浅間温泉:目の湯

先日、仕事が終わってから、近所に住むお友達と
「目の湯」へ行きました。
とってもレトロな温泉旅館で、平日は日帰り入浴が可能です。
私達のお気に入り温泉です。

夏来た時よりも たくさんの湯の花が、浮いていました。

地元のおば様達もよく来ていて、お泊りのお客さんよりも
堂々としています。
もちろん、私と友人もそうなんですが。
あっ、他の人から見れば、もしかして、私も
れっきとした 「地元のおばさん」かぁ。ガーン。
それもまあ、いいか・・・。

のんびりと露天風呂に入ながら、ずーっと
おしゃべりしていました。
こんな時は、ココに移って来て 本当に良かったなぁ、
と、じみじみ思います。

d0032405_2214557.jpg温泉表示もレトロ・・・。
まさに、目の湯という感じ。






温まったせいか、帰宅すると すぐに 爆睡してしまいました。
[PR]
by sai__sai | 2005-10-20 22:14 | 温泉 | Comments(4)

学生時代からのお友達が 遊びに来てくれました。
10年ぶりに母校の構内を歩いたり、彼女がバイトしていた
お店で夕食を食べたり、以前住んでいた辺りを歩いたりと、
なんだか とっても懐かしくて 不思議な気分になりました。

でも、その全てのノスタルジックな気分を打ち破いたのは、
学生時代、私と友人が通っていた 浅間温泉にある公衆温泉
浴場の 「港の湯」 です。
当時から お湯が熱いのは認識していましたが、あそこまで
熱湯だったとは・・・・・呆然。

まず、シャワーが熱いです。
髪を洗うのに、頭にお湯をかけると、頭が軽くやけど状態。
そして、髪を伝って 背中や足に落ちるお湯も、まだ熱湯のまま。
ちなみに、シャワーの温度は調節不可能です。

次に、湯船のお湯。
これがまた、信じられないくらいの熱湯。
まず、つま先から慣らそうとしたけど、慣れるはずもなく、
しばらくして 熱さが痛みに変わりました。

しょうがないので、思い切って全身を入れてみると、心臓が
止まるかと思われる程の熱さ!

私が湯船に入る瞬間を見ていた友人によると、私は
「声にならない絶叫」(だっけ?) を あげていたそうです。
できるだけ、皮膚がお湯にあたる面積を少なくして入って
いましたが、少しで動くだけで 更に熱い。

友人は 1年、私は 4年も、港の湯に通っていたのですが、
一体どうやって この熱湯につかっていたのか、大きな謎&驚きです。
なんで当時、熱湯我慢大会とかに 出ておかなかったんだろう。
絶対優勝できたはず・・・。

d0032405_191423.jpgおまけ
[PR]
by sai__sai | 2005-09-18 19:00 | 温泉 | Comments(6)

浅間温泉:仙気の湯

昨夜は 無理をしすぎたのが、今朝は4時に目が覚めてしまいました。
まだ、ワインが体に残っているような・・・(T_T)。
お酒も、勇気も、too much はいけませんね。
ほどほどが大切だと、実感しました。

ふと思いたって、散歩も兼ねて 朝風呂に行く事にしました。
学生時代に通っていた、浅間温泉の公衆浴場 港の湯に
行こうと思ったのですが、予想以上に早く着いてしまい、
開くまでに10分あったので、もう少し歩いて、仙気の湯に
行きました。

仙気の湯は初めてです。
加温&循環式から、かけ流しになって、お湯はそんなに熱くないと、
聞いていたのに、十分アチアチでした。
この程度で熱いと感じるようでは、もっと熱いはずの港の湯には、
入れないかも。
サンダルを履く時に、足が真っ赤になっておりました。

