朝日そば ふじもり

にしん
d0032405_11250744.jpg













ビジテリアン定食
d0032405_11251347.jpg












朝日村にあるお蕎麦屋さん、ふじもり
http://www.ne.jp/asahi/osoba/fujimori/index.html
d0032405_11263863.jpg

[PR]
by sai__sai | 2016-08-28 22:00 | 蕎麦 | Comments(0)

06:00 烏帽子小屋テント場
06:45 2,208.5m 三角点
08:40 高瀬ダム
08:50 タクシーで七倉山荘

高瀬ダム-七倉 タクシー代 2,100円
薬師の湯 500円(割引券利用)

下山です。
昨夜寝ている間に雨が降ったようですが、それ以外は
天気に恵まれました。

テントを撤収。
d0032405_22292230.jpg




















d0032405_22300302.jpg
















d0032405_22303040.jpg
















d0032405_22310186.jpg
















d0032405_22312512.jpg
















不動沢吊橋
d0032405_22314230.jpg
















扇沢へデポした車を回収して、温泉に寄って帰宅しました。
充実感でいっぱいのお盆山行となりました。

[PR]
by sai__sai | 2016-08-15 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

03:50 船窪小屋テント場
04:50 船窪岳頂上
06:00 船窪第2ピーク 06:10
08:25 不動岳頂上
10:00 南沢岳頂上
10:45 烏帽子岳分岐
11:00 烏帽子岳頂上 11:07
11:19 烏帽子岳分岐
11:50 烏帽子小屋

烏帽子小屋テント料金 800円/1人
CCレモン 500円
ビール 500円
水 800円(200円/1L x 4L)

移動の朝は3時くらいに起きることが多いですが、
今朝は2時半に起きました。

急なアップダウンの連続です。
まずは船窪岳頂上。
d0032405_14033019.jpg
















アップダウンと崩壊の激しい道が続きます。
d0032405_13581904.jpg
















下を見るとこんな感じ。
d0032405_14054679.jpg
















d0032405_14062952.jpg















高瀬ダム
d0032405_14065866.jpg
















d0032405_14073628.jpg




















なかなか手ごわいです。
d0032405_14074278.jpg















不動岳に朝日が。
d0032405_14090806.jpg
















d0032405_14094955.jpg
















朝日が北葛岳(多分)の横から登ってきました。
d0032405_14103633.jpg
















ここもギャーという感じでした。
d0032405_14113432.jpg




















船窪第2ピーク
d0032405_14124513.jpg
















槍と不動岳。
d0032405_14132330.jpg
















とにかく不動岳までが大変です。
崩れかけた道も多いし、砂地の傾斜を雪山のように
キックステップして登ったりする箇所も。

不動岳手前の樹林帯では、熊の糞らしきものをいくつか見かけて
熊鈴を鳴らしまくりました。

朝同じ時間帯にテント場を出発した2人組以外には、
4時間くらい人に会いませんでした。
こんなに長い時間他の登山者に会わなかったのは初めてです。

d0032405_14141684.jpg




















烏帽子が見えてきて、ほっとしました。
d0032405_14151926.jpg
















立山
d0032405_14231906.jpg




















d0032405_14235789.jpg




















不動岳につきました!
取りあえず一番きついところは乗り切ったと思います。
d0032405_14243206.jpg
















針ノ木、蓮華と歩いてきた道。
連続するアップダウンがきつかったです。
何度下って何度登り返したことか・・・。
d0032405_14253452.jpg
















ゆっくり景色を見る余裕が少し出てきました。
立山、剱
d0032405_14280705.jpg
















薬師岳
d0032405_14284418.jpg
















槍ヶ岳
d0032405_14291039.jpg




















次は南沢岳へ。
d0032405_14300800.jpg




















採石場の上を歩いているようです。
d0032405_14323089.jpg




















d0032405_14343406.jpg




















またまた針ノ木、蓮華。
d0032405_14305343.jpg
















南沢岳頂上。
烏帽子がすごく近づいてきました。
d0032405_14360714.jpg
















烏帽子まで気持ちのよい道を歩きます。
広々とした景色の中、辛いアップダウンから解放され
体が軽くなったよう感じる程ルンルンでした。
d0032405_14374828.jpg




















