カテゴリ:八ヶ岳( 51 )

天狗岳 (1月24日)

05:40 自宅
07:15 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場 07:35
09:25 黒百合ヒュッテ 10:00
11:00 東天狗 11:05
11:55 黒百合ヒュッテ 12:25
13:25 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場

渋御殿湯駐車場代 1,000円
(先に受付をしてから、駐車場所を指定してもらいます)


天狗岳へ出かけました。
積雪期では以前3月に行っています。
1月は初めてです。

天気予報は晴天、でも暴風。
様子を見ながら慎重に行くことにします。

渋御殿湯さんで駐車場料金を支払って駐車。
駐車場所を指示してもらえます。
まだスペースはあるようでした。

気温は低めで、準備している間にどんどん体が冷えていきました。

寒いですが快晴!
d0032405_22434249.jpg


雪がたっぷりついていて綺麗です。
d0032405_224433100.jpg


黒百合ヒュッテ
d0032405_22464591.jpg


東天狗&西天狗
雪煙りが見えます。
やはりかなり風が強そうです。
d0032405_2248923.jpg


中山峠経由で東天狗岳へ向かいます。
後ろを振り返ると、美しい北アルプスの山なみ。
風が強くて写真を撮るのもなかなか大変でした。
d0032405_22495648.jpg


浅間山
d0032405_2251649.jpg


東天狗への登り。
d0032405_22513610.jpg


予報通りかなりの強風なので、耐風姿勢を取ったりしながら
一歩一歩しっかり登ります。
d0032405_22543944.jpg


東天狗岳頂上
d0032405_22545630.jpg


南八ヶ岳の山々
d0032405_22561849.jpg


御嶽山
d0032405_22563449.jpg


西天狗岳
風が強いので今回は東天狗岳だけで下山。
d0032405_22571782.jpg


両天狗を振り返って
d0032405_22575665.jpg


ふかふかの気持ちのよい雪をたっぷり楽しみました。
d0032405_22584465.jpg

[PR]
by sai__sai | 2015-01-24 23:05 | 八ヶ岳 | Comments(0)

西岳

世間は 3連休ですが、お休みの関係で山へ行けるのは 11日のみ。
またしても天気予報はいまいちですが、やはり歩きたくて西岳へ出かけることにしました。
頂上以外はほとんどが樹林帯で安心です。

他の八ヶ岳の山に比べると登山者が少なく、駐車スペースもたくさんあるので
のんびり出かけられます。

05:45 自宅
07:10 富士見高原スキー場 駐車場 07:30
10:40 西岳頂上 11:10
12:45 富士見高原スキー場 駐車場

標高: 2,398m
登り: 3時間10分
下り: 1時間35分

気温は高め。
駐車場での身支度も素手でOK。
準備していても手がかじかみません。

d0032405_193028100.jpg



編笠山と右奥にはうっすらと富士山。
d0032405_1931952.jpg



d0032405_19311992.jpg



晴れていれば近くに見える赤岳は雲の中です。
d0032405_1931542.jpg



シリセードは不発。
d0032405_19321454.jpg



不動清水では水が凍らずに出ていました。
動物が水を飲みにきたりするのでしょうか。
d0032405_19324870.jpg



蓼科山以来ほぼ一ヶ月ぶりの高い山で、山にいるだけで十分楽しかったです。
来週末からはもう少し頻繁に山へ行くことができそうです。
[PR]
by sai__sai | 2015-01-11 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

蓼科山

06:30 自宅
08:10 女乃神茶屋登山口駐車場 08:40
11:30 蓼科山頂上
13:00 女乃神茶屋登山口駐車場

標高: 2,530m

今シーズン初の雪山です。
天気予報はいまいちですが、雪の樹林帯を歩くだけでも
楽しみたいと思って出かけました。

駐車場には 5,6台のみで問題なく駐車できました。
天気がよくないのでやはり登山者は少ないようです。

わくわくします。
d0032405_1157585.jpg


細かい雪が降る中を登ります。
久々の雪山で嬉しくてしょうがありません。
d0032405_11583687.jpg


真っ白な頂上。
樹林帯を抜けると多少風がありましたが、
肌をさすほどの寒さではありませんでした。
d0032405_1205221.jpg


小屋も真っ白。
d0032405_1255632.jpg


d0032405_1262159.jpg


d0032405_1263848.jpg


d0032405_1265688.jpg


少し湿り気のある雪だったので、シリセードはできませんでしたが
雪の中を歩くのは本当に楽しかったです。
[PR]
by sai__sai | 2014-12-14 20:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

