台上散歩

美ヶ原高原へ散歩にでかけました。

王ヶ鼻から松本の町。
山に入り込んでいるところは、入山辺。
d0032405_2341549.jpg



d0032405_23114796.jpg



d0032405_2361934.jpg



馬がいるのを初めて見た気がします。
牛を追っかけてました。
d0032405_2363314.jpg



凛々しい。
d0032405_23243171.jpg


[PR]
by sai__sai | 2011-09-25 22:00 | | Comments(0)

長野古本屋めぐり

お友達に誘われて、長野(=長野市)の古本屋さんめぐりへ。
最近、長野では新しい古本屋がオープンしているそうです。

同じ県ながら遠い長野。
旅行気分でのんびり電車で出かけました。



遊歴書房
http://www.yureki-shobo.com/
高くて丸い素敵な本棚に人文科学系の本もたくさんあり、胸がときめきます。
学生時代に手に取った本もちらほら。



Book & Cafe ひふみよ
http://bookcafe1234.naganoblog.jp/
2階がカフェになっていて、あまりの快適さにあやうく昼寝してしまうところでした。
ちゃぶ台はこたつにもなるようです。 昼寝の危険度が増しますね・・・。

d0032405_23224470.jpg



d0032405_23225762.jpg





こまつや
http://komatsuya.naganoblog.jp/
ランチはずっと行ってみたかった、こまつやでパスタ。
ランチセットのドリンクには、ワインやスプリッツァーも選べます。
電車だとアルコールも飲めることに感激。



長野・門前暮らしのすすめ
http://monzen-nagano.net/
善光寺門前町の空き家を、積極的に活用しようという動きがあり
とても素敵だなあ、と思いました。

松本の町なかも空き家を見かけるので、同じような活動があればいいのになあ。
[PR]
by sai__sai | 2011-09-24 22:00 | 徒然 | Comments(0)

燕岳

04:00 自宅
05:15 中房温泉 安曇野市営第3駐車場 05:50
07:25 富士見ベンチ
07:50 合戦小屋
08:40 燕山荘
09:10 燕岳頂上 09:20
09:50 燕山荘 10:50
11:30 合戦小屋
11:50 富士見ベンチ
13:20 中房温泉

標高: 2,763m
標高差: 約1,310m
登り: 3時間20分
下り: 3時間


台風一過の三連休初日ということもあり、登山口はたくさんの人で
にぎわっていました。
駐車場は もう少し遅ければいっぱいになっていたかも。

残念ながら私は日帰りでしたが、みんな泊まりや縦走の様子で重そうなザックばかり。
いいなあ・・・うらやましい限りです。
d0032405_2246770.jpg



d0032405_22464031.jpg



合戦小屋を過ぎてしばらくすると、槍が見えました。
槍を見るとなんでこんなにテンションが上がるのでしょうか。
d0032405_22465630.jpg



燕山荘も見えてきました。
d0032405_22475577.jpg



燕山荘前から槍。
d0032405_22483667.jpg



そのまま燕の頂上を目指します。
途中小屋を振り返って。
d0032405_22492326.jpg



d0032405_22501251.jpg



霧が出てきてかなり寒くなりました。
頂上には長居せず、小屋でゆっくりさせてもらうことにします。
d0032405_22505539.jpg



霜柱も。
d0032405_22515363.jpg



美しい花崗岩(イルカ岩)。
d0032405_236616.jpg



燕山荘でケーキセットをいただきます。
d0032405_22521448.jpg



ゆっくりお茶を楽しんだ後は、燕とお別れ。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
今度はきっと縦走で来るからねー。
d0032405_225250100.jpg


[PR]
by sai__sai | 2011-09-23 22:00 | 北アルプス | Comments(2)

05:30 日の出
05:45 赤岳頂上
06:30 中岳
06:40 中岳のコル
07:05 阿弥陀岳 07:20
07:45 中岳のコル
08:30 行者小屋 08:45
10:15 美濃戸