d0032405_14384353.jpg




















烏帽子岳と四十八池。
d0032405_14392065.jpg




















余裕がなければ烏帽子頂上はスキップしようかと思っていましたが、
大丈夫そうなので頂上へ向かいます。
d0032405_14455537.jpg
















d0032405_14442107.jpg




















烏帽子岳頂上
d0032405_14495503.jpg




















歩いてきた道を見て感慨深いです。
d0032405_14513467.jpg
















偽烏帽子から烏帽子岳、南沢岳。
d0032405_14533143.jpg
















烏帽子小屋の青い屋根が見えてきました。
d0032405_14545720.jpg
















ヒョウタン池近くのテント場。
烏帽子のテント場は縦に長くて気持ちがいいです。
d0032405_14555169.jpg
















昨日に続き、昼間のテントの中はすごい暑さでした。
この後もテントは増えましたが、混雑する感じではなくのんびりした雰囲気でした。
多くの方が今日下山したのかも知れません。
d0032405_15010466.jpg





















船窪小屋のHP に「船窪から烏帽子に行くほうが精神的に楽かも」と
ありましたが、その通りだと思いました。
とにかく不動岳あたりまでが大変なので、疲れていない前半に
難しい箇所をすませた方がいいのだと思います。
最後は南沢岳や烏帽子岳の広々した景色で救われる感じがしました。

[PR]
by sai__sai | 2016-08-14 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

04:20 針ノ木小屋テント場
05:25 蓮華岳頂上 05:30
06:45 北葛乗越
07:45 北葛岳頂上
09:30 七倉岳頂上
09:40 船窪小屋 09:50
10:05 テント場

船窪小屋テント料金 500円/1人
コーラ 400円
ビール 600円

今日は蓮華、北葛、七倉岳と頂上を踏んで、船窪小屋テント場までの行程です。
まずは、蓮華を目指します。
d0032405_22523569.jpg















朝日がのぼってきました。
d0032405_22542778.jpg















d0032405_22552525.jpg















振り返って針ノ木、立山、剱。
d0032405_22555955.jpg















鹿島槍と奥に白馬も。
d0032405_22583177.jpg















イワギキョウ
d0032405_22574163.jpg















蓮華岳頂上
d0032405_22592340.jpg















蓮華の大下りへ。正面奥には槍。
d0032405_23012297.jpg















蓮華岳にはコマクサがたくさん咲いています。
d0032405_23024089.jpg















白いコマクサ。
近くにいくつか咲いていました。
d0032405_23043088.jpg




















大下りは北葛乗越まで、一気に標高差500m程下ります。
d0032405_23071862.jpg
















乗越手前最後の下りで誤ってここを下りそうになりました。
下から見ると急で怖いです。
途中で気がついてよかった・・・。
d0032405_23074532.jpg




















こちらが正しいルート。
d0032405_09364684.jpg




















へっぴり腰です。
ザックの外付けどうにかしないといけないですね。
この画像見て改めて思いました。
d0032405_09375821.jpg




















チングルマ
d0032405_09394274.jpg




















次は北葛岳へ。
d0032405_09403477.jpg
















北葛岳頂上
d0032405_09411178.jpg
















針ノ木、蓮華
d0032405_09414553.jpg
















七倉岳と船窪小屋。
奥には明日歩く道や烏帽子も見えています。
d0032405_09424440.jpg
















七倉岳へヤセ尾根の登り。
d0032405_09444330.jpg
















d0032405_09462211.jpg




















蓮華岳を振り返って。
大下りのところだけ険しいですね。
d0032405_09471265.jpg




















七倉へ道もなかなかです。
d0032405_09485994.jpg
















七倉岳頂上。
船窪小屋へ10分、キャンプ場へ15分とあります。
バックは針ノ木と蓮華。
d0032405_09495428.jpg
















小屋とテント場への分岐。
d0032405_09503943.jpg
















船窪小屋が見えました。
今回はテント泊ですが、いつか泊まってみたい憧れの山小屋です。
d0032405_09533896.jpg
















鐘を鳴らしてもらい、暖かいお茶を出していただきました。
とても嬉しいかったです。
d0032405_09580357.jpg
















テント場は小屋から15分くらい下ります。
小屋から距離がありますが、簡易トイレもあり問題ありません。
うちが 2張目でした。
d0032405_09591207.jpg
















