カテゴリ:八ヶ岳( 51 )

編笠山 (3月31日)

05:45 自宅
07:05 富士見高原スキー場駐車場(B-1) 07:25
08:00 盃流し
11:00 西岳頂上 11:35
13:15 盃流し
13:40 富士見高原スキー場駐車場(B-1)

d0032405_22194234.jpg


d0032405_22195027.jpg


樹林帯を抜けたガレ場は、ほとんど雪なし!
歩きにくいので、直登手前でつけたチェーンアイゼンを外しました。
暖かく風もなく雰囲気は夏山。

d0032405_22200338.jpg


d0032405_22200999.jpg


d0032405_22201657.jpg


南アルプス
d0032405_22202260.jpg


中央アルプス
d0032405_22234713.jpg


御嶽&乗鞍
d0032405_22203110.jpg


d0032405_22243954.jpg


北アルプス
d0032405_22250596.jpg


毎回力が抜けるような、力が出るような「最後だダッシュ!」
d0032405_22252491.jpg


先週肩の小屋まで行った乗鞍岳をアップで。
肩の小屋から剣が峰まで遠いなあ。

d0032405_22261992.jpg


下山時に少し道迷い。
わかる所まで戻るという鉄則を守れず、恐らく10分位の短い時間ではありましたが
そのまま下りつつウロウロしてしまいました。
何度か来ている山ということで油断があり、逆にそこで迷ったことで
冷静に対応できませんでした。
天気もよく楽しい山行で終わるはずが、ショックで大反省会となりました。



[PR]
by sai__sai | 2018-03-31 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

西岳 (3月3日)

06:05 自宅
07:25 富士見高原スキー場駐車場(B-1) 07:46
08:25 不動清水
11:05 西岳頂上 12:00
13:17 不動清水
13:40 富士見高原スキー場駐車場(B-1)


d0032405_17251001.jpg


最初は薄い雪。
平地でも週の半ばに降雪があり、
上がっていくと思った以上に積もっていました。

d0032405_17251450.jpg


先を歩いていた 2人組がトレースが違っていたと戻ってきました。
直登すべき所に左に折れるトレースができていて、
それをたどったところ違和感を感じて戻ってきたそうです。

結局そこからはトレースなしで直登。
途中から先頭を交代して進みます。

d0032405_17251857.jpg


編笠と富士山
d0032405_17252287.jpg


d0032405_17252625.jpg


d0032405_17303692.jpg


d0032405_17304469.jpg



[PR]
by sai__sai | 2018-03-03 17:21 | 八ヶ岳 | Comments(0)

天狗岳 (1月4日)

05:35 自宅
07:07 渋の湯駐車場 07:35
09:25 黒百合ヒュッテ 09:45
10:40 東天狗頂上 10:45
11:05 西天狗頂上 11:08
11:55 黒百合ヒュッテ 12:20
13:25 渋の湯駐車場

渋御殿湯駐車場代 1,000円

高速から見えた朝焼けがきれいでした。

d0032405_13290472.jpg


渋の湯も駐車場スペースが悩ましいですが、三が日終わって
仕事初めの直前を狙っていったら問題なしでした。

d0032405_13290809.jpg


黒百合ヒュッテのお正月の飾り
d0032405_13291360.jpg


素晴らしい天気です。
北アルプス方面以外は景色ばっちりでした。

d0032405_13291797.jpg


d0032405_13292170.jpg


d0032405_13292550.jpg


d0032405_13293150.jpg


d0032405_13293405.jpg


d0032405_13294380.jpg


d0032405_13293908.jpg


西天狗へ向かいます。
d0032405_13294679.jpg


d0032405_13295043.jpg



[PR]
by sai__sai | 2018-01-04 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

蓼科山 (12月23日)

05:35 自宅
07:05 女乃神茶屋登山口駐車場 07:25
08:35 三角点 08:46
10:03 蓼科山頂上 10:10
10:28 休憩 10:43
11:12 三角点
12:03 女乃神茶屋登山口駐車場

山そのものより心配な駐車場。
トイレのある登山口側の駐車場はほぼ満車。
女乃神茶屋側の駐車場はまだ空いていてほっとしました。
d0032405_13142981.jpg

















d0032405_13143300.jpg
















d0032405_13143861.jpg

















d0032405_13144688.jpg
















d0032405_13144996.jpg











下山時に振り返ると段々晴れてきているようでした。
これから登る人は景色がよくみえそうです。
d0032405_13145697.jpg


[PR]
by sai__sai | 2017-12-23 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

蓼科山 (6月11日)

05:40 自宅
07:20 7合目登山口 07:40
08:40 将軍平/蓼科山荘 08:43
09:10 蓼科山頂上 10:00
10:25 将軍平/蓼科山荘
11:13 7合目登山口

