カテゴリ:八ヶ岳( 51 )

05:50 自宅
07:25 女乃神茶屋登山口駐車場 07:50
10:30 蓼科山頂上 10:45
12:20 女乃神茶屋登山口駐車場

登り納めは蓼科山です。
天狗岳の予定でしたが、同行者が都合により行けなくなったので
一人でもより安心に思えた蓼科山に行くことにしました。

駐車場は半分くらいうまっていたでしょうか。
天気もよくにぎやかで安心です。
気温はかなり高めに感じました。
d0032405_11173932.jpg















南アルプス
d0032405_11185447.jpg















風はほとんどないようです。
d0032405_11194110.jpg





















d0032405_11231516.jpg





















頂上は多くの登山者でにぎわっています。
順番に写真を撮っているのでしょうか。
d0032405_11232691.jpg















素晴らしい天気で、北アルプスもよく見えます。
d0032405_11250920.jpg















南八ヶ岳
d0032405_11260457.jpg





















中央アルプス
d0032405_11265022.jpg















御嶽山
d0032405_11272717.jpg















d0032405_11275412.jpg















d0032405_11281623.jpg















浅間山
d0032405_11283480.jpg















何度も来ている山とはいえ、一人での雪山で少し心配していましたが、
歩きだしたら楽しくてあっという間でした。


夜はとうじ蕎麦で年越し。
今年のクラフトフェア時に民芸館前で購入した戸隠の
とうじかごを使いました。
ずっとほしかったとうじかご。
とてもとても美味しくいただけました。
d0032405_11452613.jpg




[PR]
by sai__sai | 2016-12-31 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

蓼科山 (12月17日)

05:40 自宅
07:25 女乃神茶屋登山口駐車場 07:55
10:50 蓼科山頂上
11:13 休憩 11:30
12:53 女乃神茶屋登山口駐車場

今シーズン初の雪山です。

駐車場は4、5台とまっているだけで余裕がありました。
気温は高めに感じました。

2016年1月に行った際に工事中だったトイレが使えるようになっていました。
一番右は冬季も使用できるようになっています。
便利でとても助かります。
d0032405_14473992.jpg















登り始め
とりあえず雪がついていてほっとしました。
d0032405_14480384.jpg















d0032405_14485064.jpg














アイゼンなしでも行けそうでしたが、歩行練習のためにも登り途中でつけました。
結構モフモフしています。
d0032405_14485529.jpg















森林限界を越えました。
風はありますが、強風ではありません。
森林限界を出たこの辺りが、いつも一番風が吹いていると思います。
d0032405_14490194.jpg















視界が悪いのてオレンジ色のポールを目印に進みます。
d0032405_14490680.jpg




















頂上
d0032405_14491193.jpg




















雪の中を歩くのはとても気持ちがよいと改めて思いました。
d0032405_14491600.jpg


[PR]
by sai__sai | 2016-12-17 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

編笠山 (2月27日)

05:30 自宅
06:55 富士見高原スキー場駐車場 07:15
11:05 編笠山頂上 11:55
14:20 富士見高原スキー場駐車場

標高: 2,523m

編笠山へ登ります。
d0032405_21121416.jpg


今年は本当に雪がありません。
2月とは思えないですね。
d0032405_21132135.jpg


d0032405_21133462.jpg


やっと白いものが出てきましたが、カチカチですべりやすく
とても歩きにくいです。
d0032405_21163758.jpg


d0032405_21165058.jpg


d0032405_21171243.jpg


樹林帯を抜けました。
頂上からの展望が楽しみです。
d0032405_21174019.jpg


編笠山頂上
d0032405_2118295.jpg


赤岳をアップで。
d0032405_212012100.jpg


うっとりする景色です。
d0032405_21203851.jpg


休憩している人達はみんな楽しそうでした。
d0032405_2120579.jpg


下山します。
d0032405_21213366.jpg

[PR]
by sai__sai | 2016-02-27 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

天狗岳 (2月6日)

05:35 自宅
07:15 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場 07:40
09:20 黒百合ヒュッテ 09:50
10:45 東天狗 10:50
11:03 西天狗 11:10
11:55 黒百合ヒュッテ 12:20
13:30 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場

