カテゴリ:徒然( 393 )

朝から雨。
一日はっきりしない天気のようなので、山ではなく町へ出かけました。

来週末で終わってしまう 草間彌生「永遠の永遠の永遠」展へ。

d0032405_22382064.jpg



d0032405_22383573.jpg



d0032405_22391147.jpg



d0032405_22393696.jpg



d0032405_22411822.jpg



d0032405_22414449.jpg



d0032405_22423398.jpg



たくさんの人が楽しそうに一緒に写真を撮っていました。
d0032405_22425085.jpg



d0032405_22451878.jpg




以前、深志高校の北側で営業されていたチャイナスパイスさんが、
新たな場所でお店を再開された、との記事をネットで見かけたので
お昼を食べに行ってみました。

ただ、わかっていたのは、「大手4丁目」「東町」ということだけ。
「東町」がどこなのか知らず、みどり町辺りからウロウロ探し始めます。

15分くらい探して奇跡的に発見!
ひづきやヒカリヤを北に行ったところにありました。

お昼は定食のみということで、麻婆豆腐定食をいただきました。
改めて夜にも出かけたいと思います

d0032405_2302539.jpg




今回お店を探して気づいたのですが、いろんなところで中華料理の香りが
ただよっていました。
香りにつられて 「こっちかも?」 なんて思ったりして、楽しかったです。


チャイナスパイス食堂
松本市大手4-12-11
エメラルドビル1F
0263-34-5012
[PR]
by sai__sai | 2012-10-28 22:00 | 徒然 | Comments(0)

d0032405_22393558.jpg



d0032405_22441690.jpg



d0032405_224104.jpg



d0032405_22412476.jpg



d0032405_22415529.jpg




めずらしくペース配分がうまくいって、夕方に頭が痛くならずに済みました。
最初はやはり早いペースで飲んでしまいましたが、途中で中休みして調整!

今年もワインとおしゃべりを楽しみました。
[PR]
by sai__sai | 2012-10-27 22:19 | 徒然 | Comments(0)

sabou しが むすびや

旧四賀村にある sabou しが むすびやさんへ。

むすびやさんは松本市街地にあった頃に行ったことがありましたが
四賀にお引越しされてからは、初めてです。
すばらしく素敵な古民家でした。

d0032405_2134111.jpg



お料理はゆっくりと出てきますので、素敵な空間をのんびり過ごします。
d0032405_21343218.jpg



酵素玄米おむすび、とってもおいしかったです。
d0032405_21344734.jpg



d0032405_2135052.jpg


[PR]
by sai__sai | 2012-09-22 22:00 | 徒然 | Comments(0)

金環日食

三日月型の影

d0032405_23455781.jpg
[PR]
by sai__sai | 2012-05-21 22:00 | 徒然 | Comments(0)

美ヶ原温泉 地酒めぐり

行ってみたかった 美ヶ原温泉のイベント、地酒めぐりへ。
(5月11日~13日、15 ~17時)

1,000円(宿泊者は500円)で、ぐい呑みと通行手形をもらい
参加旅館の中から 6ヶ所を選び お邪魔します。

それぞれで違った地酒とおつまみをいただきます。

和泉屋善兵衛
d0032405_23472043.jpg



いきなり素敵なおつまみです!
チーズもニジマスの燻製もおいしかったです。
すべて手作りとのこと。 すべておいしかったです。
いただいたのは、山精酒造 特別純米酒。 すっきりして飲みやすくておいしかったです。
d0032405_23481776.jpg



ゆたかや
チーズ豆腐がとてもおいしかったです。
ゆたかやさんによると、いつもに比べて人が少なく静かめとのこと。
せっかくのイベントがなんだかもったいないような。
d0032405_23514290.jpg



月の静香
d0032405_2354719.jpg



追分屋旅館
d0032405_23543382.jpg



d0032405_23545369.jpg



大西荘
こちらも豪華なおつまみ!
d0032405_23551964.jpg



おつまみはありませんでしたが、旅館すぎもとでいただいた 笹井酒造 笹の誉 ひとごごちが
濃厚でフルーティーで 私にとっては一番おいしかったです。

「おいしかった」ばかりですが、おいしいものに対して他の表現が見つからない・・・。
とくかくおいしかったです。
もっと色々な地酒を飲んでみたくなりました。

ほろ酔いの帰り道。
このまま歩いてラーメンを食べに行きました。
ラーメンもおいしかった!
d0032405_051295.jpg


[PR]
by sai__sai | 2012-05-13 22:00 | 徒然 | Comments(0)

