04:55 新越山荘
05:40 鳴沢岳
06:30 赤沢岳
08:00 スバリ岳 08:10
08:45 針ノ木岳 09:15
09:50 針ノ木小屋 10:05
11:50 大沢小屋
12:50 扇沢

水 1L 200円(針ノ木小屋)
扇沢第3駐車場代 2,000円(24時間1,000円x2)

今日もいい天気です。
朝日を浴び始めた蓮華、針ノ木、スバリ岳
d0032405_21313134.jpg



富士山も
d0032405_2131548.jpg



d0032405_21322957.jpg



針ノ木峠の向こうに槍の穂先が見えました。
d0032405_2133451.jpg



クルマユリ
d0032405_21332838.jpg



朝日の中を歩くのは気持ちいいですね。
d0032405_2133531.jpg



剱を見ながらの縦走路。
d0032405_21352774.jpg



d0032405_21363029.jpg



変化のある道でこちらも楽しいです。
d0032405_21364920.jpg



d0032405_2137396.jpg



今日最初のピーク、鳴沢岳に到着
d0032405_2138934.jpg



後ろを振り返って
d0032405_21393251.jpg



立山、剱を眺めながら次のピークへ向かいます。
富山側から結構な風が吹いてきますが、涼しくてちょうどいい感じです。
d0032405_2140260.jpg



とにかく楽しい!
d0032405_21413550.jpg



赤沢岳と奥にはスバリ
d0032405_21424998.jpg



ふたつ目のピーク、赤沢岳
d0032405_21441626.jpg



黒部湖
d0032405_21445277.jpg



ここからも立山、剱が近くに見えます。
d0032405_21453883.jpg



次はスバリ岳へ
d0032405_2149259.jpg



針ノ木峠の向こうに富士山
d0032405_21523287.jpg



歩いてきた稜線
d0032405_2153347.jpg



3つめのピーク、スバリ岳
d0032405_21535520.jpg



針ノ木へ
d0032405_21545910.jpg



スバリを振り返って。かっこいい山ですね。
d0032405_2156851.jpg



針ノ木岳頂上
過去に夏と春に2回来ていますが、晴れているのは初めてです。
こんなにすばらしい景色だったなんて・・・。
d0032405_21572374.jpg



高瀬ダムと槍
d0032405_21581886.jpg



槍ヶ岳の頂上はにぎわっているのでしょうね。
d0032405_2158374.jpg



裏銀座の山々
d0032405_2222183.jpg



五色ヶ原
d0032405_21371769.jpg



黒部湖と立山・剱
d0032405_21375266.jpg



歩いてきた山々
d0032405_21384965.jpg



奥の方には白馬三山
d0032405_21393582.jpg



ミヤマシオガマ?タカネシオガマ?
d0032405_21412844.jpg



タカネヤハズハハコ
d0032405_21425333.jpg



針ノ木を振り返って
こちらからだと印象が違いますね。
春に講習で来た時は、この雪渓あたりからマヤクボ沢(?)をおりました。
d0032405_2147163.jpg



大好きなチングルマ
d0032405_21475020.jpg



針ノ木小屋で水を補給して雪渓を下ります。
d0032405_21493324.jpg



上を振り返って見ると針ノ木峠まで雪が残っています。
d0032405_2150247.jpg



雪渓を下るのは足には楽でいいですね。
落石に注意しながらもどんどん下って雪渓歩きはここで終了。
d0032405_21525061.jpg



静かな山々を落ち着いて楽しめるルートでした。
お花がたくさん咲いていて、立山・剱を近くに眺めながらの縦走は
ただただ素晴らしかったです。
[PR]
by sai__sai | 2015-07-26 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

04:35 自宅
05:55 扇沢駐車場 06:15
06:25 柏原新道山口
09:50 種池山荘 10:15
11:40 岩小屋沢岳
12:20 新越山荘

歩行時間: 約5時間30分
登山口-岩小屋沢岳標高差: 約1,247m

新越山荘素泊まり 6,300円
ビールロング缶 750円
チューハイ 450円
水 1L 150円

扇沢起点で岩小屋沢岳から針ノ木岳をぐるっと回ります。
柏原新道を通るたびに歩いてみたいなあ、と眺めていた稜線です。

去年の夏は悪天候のため、種池山荘で引き返したルートの一部でもあるので
とても楽しみにしていました。

歩きやすい柏原新道。
ブヨが出てきましたが、防虫ネットのおかげで快適です。
500円位でホームセンターで買った物ですが、あるとないとでは大違い。
d0032405_2155834.jpg