渋御殿湯駐車場代 1,000円
(先に受付をしてから、駐車場所を指定してもらいます)


天狗岳へ。
やっと雪を楽しめそうです。

ただ、ここ数年と比べると少ない印象です。
d0032405_1153141.jpg


黒百合ヒュッテでアイゼン、ピッケル等の身支度をしてから
中山峠経由で東天狗を目指します。
d0032405_1165967.jpg


d0032405_119207.jpg


真っ白ですが雪を歩くのが嬉しくて、実はニコニコしています。
d0032405_1194757.jpg


d0032405_1111222.jpg


d0032405_11114326.jpg


東天狗岳頂上
d0032405_11115440.jpg


ガスっているので、西天狗に行くか迷いましたが
風が弱くもう少し歩きたいこともあり行くことにしました。
d0032405_11185632.jpg


西天狗岳頂上
d0032405_11191631.jpg


戻ります。
d0032405_11193992.jpg


d0032405_11204189.jpg


d0032405_11205368.jpg


d0032405_11213478.jpg


黒百合ヒュッテに戻ってきました。
d0032405_1122865.jpg


d0032405_1122205.jpg


d0032405_1122334.jpg


少し明るくなってきました。
明日は晴れるようなので、泊りの人達はいいですね。
d0032405_11225069.jpg

[PR]
by sai__sai | 2016-02-06 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

蓼科山 (1月11日)

05:30 自宅
07:05 女乃神茶屋登山口駐車場 07:25
10:25 蓼科山頂上
10:40 休憩 11:00
12:50 女乃神茶屋登山口駐車場

暖冬でとても暖かい日が続いています。
北アルプスの雪も少なく、松本周辺の里山にも雪がついていません。

蓼科山はどうかなー、と登山口までやって来ましたが
予想以上に雪がなく笹が青々としていました。
1月とは思えません。
d0032405_2116221.jpg


ないです、雪。
d0032405_2117782.jpg


うっすらと。
d0032405_21172514.jpg


d0032405_2118850.jpg


南アルプス
d0032405_21182569.jpg


少しまとまった雪が出てきました。
d0032405_2118555.jpg


でも、またなくなりました。
この繰り返しです。
d0032405_21193421.jpg


ガリガリの地面。
d0032405_21195486.jpg


樹林帯終わりかけでやっと雪山らしくなりました。
d0032405_21205441.jpg


樹林帯を抜けました。
d0032405_21211344.jpg


頂上
d0032405_21213027.jpg


d0032405_21214130.jpg


d0032405_21215229.jpg


戻ってきました。
d0032405_21222737.jpg


トイレを作っているようです。
便利になりますね。
冬も使用できるでしょうか。
d0032405_2125545.jpg


土の上を歩く箇所がかなり多くて、結局登りも下りも
アイゼンなしで歩きました。
そうは言っても下りは滑りやすい箇所もあって、
慎重に歩きながらも転んだりしました。
軽アイゼンやチェーンスパイクが一番適している感じでした。

里にはあまり降ってほしくはありませんが、山やスキー場には
やはり雪がほしいですね。
[PR]
by sai__sai | 2016-01-11 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

硫黄岳

6/8 に梅雨入りしましたが、この週末は雨マークなし!
八ヶ岳の硫黄岳へ出かけます。
かなり時間があいてしまいましたが、日向山以来の登山です。

05:20 自宅
07:00 桜平登山口 07:10
07:40 夏沢鉱泉
08:30 オーレン小屋 08:35
09:00 夏沢峠
09:55 硫黄岳頂上 11:00
12:00 峰の松目
12:40 オーレン小屋
13:25 夏沢鉱泉
13:50 桜平登山口