たけのこご飯

職場にある小さな小さな竹林で取れたタケノコをいただきました。
同僚のアドバイスを元に、タケノコのアク抜きに初挑戦。
炊き込みご飯を作ってみました。
d0032405_21333485.jpgd0032405_21334664.jpg
[PR]
by sai__sai | 2012-05-03 22:00 | 徒然 | Comments(0)

いったん帰宅しましたが、明日が雨の予報かと思うと
そわそわしてしまい、また桜を見に出かけました。

薄川沿いを散歩。
河川敷では花見の宴会が盛り上がっていました。
おいしそうな香りがいっぱい。

上流の方は比較的のんびりした感じです。

d0032405_1135023.jpg



弘法山へ行こうと思いましたが、手前の千鹿頭(ちかとう)池へ。
初めて行きました。
桜は多くありませんが、静かで落ち着いていて穴場かも知れません。

d0032405_1162898.jpg



池の周りに遊歩道があり、散策することができます。
d0032405_1164344.jpg



展望台もあり登ってみました。
アルプスはぼんやりしていましたが、気持ちのいい眺めでした。
今度は千鹿頭池神社の方へも行ってみたいと思います。

昔は 春というとちょっぴり憂鬱な気分になる季節だったのですが、
今は暖かくなって花が咲くというだけで嬉しくてしょうがありません。

冬の寒さのおかげで 春を心から楽しめるようになりました。

d0032405_11362643.jpg


[PR]
by sai__sai | 2012-04-21 23:54 | 徒然 | Comments(0)

早めの送迎バスで 関東へ戻る 2人を見送って、
一緒に残ったお友達とまたお風呂へ。
10時のチェックアウト後も、12時までお風呂に入ることができ便利でした。

13時30分出発のバスの時間まで、王ヶ鼻まで歩いて出かけました。

爺ヶ岳、鹿島槍、五竜
d0032405_2351373.jpg



妙高、火打らしいのですが、どれがどれかわからず・・・
d0032405_2355211.jpg



槍、常念
d0032405_2361795.jpg



d0032405_2363144.jpg



乗鞍
d0032405_2364939.jpg



松本平
d0032405_2371183.jpg


[PR]
by sai__sai | 2012-02-08 22:00 | 徒然 | Comments(0)

ホテルに宿泊すると、雪上車に乗せてもらえます。
朝食、朝風呂の後は、雪上車で美しの塔へ。
往復30分のお楽しみです。

d0032405_21475521.jpg



予想以上のスピードで迫力がありました。
南極大陸でも使われているタイプらしいですが、
どんな雪道も どんどん行けそうです。
d0032405_2148989.jpg



d0032405_2149168.jpg



後ろは北アルプス
d0032405_21493239.jpg


[PR]
by sai__sai | 2012-02-06 22:00 | 徒然 | Comments(0)

山の会のお友達に 王ヶ頭ホテルに誘っていただきました!
ずっと行ってみたかったので、とても楽しみにしていました。

冬期は自家用車では上がれないので、松本駅、又は山辺ワイナリーから
ホテルの送迎バスを利用します。
バスの中はワクワクした雰囲気でいっぱい。

途中未舗装の林道に入りますが、雪が積もっているおかげで
大きな揺れはありませんでした。

美ヶ原の台上に上がると、真っ白。
ホテルには大きなつららがたくさんついていました。
明日は天気が回復しそうで楽しみです。

ホテルの中は快適で、のんびりゆったり過ごせる工夫がたくさんありました。

d0032405_23125536.jpg



d0032405_2313288.jpg



窓にできる霜の華
d0032405_1235593.jpg



d0032405_23135672.jpg



d0032405_231417100.jpg



d0032405_23142887.jpg


[PR]
by sai__sai | 2012-02-04 22:00 | 徒然 | Comments(0)