関東甲信は 6月7日に梅雨入りしましたが、ほとんど雨が降りません。
快晴の中、蓼科山に登ってきました。

無雪期の蓼科山は2011年以来、7合目登山口からの登るのは2010年以来と、
ずいぶん時間がたっています。
なんだか歳だけとったような・・・気のせいにしておきます。

登山口前の駐車場は15台くらいとまっていました。
トイレ手前の駐車場はまだ空いていましたが、下山時にはほぼ満車になっていました。
d0032405_22211491.jpg




















d0032405_22212441.jpg




















天狗の露地から
d0032405_22212825.jpg














槍穂
d0032405_22213537.jpg














蓼科山荘
d0032405_22214367.jpg














ゴロゴロの登山道
d0032405_22302503.jpg




















雪はここだけ残っていました。
d0032405_22214941.jpg




















d0032405_22262203.jpg




















蓼科山頂ヒュッテ
d0032405_22291194.jpg














頂上
d0032405_22292362.jpg














北横岳から南八ヶ岳
南アルプスは雲の中のようです。
d0032405_22292948.jpg














d0032405_22294148.jpg




















d0032405_22293621.jpg














d0032405_22294880.jpg

[PR]
by sai__sai | 2017-06-11 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

蓼科山 (3月19日)

05:40 自宅
07:10 女乃神茶屋登山口駐車場下部 08:05
10:18 蓼科山頂上 10:28
10:41 樹林帯へ入って休憩 10:57
11:52 女乃神茶屋登山口駐車場下部

3連休の中日に蓼科山へ。

春が近づいて冬山という雰囲気でもないし、そんなに混んでいないだろうと思っていたら、
駐車場が満車でびっくり。
ずいぶん手前の路肩スペースもいっぱいでした。

いつも混み気味の認識はありましたが、こんなにたくさんいるのは初めてです。
連休だから?春だから???よくわかりません。
日の出も早くなってきているし、もっと早く来るべきだったのでしょう。

北横岳にするか、今日はやめて帰るか・・・。
迷ったあげく、雪で埋もれている路肩スぺースをせっせと雪かきして、
駐車スペースを作りました。
固い雪をたくさんかいて、この段階ですでに疲労。
それにしても、雪かき用のショベルを車に積んでて良かった・・・。
d0032405_14494442.jpg




















d0032405_14523445.jpg




















曇っていて残念ながら展望はなし。
d0032405_14525839.jpg














d0032405_14532927.jpg














d0032405_14534350.jpg














帰りの道路では、路駐の車も何台か見かけました。
北八ヶ岳ロープウェイの入口にも「満車」の看板があり、「本当?!」っという感じでした。
なかなか大変です、駐車場。


[PR]
by sai__sai | 2017-03-19 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

編笠山 (3月4日)

05:50 自宅
07:10 富士見高原スキー場駐車場(B-1) 07:33
08:00 五叉路分岐
11:27 編笠山頂上 12:22
14:00 五叉路分岐
14:22 富士見高原スキー場駐車場

3月に入りました。
まだまだ雪を楽しみたくて、編笠山へ。

長い直登で私にとっては修行の山ですが、天気がよければ頂上での素晴らしい景色と
がっつり登った!という満足感が得られます。
また、駐車場に余裕があるので、スペースを心配する必要がなく気が楽です。

d0032405_13582650.jpg
















登山ポストの位置がこちらに変更になっていました。
d0032405_13583339.jpg











d0032405_13583845.jpg











d0032405_13584419.jpg












直登を繰り返して、やっと森林限界を超えました。
ここからも頂上が遠くてそれなり疲れる、最後の修行箇所です。
すばらしい景色まであと少し。
d0032405_13585239.jpg














d0032405_13584855.jpg














d0032405_14112241.jpg














d0032405_14123140.jpg














d0032405_13590326.jpg














d0032405_13585639.jpg















トレースの横にシリセードの跡があり、私もちょっぴり楽しみました。
d0032405_14123706.jpg

[PR]
by sai__sai | 2017-03-04 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

07:30 高見石小屋
07:57 白駒池 08:25
09:07 高見石小屋と賽の河原への分岐
09:30 賽の河原地蔵
10:10 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場

友達一行は縞枯山、北八ヶ岳ロープウェイ方面へ。
私は白駒池まで一緒に行ってから、皆と別れて渋の湯に戻ります。
高見石小屋を出発。
d0032405_22023302.jpg














雪原となった白駒池を歩いて遊びます。
d0032405_22024170.jpg














d0032405_22024432.jpg















d0032405_22025278.jpg















d0032405_22030006.jpg













賽の河原へ
d0032405_22031321.jpg














d0032405_22031838.jpg














d0032405_22032467.jpg














天気に恵まれて、小屋でのおしゃべりも楽しくて、素晴らしい2日だったと
締めくくりたいところですが、帰りの道路で滑ってしまい大変な思いをしました。

凍結のひどい所を過ぎて道路も広くなって安心してしまい、四駆から二駆に変えて
しばらく走った後に、カーブでハンドルを取られて制御できなくなりました。

2回ほど左右に振れたあげく、「ガードレールにぶつかる!」と思ったのですが、
手前に積み上がった路肩の雪に車の左側が当たって、ハンドルが戻りました。
ものすごーく怖かったです。