硫黄岳標高: 2,760m
標高差: 約860m

桜平登山口に咲いていました。
名前はわかりませんが、とてもきれい。
d0032405_20572299.jpg



ヘビイチゴでしょうか?
d0032405_20595468.jpg



沢に沿って朝靄の中を進みます。
d0032405_2104553.jpg



d0032405_2133180.jpg



d0032405_2134847.jpg



夏沢峠から硫黄へ向かいます。
d0032405_215325.jpg



振り返ると天狗岳見えます。
頂上から赤岳が見えるかドキドキしながら進みます。
d0032405_2152615.jpg



硫黄岳頂上
d0032405_2161367.jpg



見えました!
横岳、赤岳、阿弥陀岳
この景色を見ながらのんびり昼寝。
寝てる間は見えてないですね・・・。
d0032405_2164876.jpg



硫黄岳の火口
d0032405_218489.jpg



d0032405_2182657.jpg



もう少し歩きたくて、峰の松目まで行ってみることにします。
初めてのピークです。
d0032405_2192849.jpg



横岳、赤岳、阿弥陀がより大きく見えてきました。
d0032405_21103145.jpg



赤岳
d0032405_2111326.jpg



d0032405_21113072.jpg



峰の松目への道はかなり鬱蒼としています。
日帰りで行く山では、歩いたことのある道が多くなってきましたが、
今回のように初めて歩く道は緊張することに気がつきました。
d0032405_21124685.jpg



展望のない頂上ですが、無事に到着してほっとします。
d0032405_21172755.jpg



頂上には三角点がありました。
d0032405_21182548.jpg



峰の松目からオーレン小屋へ下る登山道には少し残雪がありました。
こちらも初めてのルートです。

久しぶりだったせいか、とてもとても楽しい新緑の登山となりました。
梅雨の晴れ間を満喫しました。
d0032405_21215729.jpg


[PR]
by sai__sai | 2015-06-13 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

赤岳 2日目

07:00 行者小屋
08:20 美濃戸 08:25
09:15 美濃戸口

2日目は下山のみで気が楽です。
昨日とはうってかわっての荒天。
樹林帯を歩いていても感じるほどの強い風でした。
d0032405_14201528.jpg



美濃戸から美濃戸口までは、林道とそれをショートカットする登山道を
歩きます。

途中登山道のトレースを間違えたらしく、沢に続く道に入ってしまい登り返しました。
そこで小鹿の死骸を見てしまいびっくり。
美濃戸口までは主に林道で何度も歩いていたので、油断してしまったようです。
完全に気が抜けていました。

また、美濃戸の赤岳山荘でアイゼンを脱いだら、何度も転びそうになりました。
去年はかたい林道をアイゼンで歩いて足が痛くなったので、その対策で脱いだのですが
今度はすべるすべる。
アイゼンなしでも上手に歩いている方もいて、自分のバランス感覚のなさ (?) を実感しました。

赤岳に登った初日は天気に恵まれ、全体として楽しい山行となりました。
[PR]
by sai__sai | 2015-03-01 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

赤岳 1日目

05:45 自宅
07:10 美濃戸口 07:40
08:30 美濃戸
11:10 行者小屋 12:15
地蔵尾根経由
14:10 赤岳頂上 14:20
文三郎尾根経由
15:20 行者小屋

赤岳標高: 2,899m

美濃戸口駐車場代 1,000円 (1日500円 x 2日)
行者小屋テント泊代 1人1泊1,000円
ビール 350ml 500円

この冬やり残していた赤岳へ。
天気予報では、土曜は快晴、日曜は荒れ模様ということで
去年同様初日に赤岳を目指します。

美濃戸まで車で入るつもりでチェーンも持っていきましたが、
歩くことにしました。
途中スタックして動けなくなっている車がいて通れるかわからない
と、美濃戸口で聞いたからです。
実際に動けなくなっている車がいましたが、横を通り過ぎることは
できるようでした。

重い荷物を持つのが久しぶりな上に、歩荷トレーニングもしていなかったので、
一歩一歩がつらいです・・・。
重みで肩が痛みますが、天気は最高です。
d0032405_2115358.jpg



