硫黄岳

05:40 自宅
07:15 美濃戸 07:35
09:10 赤岳鉱泉 09:40 (なんと道迷い・・・) 09:55 (再出発)
11:30 硫黄岳頂上 11:40
11:50 少し下りた所で休憩 12:00
12:40 赤岳鉱泉 13:00
14:00 美濃戸

美濃戸駐車場代(赤岳山荘) 1,000円

硫黄岳へ日帰りで出かけました。。
日曜は天気が崩れるようなので土曜にしました。

先週末は編笠山に登る予定でしたが、ひどい 2日酔いのためキャンセル・・・。
前の晩に学生時代の旧友と飲みすぎました。
途中から記憶がありませんが、相当楽しかったようです。

ただ、飲みすぎたことは激しく反省。
ということで、今週は 1滴も飲まずに今回の山に望みました。

初めて見た赤岳鉱泉のアイスキャンディ
今年は31日で終了だそうです。
d0032405_21321481.jpg



かなりの急登でバテます。
気温が高いだけあってグサグサですが、積雪は十分あります。
d0032405_2136944.jpg



過去に何度か雪崩が起きている赤岩の頭の下方を通る時は緊張しました。
慎重に、でも急いで通り過ぎました。

中央アルプス
d0032405_21323985.jpg



上に出てからもこんなに登ったっけ???
という感じでクタクタです。
d0032405_21335567.jpg



d0032405_21383373.jpg



横岳、赤岳、阿弥陀
d0032405_21384379.jpg



硫黄岳頂上
d0032405_21391119.jpg



硫黄の爆発火口
d0032405_21402471.jpg



蓼科山&天狗岳
d0032405_21393778.jpg



d0032405_21404962.jpg



d0032405_2141422.jpg



今回は美濃戸まで車で入りました。
北側斜面の斜度が急な箇所は、道路の氷が深い轍となっていて、
ハンドルを取られやすくかなり怖かったです。
しっかり積雪がある方が逆に運転しやすいのかも知れません。
[PR]
by sai__sai | 2014-03-29 21:42 | 八ヶ岳 | Comments(0)

天狗岳 (3月9日)

05:50 自宅
07:30 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場 08:00
09:30 黒百合ヒュッテ 09:50
--- 中山峠経由---
10:55 東天狗
11:15 西天狗 11:25
--- 天狗の奥庭経由---
12:15 黒百合ヒュッテ 12:35
13:35 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場

渋御殿湯
駐車場代 1,000円
(先に受付をしてから、駐車場所を指定してもらいます)


今年も天狗岳へ。

去年3月末に初めて積雪のある天狗岳に登った時は
かなり緊張していたと記憶しているのですが、
今回は落ち着いて楽しむことができました。

黒百合ヒュッテ
d0032405_21424085.jpg


団体さんもいたりして、かなりにぎわっています。
d0032405_21433024.jpg


中山峠経由で東天狗へ。
d0032405_2144041.jpg


東&西天狗岳
暖かくいい天気です。
d0032405_21442839.jpg


d0032405_2145535.jpg


去年より少し余裕があります。
d0032405_21451425.jpg


まずは東天狗頂上
d0032405_21454582.jpg


南八ヶ岳方面
次は硫黄に行きたいです。
d0032405_214651.jpg


北八ヶ岳&北アルプス方面
d0032405_21474391.jpg


西天狗へ向かいます。
スキーのシュプールがありました。
d0032405_2148716.jpg


西天狗頂上
d0032405_21541618.jpg


赤岳
残雪期にもう一回行きたいです。
d0032405_21543028.jpg


ヒュッテに戻ります。
前に見えるのは浅間山
d0032405_21551890.jpg


画像にはあまり映っていませんが、たくさんの登山者で
とてもにぎやかな雰囲気でした。

途中シリセードに夢中になりすぎて、ザックのサイドポケットに入っていた
トレイルミックスを落としてしまいました。
拾ってきてくださった方、ありがとうございました。

[PR]
by sai__sai | 2014-03-09 20:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

市民芸術館にて 「もっと泣いてよフラッパー」。
d0032405_955463.jpg


[PR]
by sai__sai | 2014-03-08 22:00 | 映画・劇 | Comments(0)

雪山講習 黒沢尾根 2日目

2日目は昨日掘った雪洞を広げて改良したり、
張り出している雪の壁を登ったりしました。

d0032405_22113182.jpg



こちらは私の作品
中で横になれる広さに改良しました。
d0032405_2212484.jpg



ツェルトをかぶせたパターン
d0032405_22123978.jpg



スキー場へ戻ります。
d0032405_22132681.jpg



スキー場の少し手前では、埋めたザックをビーコンで探したり、埋没を体験。

雪の下に人が入ってます↓
d0032405_22161022.jpg



脱出
d0032405_2216244.jpg



私も実際に掘った穴に横たわり上から雪をかけてもらいました。
短い時間でしたがドキドキしました。
浅い穴ですが上に雪が乗ると、身動きがとれません・・・こわいですね。

今まで知らなかったことを経験できて、勉強になりました。
とても楽しい2日間でした。
[PR]
by sai__sai | 2014-03-02 22:00 | | Comments(0)

雪山講習 黒沢尾根 1日目

先日の大雪で中止になった雪山講習の代替講習があり、参加してきました。

鹿島槍スキー場の上から北に続く黒沢尾根でのテント泊です。

気温が高く、大町の市街地では雨が降っており心配でしたが、
上にあがると雪に変わっていてほっとしました。

ガスっていて地図読みの良い勉強になりました。
尾根右手の雪庇に気をつけながら進みます。

途中、音がして雪庇が少し崩れてみんなでびっくりしました。
八ヶ岳で見たことのある雪庇とは印象が違います。
d0032405_22433256.jpg



クラックの入ったところもありました。
これはしばらく前にできたそうです。
d0032405_2244461.jpg



宿泊地の「ボトル台地」に到着。
d0032405_22463559.jpg



整地してテントを設営
d0032405_22483735.jpg



d0032405_22485337.jpg



初めて雪から水をつくりました。
たくさんの雪が少しの水になってしまいました。
夜のお楽しみは鍋&お酒です!
d0032405_22492686.jpg



シュラフはイスカ エアー810X を持って行きましたが、暑いくらい。
外で手袋なしで作業しても問題ないくらいで、かなり暖かい山行となりました。

今シーズンは、手が痛くなりそうな寒さの雪山に縁がないようです。
下界はそれなりに寒い日が多いんですけどね。
[PR]
by sai__sai | 2014-03-01 22:00 | | Comments(0)