ミニトマト&クレソン

今朝は いつもより早く起床しました。


d0032405_6341956.jpg


ミニトマトは アブラムシの被害に遭いながらも
順調に成長しています。
アブラムシは 主に手と、牛乳スプレーで退治しています。



d0032405_6353441.jpgそれにしても、一体誰が クレソンを食べているんだろう・・・
葉の裏を見ても誰もいません。
本によると、昼間土中に潜んでいて、夜活動し 葉を食べまくる虫がいるそうです。
駆除方法としては、夜の活動時間にチェックして、手で捕獲
する・・・とのこと。
えーそんなぁ、と思いつつも、先日 山用ヘッドランプを頭に、
夜チェックしてみましたが、それらしき虫は発見
できませんでした。
[PR]
# by sai__sai | 2005-05-10 06:46 | | Comments(9)

頭がウニ

本日は 仕事が山のように残っているのですが、無理やり帰宅いたしました。

数字と にらめっこしていても、目が泳いでしまい、同じ所を何度見ても、
考える事ができず、頭がウニのようになってしまったからです♪

やっぱし、こういう時は 帰るしかありませんね♪♪

明日の自分は大丈夫でしょうか?
多分、いや 絶対大丈夫です♪♪♪
[PR]
# by sai__sai | 2005-05-09 21:52 | 徒然 | Comments(3)

映画:サイドウェイ

ずっと見たかった映画です。

年を取ったり経験を重ねないと、 知りえない感情や 気持ち というものが
あると思うのですが、この映画は まさに今の自分だから感じられる事が
多い映画でした。

ウッディ・アレンが大好きで、彼の映画をたくさん見ますが、
彼の代表作とされる「アニーホール」の良さは、実はいまいち良くわかって
いなかったような気がします。

最近 改めて見直して、過去見た時とは 全く違う感じ方を経験しました。
初めて その良さや せつなさを 感じることが できたように思います。
こういう経験って、映画だけでなく、本や、人に言われたことや、色んな所に
あります。

昔、大学の担当教官が、「若い君達が、若い今 読まないと、意味がない本がある」 と、
いうような事を言っていたけど、まさに、この映画は逆のパターンです。

自分の今いる状態や場所を、突き詰めるという作業は、時には辛いことでも
ありますが、そうしないと前に進めない事もあるのかなぁ。
うーん、今の自分には まだ難しいような・・・
もちろん、前に進むことが 常に正しい、という訳ではないですが。

ちなみに、かなりベタではありますが、早速ワインを飲んでいます。
[PR]
# by sai__sai | 2005-05-08 17:20 | 映画・劇 | Comments(7)

ちょっぴり弱気

昨年の年末から、仕事がずっとピークのような感じで
仕事に関しては 気持ち的に少し疲れ気味です。

通常業務は とても楽しいのですが、問題が起こると対応に追われ
最近 なかなか 職場では心が休まりません。
年末からは、そういう対応に追われる日々が ずっと続いています。

今の仕事を始めて 9ヶ月、今まで見えなかった事が見えて来た、と
いうこともあるかも知れません。

職場の人達には良くしてもらっているし、甘えさせてもらっており、
環境には恵まれていると思うので、今一度自分の仕事への取り組み方を
きちんと考えてみたいと思います。

新卒で仕事を始めた時から、全く成長していないような気までしてきました・・・
でも、これから成長すれば良いはず!と思うので、自分のペースで、自分なりに
がんばってみようと思います。
[PR]
# by sai__sai | 2005-05-07 22:55 | 徒然 | Comments(4)

「こしあぶら」って知ってますか?と 職場で聞いたところ、
「ああ、たらの芽に似た山菜でしょ」 と当たり前のように 返事が帰ってきました。
昨日食べたなんて人も・・・
これが、ネイティブ信州人と 私のような エセ信州人(?)の大きな違いなのです。

子供の頃、学校の帰りに イナゴを採って帰って、お母さんに 炒ってもらったとか、
イナゴが 鍋から飛び出して大変だったなど(ひぇー!)・・・職場で聞く限りは、
みんなそういう経験があるようです。

最近の子供達がどうなのかは、わかりませんが、少なくとも私の同世代では
まだ 学校帰りにイナゴを採っていたようです。
私も カブトムシ や 蝉 は とっていましたが、それにしても びっくりです。

でも、不思議なことに、常念がどの山なのか 知らなかったりするので、
私としては それもまたびっくりです。

気軽に近くの里山に入って、山菜を見つけられるような人になりたいです。
誰が先生を見つけなければ・・・
[PR]
# by sai__sai | 2005-05-06 23:06 | 徒然 | Comments(7)