スノーシューで聖山

筑北三山のひとつ、聖山へ。

09:30 自宅
10:40 三和峠(駐車場所) 11:00
13:00 聖山頂上
14:00 三和峠

標高: 1,447m
標高差: 約247m
登り: 2時間
下り: 1時間

山にまた新しい雪がつきました。

先にも後にも誰にも会わず、さらさら&ふわふわの
新雪の上をスノーシューで歩きました。

案内標識がほとんどなく、地図とコンパスなしでは難しいルートでした。

d0032405_222536.jpg



d0032405_224873.jpg



真っ白
d0032405_22254050.jpg



d0032405_22255473.jpg



とにかく真っ白
d0032405_22263356.jpg



頂上も真っ白。
晴れていれば展望のよい頂上だそうです。
d0032405_22271555.jpg



オレンジ星人
d0032405_22273228.jpg


[PR]
by sai__sai | 2012-02-26 22:00 | | Comments(0)

光城山 50

午後遅めの時間に光城山へ。

登り始め雪はありませんでしたが、上の方へ行くと雪がしっかり残っていました。
ザックを重くしていたこともあって、バランスを取るのに苦労しました。

d0032405_2230502.jpg



春のきざしを探しますが、見つからず・・・。
あ、日は確実に長くなっています!

d0032405_2240094.jpg


[PR]
by sai__sai | 2012-02-19 22:00 | | Comments(2)

今度は歩いて王ヶ鼻

王ヶ鼻に今度は歩いて登ってみました。

08:00 自宅
09:20 桜清水茶屋手前 (駐車箇所)
09:35 桜清水茶屋 (登山口)
11:40 王ヶ鼻 12:10
13:25 桜清水茶屋 (登山口)
13:40 桜清水茶屋手前 (駐車箇所)

王ヶ鼻標高: 2008m
標高差: 約658m
登り: 約 2時間
下り: 約 1時間15分

三城牧場と桜清水茶屋への分岐までは、意外にも
しっかり除雪がされており、塩カルもまかれていました。

問題は分岐から桜清水茶屋への道。
硬い雪で轍ができていて 大変でした。

d0032405_23244383.jpg



登山口までは知っているはずの道だったのですが、
慣れた感じの飛ばす車 2台に道をゆずったあと
途中までついていってしまい、道を間違えました・・・。

方向が違うことに気づいて引き返しましたが、
どうも猟師さんだったようです。

道路の雪の状態が悪かったため、桜清水茶屋まで車で行くのはあきらめ、
少し手前で駐車して 登山口まで 15分程歩いて行きました。

目指す王ヶ鼻(のはず)
d0032405_23333935.jpg



桜清水茶屋の反対側にある登山口
d0032405_2334786.jpg



d0032405_2335497.jpg



トレースはついていましたが、今日入った人はいない様子。
ところどころに標識とリボンがありましたが、トレースがないとちょっと厳しいかも。
鹿のトレースも多々あり、です。
d0032405_23351963.jpg



d0032405_23353371.jpg



松本平。山に入り込んでいるのは入山辺。
d0032405_23383530.jpg



d0032405_2339778.jpg



d0032405_23392045.jpg



王ヶ鼻に人がいるのが見え、びっくりさせないように登りました。
d0032405_23401259.jpg



後ろには電波塔と先週泊まった王ヶ頭ホテル
d0032405_23404227.jpg



d0032405_23405999.jpg



先週と同じ場所から。
d0032405_23412939.jpg



登り始めるまでに予定より時間がかかってしまい
12時まで到着しなければ、引き返すつもりでしたが、
なんとか着いてほっとしました。

町からいつも見上げている王ヶ鼻に 冬に登ることができ感慨深かったです。
[PR]
by sai__sai | 2012-02-12 22:00 | | Comments(0)

早めの送迎バスで 関東へ戻る 2人を見送って、
一緒に残ったお友達とまたお風呂へ。
10時のチェックアウト後も、12時までお風呂に入ることができ便利でした。

13時30分出発のバスの時間まで、王ヶ鼻まで歩いて出かけました。

爺ヶ岳、鹿島槍、五竜
d0032405_2351373.jpg



妙高、火打らしいのですが、どれがどれかわからず・・・
d0032405_2355211.jpg



槍、常念
d0032405_2361795.jpg



d0032405_2363144.jpg



乗鞍
d0032405_2364939.jpg



松本平
d0032405_2371183.jpg


[PR]
by sai__sai | 2012-02-08 22:00 | 徒然 | Comments(0)