d0032405_2133596.jpg



行者小屋でテントを張ってから地蔵尾根へ。
荷物は軽くなったはずなのに、足が重くて参りました。
天気の良さに救われます。
d0032405_2145432.jpg



雪が多いようです。
d0032405_2152230.jpg



風もなく暖かでバラクラバが暑いくらい。
尾根を下りてくる人達には、アウタージャケットを着ていない人もたくさんいました。
上もかなり暖かいようです。

きれいです。
d0032405_2175551.jpg



左手には横岳
d0032405_2181597.jpg



右手には中岳と阿弥陀岳
d0032405_2184164.jpg



ナイフリッジへ
d0032405_219642.jpg



ひとりつづ横歩き
d0032405_2195351.jpg



地蔵の頭、稜線に出ました。
風もなく奇跡のように穏やかです。
d0032405_21105450.jpg



赤岳
d0032405_2113107.jpg



ここでも体が重く、ゆっくり進みます。
風がないので、落ち着いてたくさん写真をとることができました。
d0032405_21134276.jpg



富士山
d0032405_21144989.jpg



赤岳頂上
d0032405_2115844.jpg



阿弥陀の美しい稜線
d0032405_21153736.jpg



権現やギボシ、奥には南アルプス
d0032405_21163037.jpg



文三郎尾根を下ります。
d0032405_2117020.jpg



阿弥陀が近くなってきました。
d0032405_21181382.jpg



赤岳を振り返って。
今年も登ることができて嬉しい気持ちでいっぱいです。
バリエーションルートを登る人達の声がたくさん聞こえました。
d0032405_21251128.jpg



横岳から蓼科山まで
d0032405_21261970.jpg



中岳と阿弥陀岳
冬の阿弥陀にもいつか登ってみたい。
d0032405_21265171.jpg



にぎやかな行者小屋テント場
ワインと小屋で調達したビールで乾杯。
d0032405_2128129.jpg



テント場から見える横岳
空の青さが濃くなってきました。
d0032405_2130617.jpg



月が出ています。
d0032405_2130295.jpg


[PR]
by sai__sai | 2015-02-28 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

蓼科山

05:40 自宅
07:15 女乃神茶屋登山口駐車場 07:35
10:25 蓼科山頂上
11:50 女乃神茶屋登山口駐車場

標高: 2,530m

天気予報はいまいちですが、蓼科山へ。
駐車場は 7割くらい停まっていたでしょうか。
よくない天気の割には結構来ている印象です。

森林限界を超えた頂上手前。
赤いポールをよく確認しながら慎重に進みます。
12月に来た時と比べると雪がたっぷりついています。
d0032405_2093921.jpg


頂上
d0032405_2010149.jpg


森林限界に戻るまでは気が抜けません。
d0032405_20103529.jpg


一瞬太陽で明るくなりました。
d0032405_20111289.jpg


下山はあっという間でした。
ほとんど滑っておりたような???
今日一番のお楽しみでした。
d0032405_20115014.jpg

[PR]
by sai__sai | 2015-02-15 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

編笠山

05:40 自宅
07:00 富士見高原スキー場駐車場 07:20
10:55 編笠山頂上 11:35
13:25 富士見高原スキー場駐車場

標高: 2,523m

日曜はかなり荒れた天気になる予報だったので、
予定を変更して土曜に出かけました。

2年前に行った時には強風で怖い目にあいましたが、
今回は期待できそうです。

遠くに頂上がみえます。
d0032405_21163947.jpg



前回も苦しんだ急登です。
覚悟して来ていますが、やはり大変。
d0032405_21173926.jpg



森林限界を超えました!
d0032405_21184195.jpg



雲海に浮かぶ富士山。
d0032405_212013100.jpg



ここでダッシュできる人はすごいです。
私はヘトヘトでもちろん無理・・・。
d0032405_21203898.jpg



編笠山頂上。
南八ヶ岳が近くて迫力があります。
急登をがんばって登ってきたのが一瞬で報われるような景色です。
d0032405_21212713.jpg



西岳が低く見えます。
西岳から編笠を見た時は同じくらいの高さに見えるから不思議です。
奥には北アルプス。
d0032405_21232156.jpg



御嶽は噴煙が上がっているようです。
d0032405_21244062.jpg



中央アルプス
d0032405_21252979.jpg



南アルプス
d0032405_21255710.jpg



もう一度南八ヶ岳の山々。
阿弥陀、中岳、赤岳、ギボシ、権現。
d0032405_21271994.jpg



今年も登りたい赤岳。
d0032405_21274682.jpg



すばらしい天気に恵まれた楽しい一日となりました。
d0032405_21282949.jpg


[PR]
by sai__sai | 2015-02-07 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)