車は奇跡的に無傷で安心しましたが、今でも思い出すとぞっとします。
油断は禁物・・・今回しみじみ学びました。


[PR]
by sai__sai | 2017-02-26 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

05:20 自宅
07:10 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場 07:40
09:25 黒百合ヒュッテ 09:50
10:45 東天狗岳
11:00 西天狗岳 11:05
11:37 中山峠
12:19 中山頂上
12:22 中山展望台 12:32
13:17 高見石小屋

渋御殿湯駐車場代 2,000円 (1,000円x2日)
(先に受付をしてから、駐車場所を指定してもらいます)

高見石小屋1泊2食 8,600円
ホットワイン 550円

気温の変化が激しく、さらに雨も降ったため、渋の湯への道路が凍結して
路面状況が悪いとのこと。
運転時とても緊張しました。
山そのものより道路の凍結が心配でしたが、
なんとか無事に渋の湯に到着してほっとしました。

今日はひとりで天狗岳に登って高見石小屋へ。
小屋でお友達と合流する予定です。
山での待ち合わせにわくわくします。
d0032405_22340012.jpg



















黒百合ヒュッテ前でアイゼンやピッケルなどの身支度を整えて天狗岳へ。
よい天気です。
d0032405_22340558.jpg













d0032405_22454480.jpg














d0032405_22455347.jpg



















d0032405_22460112.jpg




















右手に西天狗。
d0032405_22460891.jpg














d0032405_22461243.jpg














東天狗岳頂上
d0032405_22461587.jpg














今日は久しぶりに西天狗にも行きます!
d0032405_22462000.jpg














硫黄岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳
d0032405_22462641.jpg














西天狗岳頂上
d0032405_22463031.jpg














東天狗岳
頂上部には戻らず手前を左にトラバースします。
d0032405_22504536.jpg














中山展望台
d0032405_22533394.jpg














d0032405_22534264.jpg














高見石小屋
2階が宿泊場所になっています。
トイレは基本外ですが、夜間限定で使えるトイレ(小のみ)があり
不便はありませんでした。
d0032405_22534663.jpg














お友達と久しぶりの再会。
ホットワインで乾杯。
とても楽しい時間でした。
d0032405_22534813.jpg

















ランプの下での夕食
d0032405_22535204.jpg

[PR]
by sai__sai | 2017-02-25 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

天狗岳 (2月4日)

05:50 自宅
07:30 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場 07:55
09:43 黒百合ヒュッテ 10:15
11:15 東天狗岳 11:20
11:55 中山峠 12:00
12:39 中山頂上
12:42 中山展望台
13:12 高見石小屋
13:40 賽の河原出口
14:25 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場

渋御殿湯駐車場代 1,000円
(先に受付をしてから、駐車場所を指定してもらいます)

d0032405_20093949.jpg




















黒百合ヒュッテ
アイゼンを着けて、ストックからピッケルに変えます。
d0032405_20094658.jpg













中山峠経由で天狗岳へ
d0032405_20095059.jpg













北アルプスもきれいです。
d0032405_20095495.jpg














d0032405_20095934.jpg















d0032405_20100597.jpg














d0032405_20101042.jpg













東天狗頂上
d0032405_20101535.jpg



















南八ヶ岳と南アルプス
d0032405_20102169.jpg














d0032405_20102642.jpg














西天狗
今日はいつもより長いルートなので、我慢して行きません。
d0032405_20180330.jpg



















今回は黒百合ヒュッテ方面へは戻らず、中山峠から中山へ向かいます。
d0032405_20181032.jpg













縞枯していて、立ち枯れしている個所は明るく気持ちよいです。
d0032405_20181789.jpg



















樹林帯にある中山頂上
d0032405_20182549.jpg



















中山展望台
素晴らしい景色が広がっていました。
ゆっくりしたかったのですが、初めてのルートで心配だったので先に進みます。
d0032405_20182997.jpg














展望台から高見石小屋まで、樹林帯をどんどん下ります。
雪面はやわらかく快適で歩きやすく、思っていた以上に早く進めました。
d0032405_20255472.jpg



















高見石小屋
d0032405_20260175.jpg













賽の河原
素晴らしい景色に歓声が上がっていました。
d0032405_20260627.jpg













賽の河原入口を振り返って。
逆ルートの場合は、ペンキマークや看板が目印。
d0032405_20261025.jpg













御嶽の賽の河原よりずっと明るい雰囲気!
ガスっている場合は注意する必要があると思いますが、晴れていれば最高です。
高見石小屋経由で下りるのは初めてでしたが、変化に富んでいてとても楽しいルートでした。
d0032405_20261880.jpg

















[PR]
by sai__sai | 2017-02-04 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)