐車場を使用できるので、駐車には十分なスペースがありました。

頂上直下まではひたすら樹林帯を登ります。
d0032405_19483851.jpg



まずは、編笠山と富士山が!
d0032405_19525714.jpg



頂上に出ると、ギボシ&権現がとても近くに見えます。
d0032405_19503945.jpg



阿弥陀、赤岳も
d0032405_1954049.jpg



美しい赤岳
d0032405_19544750.jpg



頂上は風がなく穏やかで暖かく、1時間ものんびり過ごしました。
すばらしい天気に恵まれました。
d0032405_19551928.jpg



南アルプスを見ながらの下山です。
下りだけアイゼンをつけました。
d0032405_1957121.jpg



頂上でお昼を食べている間に、スパッツについた雪が溶けていました。
この冬初めてです。
段々と暖かくなってきているんですね。
[PR]
by sai__sai | 2013-02-23 20:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)