04:20 白馬岳頂上宿舎
05:00 白馬岳 05:13
05:43 三国境
06:17 鉱山道分岐
07:01 雪倉岳避難小屋 07:15
07:49 雪倉岳 07:52
09:50 水平道分岐 10:00
11:03 朝日岳 11:08
11:49 朝日小屋

テント料金 1,000円/1人
朝日小屋夕食のみ 2,200円
コーラ 500円
笹の葉寿司 500円(250円x2個)

日の出前の白馬&白馬山荘
d0032405_15121458.jpg














杓子&白馬鑓、奥には立山・剱
d0032405_15120330.jpg














d0032405_15122346.jpg














雲海がとてもきれい
d0032405_15122982.jpg














d0032405_15123665.jpg














白馬岳頂上にはドローンが飛んでいました。
d0032405_15150137.jpg




















これから向かう雪倉岳、朝日岳
d0032405_15151438.jpg




















雲海が美しくて近い
d0032405_15163794.jpg














雲に手が届きそうです。
d0032405_15165072.jpg














三国境
左へ向かいます。初めて歩く道。
ここからはぐっと人が減って、白馬のにぎやかさとはお別れです。
d0032405_15173098.jpg




















d0032405_15211565.jpg














d0032405_15212654.jpg




















大池方面へ向かう小蓮華の尾根にはたくさんの人が歩いています。
d0032405_15213608.jpg














私達の向かう方には、雲の壁?
d0032405_15214856.jpg














鉢ヶ岳は巻き道を行きます。
d0032405_15252805.jpg














鉱山道分岐
d0032405_15254050.jpg














数ヶ所雪渓を渡りました。
d0032405_15262472.jpg














d0032405_15263360.jpg














d0032405_15264349.jpg




















雪倉岳避難小屋
d0032405_15292230.jpg














トイレもあって、中はきれいでした。
d0032405_15293857.jpg














避難小屋横でブロッケン!
d0032405_15294937.jpg














ブロッケンを楽しんだ後は、雪倉岳へ向かいます。
d0032405_15313068.jpg




















d0032405_15314354.jpg




















d0032405_15320322.jpg




















雪倉岳頂上
d0032405_15321729.jpg














d0032405_15331571.jpg














白馬や立山剱方面
d0032405_15333070.jpg














朝日岳へはガスの中を歩くことになりそうです。
d0032405_15334543.jpg




















d0032405_15340387.jpg














かたつむり!
最後に見たのはいつだったっけ?
d0032405_15341406.jpg




















小桜ヶ原
晴れていればとても気持ちよさそうです。
d0032405_15342490.jpg














水平道との分岐
朝日岳へ登るルートを選びます。
d0032405_15343469.jpg














d0032405_15414282.jpg




















黄色い花はガスっている方がきれいに撮れる気がします。
d0032405_15415253.jpg















水平道分岐からはすごい急登でした。
朝日岳頂上
展望がいいはずですが、残念ながらガスの中。
d0032405_15443406.jpg




















朝日小屋テント場
トイレも水場も近くて快適でした。
やはりガスっているのが残念。
このうちどれくらいの人が栂海新道に行くのでしょうか。
d0032405_15420477.jpg














食事が評判の朝日小屋。
テント泊でしたが、夕食のみ小屋にお願いしました。
美味しいものをたっぷり補給して栂海新道に備えます。
ビール飲みたかったけど、明日からに備えて自粛。(見えているのはお隣の方のものです)
d0032405_15421608.jpg

[PR]
# by sai__sai | 2017-08-13 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

04:20 自宅
05:50 八方第3駐車場 06:20
06:38 猿倉 06:50
08:09 白馬尻 08:30
12:15 白馬岳頂上宿舎 15:05
15:40 白馬岳頂上 15:50
16:15 白馬岳頂上宿舎