「危険」な場所にあると聞いている水場へ!
どんな水場かドキドキします。
d0032405_10002965.jpg
















5分位下りて来たでしょうか。
この下の湿った所が水場のようです。
すごい!
d0032405_10020246.jpg
















水場の核心部へ。
足元が崩れやすく注意して行きます。
d0032405_10025492.jpg
















d0032405_10033866.jpg




















d0032405_10044728.jpg




















この水が冷たくてとても美味しかった!
ごくごく飲んで顔も洗いました。
d0032405_10054621.jpg




















水場の下と見るとこんな感じ。
落ちたくないですね。
d0032405_10063970.jpg




















午後はビールを買いに小屋へ往復しました。
往復で35分くらいかかりましたが、ビールには代えられません。
テント場は午後遅くなってかなり混んできました。
最終的にはこの隙間もなくなるくらいにいっぱいに。
上の段に4張、下の段に15張くらいになっていたと思います。
d0032405_10073763.jpg
















明日はいよいよ今回の山行の核心部、烏帽子への縦走です。
烏帽子方面から縦走して来た人達から聞こえてくるのは、
「道が崩れていて大変だった」「アップダウンがすごかった」等など。
いつもより少し早起きして出発する予定です。




[PR]
by sai__sai | 2016-08-13 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

03:40 自宅
04:50 扇沢駐車場(市営第2駐車場/無料) 05:08
05:18 扇沢 05:30
06:40 大沢小屋
09:30 針ノ木峠、針ノ木小屋 10:30
11:30 針ノ木岳頂上 12:20
13:00 針ノ木小屋

針ノ木小屋テント料金 700円/1人
CCレモン 500円
ビール 600円
水 1,200円 (200円/1L x 6L)

お盆休みは何度も行こうとして挫折した船窪を回る縦走を計画しました。
このルートなら比較的空いているのでは、とも考えました。

前日午後に車1台を下山予定の七倉にデポ。
当日はもう1台で扇沢へ。
柏原新道寄りの無料駐車場が空いていたので、助かりました。
あと5台くらい空いていたと思います。
お盆の時期とあって、有料駐車場の方も早朝から結構とまっていて驚きました。

出発です。
遭対協の方からは、船窪から烏帽子を回る所が結構崩れているので
注意するようアドバイスがありました。
d0032405_15410692.jpg
















今年の冬は雪が少なくて針ノ木雪渓もほとんど夏道だと聞いていましたが、
本当に雪が見えません。
d0032405_15521040.jpg




















d0032405_15551823.jpg




















雪渓の上を歩いたのはここだけ。
たったの5分くらい。
d0032405_15572911.jpg




















振り返って。
d0032405_15592845.jpg















夏道から見た雪渓。
d0032405_16012498.jpg




















初めて針ノ木に登った時にとても辛かったつづら折りが始まりました。
その時の反省を生かして、最後にバテないようにゆっくり小さい歩幅で登ります。
d0032405_16055140.jpg




















