若一王子祭り

白馬から松本に戻る途中、大町に立ち寄りました。

わちがいでお昼をいただいていると、若一王子祭りの流鏑馬が始まるとのこと。
せっかくの機会なので見学することにしました。

このお祭りは 700年の歴史があるそうです。
私達が見学したのは全体の一部ですが、素敵なお祭りでした。

大町の商店街はたくさん人でにぎわっていました。

各町から馬に乗った子どもの射手が集まってきて、
信濃大町駅前で的を射るのを見ることができました。

d0032405_22583639.jpgd0032405_22585080.jpg



子ども達がとてもかわくいて、そして凛々しかったです。

d0032405_22592436.jpg


[PR]
by sai__sai | 2013-07-28 22:00 | 徒然 | Comments(0)

八方池ハイキング

お友達に八方池までのハイキングに誘ってもらいました。
その日は白馬に泊まって、女子4人で のんびりお酒とおしゃべりです。

朝、あいにくの曇り空でしたが、明日の天気予報も怪しかったので
予定通りハイキングに出かけることにしました。
八方山荘手前まで下りてきたところで、雨が降り始めました。

お花がたくさん咲いていました。
急ぐ必要がないので、心おきなく足をとめることができました。

シモツケソウ                      ハクサンタイゲキ
d0032405_2214296.jpgd0032405_22144360.jpg



ウスユキソウ                      オトギリ
d0032405_22163832.jpgd0032405_2217386.jpg



大好きなチングルマの実
d0032405_22215553.jpgd0032405_22231492.jpg



コオニユリ
d0032405_2224540.jpgd0032405_22242894.jpg



d0032405_22283820.jpgd0032405_22284826.jpg



キンコウカ
d0032405_22314771.jpgd0032405_22294638.jpg



d0032405_22303594.jpgd0032405_22304679.jpg



白馬三山は雲に覆われていました。
八方池は 4回目(くらい?) ですが、白馬三山が見えていたのは、1回だけ・・・。
d0032405_2233235.jpgd0032405_22331279.jpg



トガクシコメグサ             ニッコウキスゲ
d0032405_22341587.jpgd0032405_22343571.jpg



お世話になったヒュッテニポポ
お友達が手配してくれました。
とても素敵な山小屋風のペンションでした。
d0032405_22464381.jpgd0032405_22465461.jpg



d0032405_2247472.jpgd0032405_22475865.jpg


[PR]
by sai__sai | 2013-07-27 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

焼岳

焼岳に中の湯から登りました。
前回は岐阜県側の中尾温泉から登っていて、こちらからは初めてです。

04:30 自宅
05:50 新中の湯登山口 06:10
08:30 焼岳頂上(北峰) 09:15
11:20 新中の湯登山口

標高(北峰): 2,393m
登り: 2時間20分
下り: 2時間05分

158号線を安房峠の方へ入って、中の湯温泉旅館を過ぎてしばらくすると
登山口駐車場があります。
d0032405_2133243.jpg



噴煙が見えました。
d0032405_213452100.jpg



乗鞍岳
d0032405_21355611.jpg



南峰
d0032405_21363367.jpg



d0032405_21371271.jpg



槍穂高連峰
d0032405_21381135.jpg



笠ヶ岳方面
左のとがったのが笠ヶ岳でしょうか???
d0032405_21384364.jpg



白山
d0032405_2139811.jpg



実際に登ってみると、前回上から見ただけの時の印象より
急な登りに感じました。
d0032405_21402185.jpg



d0032405_21404972.jpg


[PR]
by sai__sai | 2013-07-21 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

6:00 大天荘
8:30 燕山荘(燕岳往復) 9:30
10:00 合戦小屋
11:40 中房温泉登山口

昨夜は本当にすごい風でなかなか寝つけませんでした。
稜線のテント場ですから、当たり前と言えば当たり前ですが
今回も色々と勉強になりました。

少しガスっていますが、燕を目指して出発します。
d0032405_22332299.jpg



向かう稜線はこんな感じ。
d0032405_22335780.jpg



大天井岳と大天荘を振り返って。
d0032405_22342974.jpg



途中はコマクサがいっぱい。
白いコマクサを見つけました。
d0032405_22345828.jpg



ガスがとれて晴れてきました。
d0032405_22353644.jpg



槍の穂先も見えてきました。
d0032405_2236965.jpg



燕山荘と燕
d0032405_22375888.jpg



d0032405_22401080.jpg



晴れた状態でイルカ岩と槍を見れるとは思っていませんでした。
d0032405_22425643.jpg



d0032405_22442523.jpg



最終日に晴れてくれて、ご褒美をもらったような気分です。
d0032405_2245569.jpg



d0032405_22461252.jpg



燕山荘のテント場近くには雪が残っていました。
今年は雪がたくさん残っています。
d0032405_22462974.jpg



乗合バスの時間があったので、急いで下山しましたが
合戦小屋のスイカははずせません。
d0032405_22464516.jpg


[PR]
by sai__sai | 2013-07-15 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