タクシー(八方第3駐車場-猿倉) 1,790円/1人 (3,580円/1台)
テント料金 1,000円/1人
スプライト 450円

お盆山行では白馬から親不知へ抜けました。

朝日岳からは日本海へとつながる栂海新道を歩きます。
ロングコース、営業小屋なし、携帯電波不通、に加えて天気予報も
いまいちで本当に歩き通せるのか出発前からなかり緊張しました。

八方駐車場は、第2、第5は満車。
第3は思っていたより余裕がありました。
天気が悪いからでしょうか。
帰りに電車で白馬に戻ってきて、車を回収予定です。

小雨降るなか猿倉から出発です。
d0032405_22591611.jpg




















白馬尻小屋手前では雨だけではなく、雷も聞こえてきて意気消沈。
雨も更に強くなってきたので、とりあえず様子見で小屋前にて休憩。
雷が聞こえなくなってから出発しました。

昨年は雪が少なすぎて通行できなかった大雪渓
d0032405_23012482.jpg




















d0032405_23015879.jpg














雨の中の雪渓歩きはなかなか大変ですが、それでもたくさんの登山者がいました。
さすが人気の山域です。
d0032405_23020639.jpg















d0032405_23021597.jpg














小屋まであと少し
d0032405_07385410.jpg














12時過ぎにテント場につきましたが、既にたくさん張ってありました。
テントの中でごろごろしていましたが、天気が良くなってきたので
白馬岳を往復することに。
この画像は15時過ぎのテント場です。
d0032405_07391465.jpg














白馬岳&白馬山荘
d0032405_07392505.jpg














左手には旭岳
d0032405_07393312.jpg














栂海新道の文字にどきどきします。
d0032405_07394453.jpg














頂上はすごい人でした。
d0032405_07394900.jpg




















またガスってきました。
頂上から山荘の間にいた雷鳥。
d0032405_07395545.jpg














d0032405_07400285.jpg














雨の雪渓歩きは疲れましたが、稜線では晴れ間もあったし雷鳥も見れて
よかったです。
いよいよ明日からが本番です。

[PR]
# by sai__sai | 2017-08-12 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

05:40 肩の小屋
06:05 北岳頂上 06:40
07:07 肩の小屋 07:43
08:01 小太郎山分岐
09:03 白根御池小屋 09:12
10:43 広河原 10:48
11:36 南アルプス市営芦安駐車場(第2P) 11:55
12:21 白根IC

乗合タクシー 1,200円 (利用者協力金100円含む)
ソフトクリーム 500円

朝起きると雨が降ってきました。
ゆっくり朝食を食べて様子を見ていたら、雨がやんだようだったので
頂上へ出発。
途中パラパラと小雨もありましたが、気にならない程度ですみました。

小屋の前は身支度をする人達でにぎやかでした。
d0032405_20293442.jpg




















真っ白の頂上
ここでもしばらく様子を見てみます。
d0032405_20294161.jpg




















d0032405_20294879.jpg




















明るくなってきました。
甲斐駒と仙丈が見えます。
d0032405_20295279.jpg














鳳凰三山方面も雲がとれてきました。
d0032405_20295736.jpg














間ノ岳方面も雲がうすくなって来て期待大です。
d0032405_20300209.jpg














完全にはガスはとれませんでしたが、真っ白からここまで見られれば
大満足です。
d0032405_20300640.jpg




















頂上は団体さんで大賑わいになってきました。
結局富士山は姿を現してくれませんでしたが、そもそも天気に期待できない状況だったので
濡れずにこれだけ楽しめたのは本当に良かったです。
d0032405_20301445.jpg














ミヤマオダマキ
d0032405_20302475.jpg




















テントを片づけて下山です。
d0032405_20511888.jpg














d0032405_20512357.jpg




















ミネウスユキソウ
d0032405_20512897.jpg














御池小屋のテント場
d0032405_20513372.jpg














d0032405_20513950.jpg














御池小屋でソフトクリームと美味しいお水をいただきます。
d0032405_20514232.jpg




















d0032405_20514981.jpg




















広河原に着くとすぐ乗合タクシーに乗ることができて助かりました。
乗合タクシーは時刻表のスクジュール以外にも、人数がそろえば順次運行しているようです。

南アルプスの山々は昔行っていましたが、記憶があいまいなこともあって
新鮮でとても楽しかったです。
次回は是非縦走で訪れたいです。





[PR]
# by sai__sai | 2017-07-29 22:00 | 中央&南アルプス | Comments(0)


