常念岳 1日目 (5月5日)

04:40 自宅
05:40 駐車場 06:40
07:05 一の沢登山口 07:10
08:18 大滝
09:20 笠原沢
11:25 常念小屋 14:00
15:00 常念岳頂上 15:15
16:00 常念小屋

テント場料金: 1,000円/1人
水: 200円 x 3L


GW後半で 2泊3日蝶・常念縦走を計画していましたが、
天気予報がよくないので、1泊2日常念に変更です。
この時期に常念に登るのは初めてで緊張しています。

前日、山は雪が降りました。
天気は回復予想ですが、登山口の朝は雨。
また、回復後も稜線は強風の予報です。
駐車スペースが心配だったので早めに到着し、
雨がおさまるのを待って出発しました。

d0032405_17065682.jpg


予報通りかなり風が強そうです。
d0032405_17090689.jpg


d0032405_17100106.jpg


直登の冬道
d0032405_17115448.jpg


d0032405_17124578.jpg


傾斜がきつくてつらい・・・。
ここはストックからピッケルに変えるべきでした。

d0032405_17131726.jpg


常念小屋と槍
d0032405_17145112.jpg


テントを張って昼寝したりのんびりしていましたが、
あまりにも天気がよいので常念頂上へ向かいます。
ただし風はやはり強かったです。

d0032405_17154828.jpg


d0032405_17170493.jpg


d0032405_17175883.jpg


とにかくすばらしい景色。
雪が降ったばかりなので、白さが輝いています。

d0032405_17191927.jpg


d0032405_17201754.jpg


d0032405_17211384.jpg


d0032405_17214285.jpg


名残惜しいですが乗越に戻ります。
あまりの強風にテントが飛んでいないか心配になってしまいました。

d0032405_17221200.jpg


d0032405_17231477.jpg

[PR]
# by sai__sai | 2018-05-05 22:00 | | Comments(0)

日向山 (4月30日)

06:40 自宅
08:12 尾白川渓谷駐車場 08:22
09:08 矢立石登山口
10:22 日向山頂上 11:05
12:06 矢立石登山口
12:41 尾白川渓谷駐車場

GW後半の天気予報がいまいち。

晴れている前半にもう少し登りたくて、日向山へ出かけました。

いつもあまり人に会わない駐車場から矢立石登山口までの道で、
何組かの登山者を見かけました。
不思議に思っていたら、矢立石登山口までの林道が崩れて
通行止めになっていたようです。

d0032405_16280045.jpg


d0032405_16281154.jpg


d0032405_16283659.jpg


d0032405_16285188.jpg


d0032405_16292078.jpg


雲に隠れていた甲斐駒が姿を見せてくれました。
d0032405_16293671.jpg


[PR]
# by sai__sai | 2018-04-30 22:00 | | Comments(0)

白馬乗鞍岳 (4月29日)

06:10 自宅
08:14 栂池高原スキー場中央駐車場 08:30
08:30 ゴンドラリフトイヴ
09:12 栂池ロープウェイ 09:30
11:15 天狗原 11:35
12:24 白馬乗鞍岳頂上 12:42
13:13 天狗原
14:20 ゴンドラリフトイヴ 14:45

ゴンドラ往復 2,500円
栂池ロープウェイ片道 740円

ロープウェイを下りた後で、雪の状況や注意事項などの説明を受けました。(5分位?)
スキーにシールをつけて出発。
暑いほどの陽気です。

d0032405_22051362.jpg


d0032405_22052086.jpg


天狗原で休憩後、白馬乗鞍岳の頂上を目指します。
ここまでスキーでの登りにかなり悪戦苦闘。
恐らく自分が一番転んでいたと思います。
スキーをデポしてアイゼンで登ることにしました。

