カテゴリ:山( 127 )

台上からの景色

d0032405_22135079.jpg台上から、東の方を見た時の景色です。






西側にある、北アルプスは、下界から見ているのとは、
少し違った姿で、なんだか不思議な気分でした。

いつも堂々としている常念が手前で小さくなっていて、
普段は見えない槍や穂高連邦が、大きく見えていました。
携帯カメラには収まりきれません・・・やっぱりデジカメ買おうかな。
[PR]
by sai__sai | 2006-06-05 22:16 | | Comments(2)

台上での遭遇

美ヶ原高原にある茶臼山へ行きました。
お天気にも恵まれ、気持ち良く歩きます。

台上に出てから頂上へ向かうには、放牧場を横切ります。
○ンチの地雷をよけながら、歩いていると、

d0032405_1940320.jpg遠くに牛がいます。(当たり前・・・)


d0032405_19402762.jpgやっぱり牛!


d0032405_19405188.jpgこっちを見ています。


d0032405_19415212.jpgどこから見てもやっぱり牛です。
[PR]
by sai__sai | 2006-06-04 19:48 | | Comments(8)

光城山 

豊科にある 光城山に行きました。
桜がとても綺麗だということで、大変楽しみにしていました。

d0032405_21461999.jpg登山道に沿って頂上まで
ず~っと 桜が植わっており、
満開の桜の中を 40分程登ります。
予想外の急登で汗が出ましたが、
桜の中を登るのは、気持ちがいいです。




頂上近くまで車で来ることも可能なので、頂上は
花見のBBQなどを楽しむ人達でにぎわっていました。

ガスのため、北アルプスは 残念ながらぼやけていましたが、
晴れていれば、すばらしい眺めだと思います。

紅葉の時期も、きっと綺麗だろうなぁ。
[PR]
by sai__sai | 2006-04-30 21:49 | | Comments(6)

スノーシュー@乗鞍高原

先日の全国的な大寒波の中、シーズン初の スノーシューへ出かけました。
天気がイマイチだったので、何度か行った事のある乗鞍高原にしました。

吹雪いていたこともあって、スノーシューの醍醐味である木々の間を
歩くのはやめて、道ができているところをメインに、鈴蘭地区から
いがやスキー場までを往復しました。
小さなスキー場は、悪天候ということもあって、人もまばらです。

あまりの寒さに、いがやスキー場のレストラン 「シヨン」 で、かなり
長めのランチ。
暖炉がある なかなか素敵なレストランでした。
頂いたのは、チーズフォンデュとカレーです。
ずっと、ここにいたいなぁ~なんて・・・。

d0032405_22302619.jpgd0032405_22303555.jpgd0032405_22342268.jpg



d0032405_22322636.jpg我ながら、
かなり寒そうです・・・。






d0032405_22334424.jpg帰路はシューを脱いで登山靴で歩きました。
←天気の良かった去年の画像。






いつも行く湯けむり館が改装中のため、山栄荘さんで温泉をいただいて、
暖まって帰宅しました。
温泉の硫黄成分(多分)が目にしみました。とても良いお湯でした。
やっぱり乗鞍の温泉はいいなぁ~。
[PR]
by sai__sai | 2005-12-19 22:39 | | Comments(10)

忘年山行の翌朝は、雪が降っていた事もあって、
松本城だけ見て解散ということになりました。

山ノボラーの方々ですので、松本や松本城へ来た事の
ある方々ばかりですが、雪の松本城を見る機会は
あまりないとのことでした。

d0032405_034455.jpg画像は夏の松本城。









車組の方々とは松本城でお別れし、電車組の方々を
駅へお送りして、無事忘年山行は終わりました!

ちなみに、我が家を見たいという声があがったので、
お城に行く前に、我がボロ家にもご案内しました・・・。

「やっぱり、寒い」「夏には良さそう~」「この隙間は何?」などなどなど、
かなり正直なコメントが・・・。
ただ、これらのコメントは、想定の範囲内ですので、
全く へこたれてはおりません。
[PR]
by sai__sai | 2005-12-13 23:55 | | Comments(8)

忘年山行:夜の部

忘年山行の本来の目的は、夜の部です。
皆で持ち寄った、おいしい飲み物&おいしい食べ物を楽しみます。

旅館(民宿?)の別館を使わせてもらえたので、他のお客さんに
気を使うこともなく、にぎやかに楽しめました。

お酒は いつもおいしいけれど、こういうお酒は一番おいしいです♪

私はブランクがあることもあって、昔話でも盛り上がりました。
何年も前のような気がしないのが、不思議です。

d0032405_22573434.jpg恒例の作品展です。
投票して、各部門の写真・絵画を選びます。






他にも、デジカメで取った山や花の画像を見たり、会員の方の
旅行画像を見たり、ビデオを見たりと、お楽しみは続きます。

翌朝、暖かい旅館の部屋で目を覚ますと、「雪が降ってるよ~」との声。
暖かい部屋から見る雪は 最高でした。
[PR]
by sai__sai | 2005-12-12 23:05 | | Comments(6)

忘年山行:霧訪山

幽霊部員として所属している山の会の 忘年山行に参加しました。
辰野町の小野から、霧訪山に登ります。

関東拠点の山の会なので、松本に移り住んでいる私とお友達以外は、
関東方面から遠路 車&電車で来てくれました。

久しぶりの面々に、なつかしく うれしい気持ちでいっぱいになりました。
中には、7年ぶりくらいの方も。

登山口手前にある駐車場までは、小野駅から車で 5分位でした。
小雪が舞う中、身支度をして早速出発です♪

d0032405_1931575.jpgd0032405_19332447.jpg









熊はもう冬眠に入っているはず・・・。

d0032405_19351878.jpg頂上近くに行くと、登山道の周りには、
雪が積もっていました。




d0032405_19384899.jpg登山口から1時間で、頂上へ到着です。
晴れていれば、360度のパノラマが
見えるとのことでしたが、あいにくの
曇り&雪でした。






頂上での昼食は寒すぎる!という意見が大半だったので、一気に下山し、
小野駅の待合室で、ステーションビバーク(ステビ)ならぬ、
ステーションランチ(ステラン)をすることに。

下山時は、念のため軽アイゼンをつけました。
軽アイゼン使うの10年ぶりかも・・・。
装着に手惑いましたが、やはりアイゼンをつけると、
安心感が断然違います。
持ってきてよかったあ。ストックは忘れたけど・・・。

ステラン時の話題は、山の話、スキーの話、温泉の話、
お酒の話、某A建築士の話などなど。
久々に会ったのに、全く違和感なく、以前と変わらない
快適で楽しい時間を過ごす事ができます。

膝を痛めてから、山をご無沙汰していたのですが、
1時間の山とはいえ、 久々に登山をして、山への気持ちを
思い出しました。
来シーズンの完全復活を目指して、足を鍛えなくちゃ。

関東組の方々にとっては、かなり寒い山行だったようですが、
松本組には、結構平気でした。
やっぱり、体が寒冷地仕様になっているんですね。
うれしいです♪
[PR]
by sai__sai | 2005-12-11 19:58 | | Comments(6)