7月27日車中泊
21:00 自宅
22:37 白根IC
11:06 南アルプス市営芦安駐車場(第2P)

7月28日
05:02 乗合タクシーで出発
06:00 広河原 06:20
08:35 白根御池小屋 08:50
10:35 小太郎山分岐
11:09 肩の小屋

乗合タクシー 1,200円 (利用者協力金100円含む)
テント料金 700円
生ビール 900円
水 100円/1L

蓮華温泉から白馬、朝日、雪倉岳を2泊3日で回る予定で準備していましたが、
天気予報がいまいちです。
雨の中長い距離の稜線を歩くのはかなり厳しそう。
梅雨明けしてからの方が、天気が悪い気がします。
7月上旬の方が晴れる日が多かったような・・・。

大急ぎで検討した結果、不安定な天気ながら南アルプスの方がまだましかも、
ということで北岳へ変更しました。
北岳はなんと約20年ぶりです。
当時の記憶はかなり薄れています。

芦安駐車場は初めてで様子がよくわからないので、
前日に入って車中泊することにしました。
蓮華温泉も前夜車中泊の予定で準備していたので、そのまま出発できました。

乗合タクシー乗り場のある第2駐車場にとめることができました。
トイレもあって便利です。

朝、乗合タクシーは何台も来ていて順次登山者を乗せていました。
予定より早く出発しましたが、林道オープン時間前で規制区間手前で少し待ちました。

広河原インフォメーションセンター
ここの2階で登山届を出しました。
他にも芦安のタクシー乗り場や広河原山荘でも登山ポストを見かけました。
d0032405_15195039.jpg














d0032405_15195552.jpg




















この後、急登が続きます。
d0032405_15200658.jpg




















御池小屋の手前でやっと平らに。
今年初のテント泊装備の重さと急登にヘトヘトです。
d0032405_15205242.jpg














白根御池小屋
ありがたいことに、おいしい水が豊富にあって無料でいただけます。
下山時にソフトクリームを食べることに決定。
d0032405_15210174.jpg














ミヤマハナシノブ
d0032405_15425271.jpg




















ハクサンフウロ
d0032405_15425780.jpg














草スベリから次の急登へ。
なぜかここは20年前の記憶がありました。
小雨の中もくもくと登った気がします。
d0032405_15430253.jpg




















ミヤマネンエングサ?
d0032405_15430666.jpg














シロバナグンナイフウロ?
d0032405_15453292.jpg














コバノコゴメグサ
d0032405_15453814.jpg




















d0032405_15454182.jpg














トモエシオガマ?
d0032405_16163569.jpg














鹿よけの柵とお花畑
d0032405_15455090.jpg




















キバナノコマノツメ
d0032405_15471128.jpg




















やっと稜線に出ました。
d0032405_15471878.jpg














肩の小屋
今回はテントですが、20年前はこの小屋に宿泊しました。
d0032405_15472227.jpg














テントを張ってからは、疲れ過ぎて倒れるようにしばらく寝てしまいました。
標高差1,500m を一気に登るのはきつかったです。

起きたら少し元気になっていたので近くを散歩します。
残念ながら、頂上を往復するまでの元気は回復していませんでした・・・。

さすが北岳!お花がたくさん咲いています。
小屋からテント場へ下りる途中にはキタダケソウが残っていました。
他の登山者の方が喜んで写真を撮っていて知ることができました。