d0032405_22054443.jpg


スキー板がなければ急登もつらくありません!
下に見えるのは天狗原

d0032405_22055036.jpg


d0032405_22151176.jpg


d0032405_22155365.jpg


白馬乗鞍岳頂上
ピークを踏めるのはとても嬉しいです。

d0032405_22163397.jpg


雪に埋もれた白馬大池
テント泊楽しそうです。

d0032405_22174025.jpg


雷鳥を発見。
つがいで見るのは初めてです。

d0032405_22182059.jpg


オス
全く動きません。
d0032405_22205871.jpg


メス
あまりのかわいさに、なかなか出発できませんでした。
d0032405_22211483.jpg


天狗原からの上の斜面にはクラックの箇所もありました。
d0032405_22223113.jpg


天狗原に戻ってスキーを履いて下山。
d0032405_22231551.jpg


林道を滑ってゴンドラリフト乗り場へ。
d0032405_22235127.jpg


スキーは登りも下りも相変わらず下手でひどい有様でしたが、
今回は頂上に立てて、つがいの雷鳥にも会えたので大満足でした。


[PR]
# by sai__sai | 2018-04-29 22:00 | 北アルプス | Comments(0)

編笠山 (3月31日)

05:45 自宅
07:05 富士見高原スキー場駐車場(B-1) 07:25
08:00 盃流し
11:00 西岳頂上 11:35
13:15 盃流し
13:40 富士見高原スキー場駐車場(B-1)

d0032405_22194234.jpg


d0032405_22195027.jpg


樹林帯を抜けたガレ場は、ほとんど雪なし!
歩きにくいので、直登手前でつけたチェーンアイゼンを外しました。
暖かく風もなく雰囲気は夏山。

d0032405_22200338.jpg


d0032405_22200999.jpg


d0032405_22201657.jpg


南アルプス
d0032405_22202260.jpg


中央アルプス
d0032405_22234713.jpg


御嶽&乗鞍
d0032405_22203110.jpg


d0032405_22243954.jpg


北アルプス
d0032405_22250596.jpg


毎回力が抜けるような、力が出るような「最後だダッシュ!」
d0032405_22252491.jpg


先週肩の小屋まで行った乗鞍岳をアップで。
肩の小屋から剣が峰まで遠いなあ。

d0032405_22261992.jpg


下山時に少し道迷い。
わかる所まで戻るという鉄則を守れず、恐らく10分位の短い時間ではありましたが
そのまま下りつつウロウロしてしまいました。
何度か来ている山ということで油断があり、逆にそこで迷ったことで
冷静に対応できませんでした。
天気もよく楽しい山行で終わるはずが、ショックで大反省会となりました。



[PR]
# by sai__sai | 2018-03-31 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

07:45 自宅
08:20 Mt 乗鞍スノーリゾート 第3駐車場
08:45 夢の平クワッド乗り場
09:10 かもしかリフト降り場 (ツアーコース始点) 09:20
10:48 ツアーコース終点
11:55 肩の小屋口
12:35 肩の小屋 13:15
14:15 ツアーコース終点
14:35 Mt 乗鞍スノーリゾート 第3駐車場


リフト代 400円 x 2本 (夢の平クワッド&かもしかリフト)


スキーで乗鞍岳へ。
いつもゲレンデスキーで利用する第3駐車場から、夢の平クワッド乗り場まで歩きます。
2本リフトを乗り継いでツアーコースへ。
風は強そうです。

皆さん準備を済ませてどんどん登っていきます。
私はかなりモタモタ。

d0032405_18044245.jpg


d0032405_18044630.jpg


ツアーコース終点
風あります。

d0032405_18045067.jpg


美しい乗鞍岳
ここまで大変でしたが、この景色を見ると頂上まで行きたくなります。

d0032405_18045508.jpg


右手には穂高
d0032405_18045906.jpg


肩の小屋口まであと少し
d0032405_18081899.jpg


雪煙
d0032405_18084413.jpg


肩の小屋
小屋の横の風裏で休憩。
時間的、体力的、技術的(全部だめ・・・)なことを考えて
今回はここで引き返します。

d0032405_18085012.jpg


カリカリ斜面に大苦戦。
シュカプラの凹凸がこんなに滑りにくいとは!

d0032405_18085667.jpg


登っている時にはなかった雪崩の跡。
d0032405_18090167.jpg


スキー場まであと少し。
登るのも下りるのも大変でした。
自分的にはチャレンジの1日でした。

d0032405_18091113.jpg



[PR]
# by sai__sai | 2018-03-25 22:00 | 北アルプス | Comments(0)