ホテルに宿泊すると、雪上車に乗せてもらえます。
朝食、朝風呂の後は、雪上車で美しの塔へ。
往復30分のお楽しみです。

d0032405_21475521.jpg



予想以上のスピードで迫力がありました。
南極大陸でも使われているタイプらしいですが、
どんな雪道も どんどん行けそうです。
d0032405_2148989.jpg



d0032405_2149168.jpg



後ろは北アルプス
d0032405_21493239.jpg


[PR]
by sai__sai | 2012-02-06 22:00 | 徒然 | Comments(0)

日の出は 6:45分頃ということで、多くの人がホテル前で出ていましたが、
残念ながら 真っ白でその瞬間を見ることができませんでした。

日の出を待つ人々
d0032405_1274985.jpg



霧氷
d0032405_128248.jpg



日が出てしまってから霧が晴れ、周りの山々が姿を見せてくれました。
太陽の右が八ヶ岳、その右奥が富士山
d0032405_12113630.jpg



雲海と北アルプス
d0032405_12133254.jpg



雲海と穂高、槍、常念
d0032405_1214977.jpg



根子岳と四阿山
d0032405_12153231.jpg



白馬方面の山々
d0032405_12155843.jpg



南アルプス
d0032405_12274463.jpg



中央アルプス
d0032405_12163017.jpg



御嶽山
d0032405_12164946.jpg



浅間山
d0032405_1218543.jpg



窓の外には大きなつららがいっぱい。
南館の部屋からは八ヶ岳、富士山、南アルプス、中央アルプス、御嶽が見えました。
d0032405_12201078.jpg


[PR]
by sai__sai | 2012-02-05 22:00 | Comments(4)

光城山 49

王ヶ頭ホテルのネタはまだ続きますが、王ヶ頭から戻ってきてから
光城山へ。

久々に北側の登山道から降りていたら、
あまりみかけない足跡が!

熊???
いや、まだ冬眠中のはず。

d0032405_14372811.jpg













しばらく歩くと、前を大きなワンちゃんを連れた方が・・・。
よかった。
足跡は おりこうなワンちゃんのものでした。
[PR]
by sai__sai | 2012-02-05 22:00 | | Comments(0)

山の会のお友達に 王ヶ頭ホテルに誘っていただきました!
ずっと行ってみたかったので、とても楽しみにしていました。

冬期は自家用車では上がれないので、松本駅、又は山辺ワイナリーから
ホテルの送迎バスを利用します。
バスの中はワクワクした雰囲気でいっぱい。

途中未舗装の林道に入りますが、雪が積もっているおかげで
大きな揺れはありませんでした。

美ヶ原の台上に上がると、真っ白。
ホテルには大きなつららがたくさんついていました。
明日は天気が回復しそうで楽しみです。

ホテルの中は快適で、のんびりゆったり過ごせる工夫がたくさんありました。

d0032405_23125536.jpg



d0032405_2313288.jpg



窓にできる霜の華
d0032405_1235593.jpg



d0032405_23135672.jpg



d0032405_231417100.jpg



d0032405_23142887.jpg


[PR]
by sai__sai | 2012-02-04 22:00 | 徒然 | Comments(0)

トイレ凍る

今朝は、起きた瞬間 うまく息ができませんでした。
「さむっ!」

室温は マイナス 4 ℃。
どうりで。

家中が凍りついていて、トイレも水が流れなくなりました。

この日の最低気温は、マイナス 12℃ 位だったようです。
トイレも凍るはずですね。

この冬は寒い日が多いせいか、生まれて初めて 「しもやけ」 ができました。

足の指がかゆ痛くて、芋虫のような指の様子を友達に説明したら
それが 「しもやけ」 だと判明しました。

明日は立春。
春が待ち遠しいです。
[PR]
by sai__sai | 2012-02-03 22:00 | 徒然 | Comments(2)