キタダケソウ
d0032405_15472916.jpg














d0032405_15472672.jpg




















シナノキンバイ
d0032405_15505803.jpg














イブキトラノオ
d0032405_15510272.jpg




















d0032405_15510751.jpg




















d0032405_15511232.jpg














タカネツメクサ
d0032405_15511646.jpg














ハクサンイチゲ
d0032405_15572126.jpg














d0032405_15572533.jpg














イワベンケイ
d0032405_15573170.jpg














d0032405_15573569.jpg














ミヤマキンバイ?
d0032405_15573954.jpg














イワオウギ
d0032405_15585827.jpg




















チョウノスケソウ
d0032405_15590494.jpg














ハハコヨモギ
d0032405_15590885.jpg














d0032405_15591149.jpg




















d0032405_15591588.jpg














ミヤマタンポポ?
d0032405_16002783.jpg














d0032405_16003255.jpg




















テント場
他にもテントを張れるエリアがありました。
ガスってはいますが、皆にぎやかでいい雰囲気です。
なんだかモンベルのテント率が高い気がしました。
d0032405_16003699.jpg

[PR]
# by sai__sai | 2017-07-28 22:00 | 中央&南アルプス | Comments(0)

04:30 大天荘
06:35 常念小屋 06:47
07:47 常念岳頂上 08:00
10:36 蝶槍
11:17 蝶ヶ岳ヒュッテ 11:35
11:40 蝶ヶ岳頂上
13:26 まめうち平
14:08 ゴジラみたいな木 14:12
14:35 三股登山口 14:38
14:50 三股駐車場

三ツ矢サイダー 400円

大天荘で日の出を見てから出発です。
はっきりしない日の出でしたが、昨夜心配していた程天気は悪くないようです。
d0032405_10140886.jpg














d0032405_10141453.jpg














しばらく歩いていると雲の上に太陽が出できました。
d0032405_10141778.jpg














d0032405_10142192.jpg














唯一の雪渓箇所
d0032405_10142479.jpg














d0032405_10165883.jpg




















d0032405_10170332.jpg














d0032405_10170780.jpg




















涸沢をアップで。
やっぱり今年は残雪が多いですね。
d0032405_10171267.jpg














常念と常念小屋
d0032405_10171798.jpg














常念小屋テント場
d0032405_10172349.jpg














常念岳頂上
d0032405_10192191.jpg














歩いて来た道
d0032405_10192612.jpg














留守番の家族にメールしたところ常念を見ているというので、
自宅の方向へ手を振ってみます。
奥には富士山。
d0032405_10193909.jpg














まだ先は長いので、蝶ヶ岳に向けて進みます。
天気は今のところ大丈夫そう。
d0032405_10193318.jpg




















樹林帯へ下がります。
これが精神的にこたえます。
d0032405_10194450.jpg














常念を振り返って。
どの方向から登っても大変な山です。
d0032405_10245101.jpg














蝶槍が壁のように見えます。
これもなかなかこたえますね。
d0032405_10245626.jpg




















d0032405_10250594.jpg














d0032405_10250808.jpg














d0032405_10251361.jpg




















d0032405_10251709.jpg














d0032405_10252297.jpg














蝶槍への最後の登り
d0032405_10273031.jpg




















蝶槍を超えれば大きな登りは終了です。
d0032405_10273542.jpg














蝶ヶ岳頂上
d0032405_10274098.jpg














蝶ヶ岳ヒュッテテント場
今夜は蝶ヶ岳ヒュッテに小屋泊まりの予定でしたが、
たくさんの人を見たら下山スイッチが入ってしまい下りることにしました。
7時間行動してきて、更に3時間の下山・・・自分的にはギリギリの感じですが、
何度も通っている道で、時間や距離感がわかりやすいので大丈夫だろうと判断しました。
d0032405_10274598.jpg














d0032405_10275133.jpg














やっとゴジラ!
ここまで来ればあと30分くらいなので、ほっとします。
d0032405_10275697.jpg














家族に三股駐車場まで迎えに来てもらい、中房温泉まで車を取りに行きました。
最後の下山時には少し無理をしてしまったけど、無事に歩き通せて満足です。

[PR]
# by sai__sai | 2017-07-22 22:00 | 北アルプス | Comments(0)