修行中。
d0032405_16085043.jpg















着きました!
d0032405_16100494.jpg
















疲れて息が切れていますが、初めて来た時よりずっとましです。
d0032405_16113469.jpg




















振り返れば、爺ヶ岳や鹿島槍、もっと奥には白馬も。
d0032405_16135596.jpg
















こちらは大変になりそうな明後日歩くルート。
崩れて白く見えているのが、不動岳と思われます。
d0032405_16170512.jpg
















9時半のテント場はまだ数張です。
d0032405_16192685.jpg
















テントを設営してCCレモンを飲んだら、針ノ木の頂上に向かいます。
d0032405_16234805.jpg
















針ノ木岳頂上。
暑いです。でもここで少し昼寝・・・。
d0032405_16252854.jpg
















明後日のルートの右奥には水晶、赤牛、薬師岳など。
d0032405_16274744.jpg
















立山、剱と黒部湖。
7月に立山三山に登って、やっとどれがどの山かわかるようになりました。
d0032405_16292660.jpg
















スバリや後立山の山々。
d0032405_16311694.jpg




















明日登る蓮華岳。
前回登った時はガスで真っ白だったのでとても楽しみです。
d0032405_16323656.jpg
















明後日のルートと高瀬ダム。
アップダウンだらけです。
気になってしかたありません。
d0032405_16353944.jpg
















烏帽子の頂上も見えています。
明後日登っている予定。
d0032405_16374412.jpg
















テント場に戻るとテントも増えてきました。
上のテント場。
d0032405_16431720.jpg
















下のテント場。
d0032405_16492812.jpg
















気温が高く、テントの中はサウナのように暑かったです。
外の日陰で涼んで過ごしました。
最終的には隙間がない程いっぱいになり、にぎやかなテント場となりました。
夏山!という感じです。

[PR]
by sai__sai | 2016-08-12 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

03:35 自宅
04:35 駐車場 04:45
05:05 一ノ沢登山口 05:10
07:35 胸突八丁
08:30 常念乗越(常念小屋) 08:40
09:40 常念岳頂上 10:20
11:10 常念乗越(常念小屋) 11:20
12:08 胸突八丁
14:25 一ノ沢登山口
14:45 駐車場

先週の常念が思いのほか楽しくて、今度は一ノ沢から登ることにしました。
蝶ヶ岳や燕岳と比べてきついので、ずっと避けていた常念なのに
不思議なものです。

2つある駐車場のうち、下の方はあと10台くらい空いていました。

久しぶりの一ノ沢登山口です。
d0032405_22502581.jpg


沢沿いの道は歩いていて気持ちいいです。
d0032405_22505646.jpg


d0032405_2251401.jpg


d0032405_2251525.jpg


d0032405_2252527.jpg


d0032405_22521712.jpg


d0032405_22522768.jpg


胸突八丁
d0032405_2253534.jpg


d0032405_22531719.jpg


頂上手前の偽ピークが見えてきました。
d0032405_22533038.jpg


常念乗越に到着!
d0032405_22541078.jpg


頂上に向かいます。
常念小屋から頂上までのこの登りが苦手でずっと常念を避けてきました・・・。
d0032405_22544597.jpg


d0032405_22555628.jpg


槍ヶ岳
d0032405_22561141.jpg


d0032405_22562624.jpg


三股、前常念との分岐
先週はそちらから合流しました。
d0032405_22571551.jpg


雷鳥が登山道で砂浴びをしていました。
砂浴びしているのは初めてみましたが、とてもかわいいです。
d0032405_22585394.jpg


隠れていたひなが出てきました。
親子で砂浴びしていたようです。
d0032405_22592917.jpg


親が離れた後も、少しの間ひなだけで砂浴びしていました。
d0032405_2302542.jpg


砂浴びの跡。
d0032405_2304578.jpg


d0032405_231424.jpg


d0032405_2311526.jpg


写真がごっちゃになってしまいましたが、分岐から頂上までの間に
2世帯の雷鳥の親子に会いました。
この夏は雷鳥によく会えて嬉しいです。

前常念からの稜線
d0032405_2313423.jpg


常念岳頂上
d0032405_231507.jpg


槍穂
d0032405_232094.jpg


大天井方面
d0032405_2324114.jpg


登山口近くにある古池のイワナ。
前回来たときにもいました。
d0032405_236387.jpg


やっぱり乗越から頂上への登りはきつかったですが、天気がよく
展望を楽しみました。
三股からだと最初に急登、一ノ沢からだと最後に急登、という感じですね。
今後は蝶ヶ岳や燕岳のようにもっと登ろうと思いました。
[PR]
by sai__sai | 2016-08-06 22:00 | 北アルプス | Comments(0)