05:20 蝶ヶ岳ヒュッテ
08:50 常念岳
10:00 常念小屋 10:30
13:10 大天荘 ⇔ 大天井岳

予報通り曇りの朝です。
日の出は見れませんでしたが、東の空に富士山、八ヶ岳、
南アルプスの稜線などがうっすらと見えました。

あの頂上にはたくさんの人がいるのでしょうか。
d0032405_22274795.jpg



常念に向かいます。
d0032405_2228316.jpg



蝶槍と近そうに見えて遠い常念
d0032405_22315987.jpg



ニッコウキスゲ
d0032405_22321921.jpg



麓からみて美しい三角錐の山だけあって、どちらから登ってもきついんですね。
d0032405_22324487.jpg



シャクナゲ
d0032405_22384959.jpg



やっと頂上へ。
穂高の稜線はやはり雲の中。
風が強いのですぐに常念小屋へ下ります。
d0032405_22392686.jpg



常念頂上から常念小屋への下りが、強風と吹きつける雨で本当に大変でした。
コースタイム45分のところ、1時間以上かかってしまいました。

ゴアの雨具のおかげでぬれませんでしたが、もしぬれた状態でこんな強風に
さらされたら恐怖です。
夏でも低体温症になるのがよくわかる気がしました。

強風ですっかりくじけてしまい、目の前にある横通岳への登りを進む気もせず
このまま一ノ沢に下りようかと迷いました。

横通岳の方から降りてきた人に様子を聞いたり、実際下山しようと
一ノ沢へ数メートル下り始めましたが、結局大天井まで行くことに。

雨がやみ、行動食を食べて落ち着いたこともあり、
様子を見ながら慎重に進むことにしました。

d0032405_22543849.jpg



横通岳、常念を振り返って
d0032405_22551085.jpg



大天井岳と大天荘がみえました!ほっとします。
d0032405_22572478.jpg



小屋から大天井岳頂上はすぐ近く。
テントを張って落ち着いてから登ってみました。
地図を見ていて初めて知ったのですが、大天井岳は松本市、安曇野市、大町市の
境になるようです。なんだか不思議。
d0032405_231462.jpg



相変わらずの天気で槍や穂高の稜線は雲に隠れていましたが、
秋に登ってすばらしかった烏帽子岳を見つけました。
d0032405_2325743.jpg



明日歩く燕への稜線です。
d0032405_2332626.jpg



「小屋に泊まります!」と言いたくなるくらい、大天荘は気持ちの良さそうな小屋でした。
しかもエビスビールが置いてあります!
d0032405_2342182.jpg



テント場の様子
d0032405_2351739.jpg



この夜が猛烈な強風で、今までで一番大変なテント泊となりました。
強風で一晩中テントが揺れまくり、ほとんど眠れない状態。

夜から朝にかけて荒れるものの 朝から天気が回復するとの予報を
よりどころにして、ひたすら夜が明けるのを待ちます。
[PR]
by sai__sai | 2013-07-14 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

夏山シーズンはテント泊の縦走からスタートです。

例年よりかなり早く梅雨明けした後、晴れの猛暑日が続いていたのに
なぜか 3連休の山の天気予報はいまいち・・・

天気と、しばらく山にでかけていない自分の体力を心配しつつ
初日はのんびり蝶ヶ岳まで登ります。

4:30 自宅
5:15 しゃくなげ荘登山者駐車場 5:25 (タクシーにて 5,000円)
5:45 三股登山者駐車場 5:55
6:15 三股登山口 6:20
7:50 まめうち平 8:05
10:30 蝶ヶ岳ヒュッテ

蝶ヶ岳標高: 2,677m

3連休初日で三股駐車場の混雑が心配だったことと、下山予定が中房温泉だったことから
しゃくなげ荘に駐車して三股まではタクシーで行くことにしました。

実際に行ってみると、路肩まで車でいっぱい。
タクシーの運転手さんによると 4時位で満車になっていたそうです。

また、タクシーの予約は 4日前にしたのですが、1社はいっぱいで断られ、
2社目で予約OK でした。
本当に混雑するんですね。

小雨が降ったりやんだりする中、登山開始。
お決まりの恐竜が迎えてくれます。
d0032405_22433934.jpg



雨の中登っていると途中で、下りてきた登山者に声をかけられました。
日帰りで登って下山中の知り合いでした。
登山道で知り合いに会うって嬉しいものですね。

サンカヨウ
d0032405_22442056.jpg



キヌガサソウ
d0032405_22444099.jpg



常念岳
前常念が横にあるため、普段見ている常念とは別の山に見えます。
d0032405_22463678.jpg



d0032405_22451458.jpg



槍、穂高の稜線は雲の中。
d0032405_22454982.jpg



蝶ヶ岳ヒュッテのテン場と、明日登る予定の常念岳。
10:30 に着いたこともあり、テン場には一番乗りでした。
d0032405_22503178.jpg



その後どんどんにぎやかになって、最終的には 60張りくらいだったと思います。
d0032405_22523079.jpg



時間がたっぷりあったので、長塀尾根方向へ散歩に出かけました。
雪渓の横にハクサンイチゲがたくさん咲いていました。
d0032405_22553696.jpg


[PR]
by sai__sai | 2013-07-13 22:00 | 北アルプス | Comments(0)