朝の散歩は、予想以上に楽しく、気持ちの良いものでした。
色んなお家の庭や畑などを、じっくり観察できたし、
意外な発見などもありました。
早起きした日には、また散歩&朝風呂に出かけたいと思います。

d0032405_7473770.jpg



←次回の朝風呂は、港の湯へ行く予定。
[PR]
by sai__sai | 2005-07-03 07:48 | 温泉 | Comments(0)

美ヶ原温泉:白糸の湯

美ヶ原温泉 白糸の湯に行きました。

気軽に行けるので よく利用するのですが、いつも混んでいて、洗い場を
確保するのが、至難の業です。

地元のおば様方が、つま先から頭まで、全身が真っ赤になるほど、
恐ろしい執念でもって、ゴシゴシと長時間洗っているからだ、
と私は信じています。
たまに、「そこ さっき既に洗ったじゃないですか!」 とつっこみを
入れたくなります。

いつも湯船につかりながら、洗い場が空くのを虎視眈々と狙って
いるのですが、一度湯当たりしたのか、立ちくらみで倒れそうになりました・・・

今夜は、体や髪を洗う平均時間を トリビア で調べてもらいたいなぁ、
と考えながら、湯船につかっておりました。

美ヶ原温泉
[PR]
by sai__sai | 2005-05-28 23:15 | 温泉 | Comments(6)

崖の湯:薬師平茜宿

オイル交換と洗車を 午前中に済ませて、午後には暇そうな(失礼)近所の友人を誘って、
崖の湯 薬師平茜宿へ行きました。

お湯はあまり特徴がないのですが、民芸調のロビーと、展望露天風呂が好きです。
露天風呂は、展望があり 気持ちが良く、陽だまりの中 うたた寝しそうになりしました。
ふわふわと たんぽぽの綿毛が飛んできたりと、幸せな気分でした。
自分の庭で飛びまくっている綿毛には、ムッとしているのですが、不思議なものです。

d0032405_20265239.jpg


夕方に行ったお店で、つきだしに 偶然こしあぶらの
天ぷらが出て、やっと食べることができました!
とってもおいしかったです。





薬師平茜塾宿
[PR]
by sai__sai | 2005-05-15 20:33 | 温泉 | Comments(4)

浅間温泉:目之湯

仕事を終えてから、友人と浅間温泉にある目之湯へ。

古びた感じで、風が吹くと窓がカタカタ言ったり、
幽霊が出そうだったりしますが、ひなびた感じが素敵な温泉旅館です。

日帰り湯は平日のみ可能なのですが、いつも地元の人がのんびりと
温泉につかっています。
湯当たりで倒れそうになるくらい、のんびり たっぷりお湯を頂きました。

今、目之湯のHPを調べてみたら、日帰り入浴用の回数券が存在していることが
わかりました。 温泉旅館なのに・・・
不思議な感じですが、さすが目之湯と 何故だか納得。

温泉の後は、「赤いピアノ」 で、豆腐ステーキ定食。
何年ぶりだろう・・・学生の頃は良く行きました。
「赤ピー」 と略していたっけ。なんだか気恥ずかしいような気分です。

目之湯
赤いピアノ
[PR]
by sai__sai | 2005-04-29 00:12 | 温泉 | Comments(0)

葛温泉:かじか

大町葛温泉にある 温宿かじか荘で 温泉&お昼をいただきました。

あいにくの雨だったけど、2 回目のかじか荘もやっぱり素敵です。
以前行った時とは、男女のお風呂が入れ替わっていました。
前回の方が、露天風呂の開放感があったような感じ。
ここは、内湯と外湯の源泉が違っています。
外湯の方が匂いもあって、湯の華もいっぱいです。
外はまだ雪景色で、きもちよかったぁ。
新緑や紅葉の時期も、すごくいいだろうなぁ・・・・・。

お昼は、どこか別の場所で食べるつもりだったけど、雨だし面倒になって
かじかで ざる蕎麦を食べることにしました。 

今度は新緑の季節に また来ようと思います!
[PR]
by sai__sai | 2005-04-02 19:00 | 温泉 | Comments(0)