左手にはこれから登る山々が見えています。
岩小屋沢岳
d0032405_2172851.jpg



鳴沢岳と赤沢岳
d0032405_2181061.jpg



スバリ岳と針ノ木岳
d0032405_2185196.jpg



イワカガミ
d0032405_219650.jpg



短い雪渓を渡ります。
d0032405_2194748.jpg



タカネニガナ
d0032405_21112998.jpg



ミヤマキンバイ?
d0032405_21114737.jpg



ここをぐるっと回ります。
d0032405_2112186.jpg



種池山荘近くはお花がいっぱいです。
d0032405_21125267.jpg



コバイケイソウの当たり年でしょうか。
d0032405_21134017.jpg



爺ヶ岳南峰。今回は行きません。
d0032405_21142224.jpg



今回の目的はこちら。
d0032405_21145665.jpg



テント場を過ぎてすぐの所には、キヌガサソウが群生していました。
d0032405_21161089.jpg



d0032405_21162446.jpg



d0032405_21163767.jpg



サンカヨウ
d0032405_21165874.jpg



岩小屋沢岳へ向かいます。
d0032405_21171672.jpg



アオノツガザクラ
d0032405_21182822.jpg



ハクサンフウロ
d0032405_21194447.jpg



左手奥にはスバリと針ノ木
d0032405_21202260.jpg



右手には立山と剱。
とても近くに見えます。
d0032405_2122525.jpg



剣岳
d0032405_2123151.jpg



ミヤマクワガタ
d0032405_21244046.jpg



ハクサンシャクナゲ
d0032405_2125336.jpg



岩小屋沢岳頂上
d0032405_2125341.jpg



歩くのが楽しい気持ちのよい道です。
d0032405_21262196.jpg



新越山荘と明日向かう道。
d0032405_21265056.jpg



d0032405_21273222.jpg



自炊室もありますが、天気がいいので夕飯は小屋前のテーブルで食べました。
いつもはレトルトやお湯を入れるだけの自炊ですが、
今回初めて料理(?) に挑戦。
簡単ですがおいしかったです。
d0032405_21285125.jpg




駐車場:
柏原新道入口近くの駐車場は、工事のため今年は使用できないそうです。
200m先にできた新しい無料駐車場や扇沢の無料駐車場は、
もちろんというべきかやはり満車。
ということで、扇沢の有料駐車場を利用しました。(24時間あたり1,000円)
有料であってもきちんと駐車できるスペースがあるのは安心です。

新越山荘:
比較的空いている小屋とは聞いていましたが、本当に快適でした。
いつもよりは混んでいるようですが、布団10枚の部屋に7人で就寝。
ひとり1枚以上の布団スペースがあり広々です。
梅雨明け後、7月の晴れた週末でこの快適さはかなり貴重だと思います。
ひとり当たり水 1L分の無料券をもらえました。
スタッフの方々の雰囲気もよかったです。
[PR]
by sai__sai | 2015-07-25 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

蝶ヶ岳

梅雨の晴れ間とお休みが合いました!

04:35 自宅
05:45 森の広場駐車場 05:55
06:05 三股駐車場
06:20 登山口
06:50 ゴジラみたいな木
07:40 まめうち平 07:50
10:10 蝶ヶ岳頂上 11:45
13:30 まめうち平 13:40
14:15 ゴジラみたいな木
14:40 登山口
14:50 三股駐車場
15:00 森の広場駐車場

三股駐車場はすでに満車。
予想以上に混んでいました。
少し下に戻って森の広場駐車場へ。

d0032405_21364312.jpg



ゴゼンタチバナ
d0032405_2137116.jpg



モミジカラマツ
d0032405_21372493.jpg



ミヤマキスミレ
d0032405_21374031.jpg



ショウジョウバカマ
d0032405_2138231.jpg



オオサクラソウ(?)
d0032405_21382449.jpg



とても良い天気です。
d0032405_21385328.jpg



シナノキンバイ
d0032405_2139133.jpg



ミヤマキンポウゲ
d0032405_213931100.jpg



ハクサンコザクラ(?)
d0032405_21395241.jpg



雪は蝶沢に少しと、大滝山分岐を過ぎたこのあたりに残っていました。
d0032405_21405450.jpg



ナナカマドと常念
d0032405_2141282.jpg



キヌガサソウ
d0032405_21414537.jpg



稜線に出ました。
d0032405_21422919.jpg



d0032405_21424321.jpg



御嶽と乗鞍
d0032405_2143028.jpg



イワツメクサ
d0032405_21433869.jpg



d0032405_2144187.jpg



泊りで来ている方々は天気もよく最高でしょうね。
私はここで昼寝してから下山です。
d0032405_21445193.jpg



ゴジラみたいな木の近くにベンチができていました。
d0032405_21461049.jpg



力水のところは上部の木が倒れたようです。
d0032405_21472964.jpg



天気に恵まれて最高の山行でした!と締めくくりたいところですが、
実は樹林帯で小さな虫に悩まされました。

ゴジラみたいな木とまめうち平の間くらいから、虫がたくさん出てきて
数十匹の虫を引き連れながら歩くことに・・・。

顔の周りにまとわりつくようについてきます。
こんなにすごい数の虫は初めてです。

暑いにもかかわらず、防寒用の薄手のバラクラバをしたり、タオルを顔にまいたり、
なんとか虫を避けようと必死で、歩くことに集中できないくらいです。

防虫ネットをかぶっている方が結構いて、こんな時は必需品だと実感しました。

結局下山時に右手の甲をブヨに刺されたらしく、その日の夕方から痛痒くなり
翌日にはパンパンに腫れて、ドラえもんの手のようになってしまいました。

あまりにも辛いので、月曜は職場を早引きして皮膚科へ。
前回皮膚科に行ったのは、蜂に刺された時で、今回はブヨ・・・。

先週の燕岳でも雨がやんだあとに虫が出てきており、
防虫ネットほしいなあ、と思いながらも対策をせずに来てしまいました。

虫に好かれやすく、しかも皮膚が弱いときています。
もっと用心が必要でした。
大反省です。

↓こいつです。ブヨをなめてはいけません。
d0032405_22135252.jpg


[PR]
by sai__sai | 2015-07-11 22:00 | 北アルプス | Comments(0)