赤岳頂上で日の出を待ちます。
d0032405_23375475.jpg



d0032405_23381940.jpg



d0032405_23382974.jpg



赤岳頂上山荘
布団をひとり一枚もらえて快適でした。
食堂からの景色も最高。
d0032405_23391585.jpg



d0032405_23534963.jpg



阿弥陀へ向かう途中、赤岳をふりかえって。
d0032405_23403962.jpg



いよいよ阿弥陀の岩場に!
登りは苦労したけど、下りが予想以上に楽でした。
d0032405_2343328.jpg



阿弥陀岳頂上
d0032405_23434437.jpg



富士山、権現、南アルプス
d0032405_23441822.jpg



穂高、槍
d0032405_23451488.jpg



美しい霊峰御岳
d0032405_2345509.jpg



行者小屋経由で美濃戸に戻ってきました。
北沢コースから登って、南沢コースから下りてきました。
d0032405_23464434.jpg


[PR]
by sai__sai | 2011-09-19 22:33 | 八ヶ岳 | Comments(0)

03:50 自宅
05:15 美濃戸 5:50
07:25 赤岳鉱泉 07:35
09:00 硫黄岳頂上 09:20
09:40 硫黄岳山荘 09:50
10:30 横岳 無名峰
11:35 赤岳展望荘 11:50
12:30 赤岳頂上/赤岳頂上山荘泊まり

赤岳標高 2,899m
標高差 約1,130m
登り 約6時間40分


去年、硫黄岳から見た赤岳への稜線にやっと来ることができました。
これから目指す山、横岳&赤岳&阿弥陀岳。
d0032405_21183776.jpg



d0032405_22323443.jpg



d0032405_21272564.jpg



横岳 無名峰
d0032405_21215257.jpg



次は赤岳へ。
富士山がとてつもなく綺麗でした。
d0032405_212374.jpg



d0032405_2127565.jpg



赤岳頂上
d0032405_21285299.jpg



d0032405_21293071.jpg



明日登る阿弥陀岳。
後ろには御嶽山。
d0032405_21372422.jpg



夕焼け
d0032405_21441779.jpg



d0032405_21443477.jpg


[PR]
by sai__sai | 2011-09-18 21:57 | 八ヶ岳 | Comments(2)

木曽駒ヶ岳&宝剣岳

05:50 自宅
07:10 駒ヶ根菅の台駐車場
バス&ロープウェイ

08:10 千畳敷 08:30
09:10 乗越浄土
09:30 中岳
09:50 木曽駒ヶ岳頂上 10:20
10:50 宝剣山荘
11:05 宝剣岳頂上
11:50 極楽平
12:10 千畳敷

木曽駒標高: 2,956m
宝剣標高: 2,931m
標高差: 約344m
千畳敷-木曽駒: 1時間20分
木曽駒-宝剣: 45分
宝剣-千畳敷: 1時間5分


平日休みをとって木曽駒&宝剣へ出かけました。

ハチに刺された足はまだ多少はれていましたが、登山靴を履くことができたので
せっかくの平日休み&久々の晴天に思い切って出かけました。

青い空にワクワクします。
千畳敷より上に行くのは初めてです。
d0032405_8302058.jpg



雲海の向こうに南アルプス&富士山
d0032405_83142100.jpg



木曽駒に向かう途中で、宝剣、天狗荘、宝剣小屋を振り返って。
d0032405_8325660.jpg



木曽駒頂上
d0032405_8333342.jpg



木曽側と伊那側に2つの神社があります。
両側の谷に大切にされてきた山なんでしょうね。

木曽側
d0032405_8345249.jpg



伊那側
d0032405_8351783.jpg



御岳
d0032405_8361580.jpg



乗鞍
d0032405_8364015.jpg



穂高連峰
d0032405_8365235.jpg



足の調子もいいので、予定通り宝剣にも挑戦。
帰りは中岳の巻き道を行きました。
途中岩場もありましたが、注意すれば大丈夫でした。
巻き道を振り返って。
d0032405_9371491.jpg



宝剣山荘の横から宝剣岳へ。
岩場が続きます。
へっぴり腰 その1
d0032405_938369.jpg



宝剣岳頂上
d0032405_939928.jpg



へっぴり腰 その2
d0032405_1073886.jpg



極楽平に向かう途中から、宝剣を振り返って。
d0032405_9415186.jpg



千畳敷ホテルが下に見えます。
雲が多くなってきました。
d0032405_9423031.jpg



へっぴり腰 その3
どうやっておりたらいいか、考え中。
d0032405_94329100.jpg



宝剣から極楽平への岩場の方が長くて大変なので、
こちらを登りに使う方が多いようです。
私は足の様子を木曽駒で見てからにしたかったので、逆ルートです。

へっぴり腰 その4
d0032405_94577.jpg



岩場が終わると快適な稜線歩きでした。
このまま空木岳まで行きたい気分。
d0032405_94601.jpg


[PR]
by sai__sai | 2011-09-14 22:00 | 中央&南アルプス | Comments(0)

光城山 33 ハチ刺され

そばの花がたくさん咲いています。
もうすぐ新そばの季節です。
d0032405_2253589.jpg



田んぼをやっている職場の方々に聞くと
今週末、来週末と稲刈りの方が多いようです。
d0032405_2281412.jpg




どうやら今はハチの多い季節でもあるそうです。
生まれて初めてハチに刺されました。

先週末は山に行けなかったこともあり、日曜日も光城山へ。
2往復しようと決めていました。

2往復目を登り始めてしばらくすると、左の足にあつくてすごい痛みを感じました。
びっくりして足元を見ると、靴と靴下の間にハチ(多分アシナガバチ)が
入り込んでいました。

結局 2往復目は 5分の登りで終了。

刺されたところは赤く腫れてかゆ痛いといったらありません。

2日後には、刺された周囲が真っ赤に腫れて
くるぶしも見えなくなって ゾウの足みたいになりました。

お医者さんによると数日後にひどく腫れることも多いそうです。

痛いし、かゆいし、足はゾウだし・・・
ハチに刺されるってこんなに大変なんですね。
全くわかっていませんでした。

職場で色々聞いたところ、男の人は子供の頃に結構ハチ刺されを経験しているようです。

「え?初めて刺されたの?」 なんて驚かれたり。
普通経験しているものなんでしょうか???

子供のころよく地バチを取り、お母様がハチ料理得意(!?) という同僚も
何度も刺されているそうです。(当たり前か・・・)

スズメバチに刺されて点滴受けた人もいました。

光城山には、スズメバチの巣についての注意書きも出ていました。
今後はもっと服装に気をつけようと思います。
[PR]
by sai__sai | 2011-09-11 22:18 |

泊まり用ザックを新調しました。

MILLET のザック を気にいって使っていましたが、15年位たっており
内側のコーティングがはがれてしまっています。

先日の爺ヶ岳でも、このザックを使っている登山者を見かけて嬉しくなったり、
慣れた背負い心地にかなりの未練もあり、しばらくは捨てられそうもありません。

新しいザックには OSPREY を考えていたのですが、お店で実際に
背負ってみると自分にはどうも合わない感じ。
結局、deuter にしました。

靴もそうですが、このメーカーにしよう!と決めてお店に行っても
実際に試してみると必ずしもしっくり来る訳ではないんですよね。

6kg 位入れて、光城山で初めて使ってみました。
お店で試した時より中身が軽いためが、ちょっと違う印象。
慣れていきたいと思いますが、問題はあまり泊まりで山に行けないこと・・・。

d0032405_20433635.jpg



登り30分の里山で使うには、完全にオーバースペックで恥ずかしかったですが、
トレーニングのためか、大きなザックを背負っている方を
たまに見かけるので大丈夫でしょうか。

安曇野の町。
稲刈りの季節です。
雲の中には先日登った爺ヶ岳があるはず。d0032405_2054090.jpg



d0032405_20544266.jpg



d0032405_20545269.jpg



紅葉にはまだまだ早いですが、色が変わり始めた葉もありました。
d0032405_20555612.jpg


[PR]
by sai__sai | 2011-09-10 21:04 |