硫黄岳

05:40 自宅
07:15 美濃戸 07:35
09:10 赤岳鉱泉 09:40 (なんと道迷い・・・) 09:55 (再出発)
11:30 硫黄岳頂上 11:40
11:50 少し下りた所で休憩 12:00
12:40 赤岳鉱泉 13:00
14:00 美濃戸

美濃戸駐車場代(赤岳山荘) 1,000円

硫黄岳へ日帰りで出かけました。。
日曜は天気が崩れるようなので土曜にしました。

先週末は編笠山に登る予定でしたが、ひどい 2日酔いのためキャンセル・・・。
前の晩に学生時代の旧友と飲みすぎました。
途中から記憶がありませんが、相当楽しかったようです。

ただ、飲みすぎたことは激しく反省。
ということで、今週は 1滴も飲まずに今回の山に望みました。

初めて見た赤岳鉱泉のアイスキャンディ
今年は31日で終了だそうです。
d0032405_21321481.jpg



かなりの急登でバテます。
気温が高いだけあってグサグサですが、積雪は十分あります。
d0032405_2136944.jpg



過去に何度か雪崩が起きている赤岩の頭の下方を通る時は緊張しました。
慎重に、でも急いで通り過ぎました。

中央アルプス
d0032405_21323985.jpg



上に出てからもこんなに登ったっけ???
という感じでクタクタです。
d0032405_21335567.jpg



d0032405_21383373.jpg



横岳、赤岳、阿弥陀
d0032405_21384379.jpg



硫黄岳頂上
d0032405_21391119.jpg



硫黄の爆発火口
d0032405_21402471.jpg



蓼科山&天狗岳
d0032405_21393778.jpg



d0032405_21404962.jpg



d0032405_2141422.jpg



今回は美濃戸まで車で入りました。
北側斜面の斜度が急な箇所は、道路の氷が深い轍となっていて、
ハンドルを取られやすくかなり怖かったです。
しっかり積雪がある方が逆に運転しやすいのかも知れません。
[PR]
by sai__sai | 2014-03-29 21:42 | 八ヶ岳 | Comments(0)

天狗岳 (3月9日)

05:50 自宅
07:30 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場 08:00
09:30 黒百合ヒュッテ 09:50
--- 中山峠経由---
10:55 東天狗
11:15 西天狗 11:25
--- 天狗の奥庭経由---
12:15 黒百合ヒュッテ 12:35
13:35 渋の湯 (渋御殿湯)駐車場

渋御殿湯
駐車場代 1,000円
(先に受付をしてから、駐車場所を指定してもらいます)


今年も天狗岳へ。

去年3月末に初めて積雪のある天狗岳に登った時は
かなり緊張していたと記憶しているのですが、
今回は落ち着いて楽しむことができました。

黒百合ヒュッテ
d0032405_21424085.jpg


団体さんもいたりして、かなりにぎわっています。
d0032405_21433024.jpg


中山峠経由で東天狗へ。
d0032405_2144041.jpg


東&西天狗岳
暖かくいい天気です。
d0032405_21442839.jpg


d0032405_2145535.jpg


去年より少し余裕があります。
d0032405_21451425.jpg


まずは東天狗頂上
d0032405_21454582.jpg


南八ヶ岳方面
次は硫黄に行きたいです。
d0032405_214651.jpg


北八ヶ岳&北アルプス方面
d0032405_21474391.jpg


西天狗へ向かいます。
スキーのシュプールがありました。
d0032405_2148716.jpg


西天狗頂上
d0032405_21541618.jpg


赤岳
残雪期にもう一回行きたいです。
d0032405_21543028.jpg


ヒュッテに戻ります。
前に見えるのは浅間山
d0032405_21551890.jpg


画像にはあまり映っていませんが、たくさんの登山者で
とてもにぎやかな雰囲気でした。

途中シリセードに夢中になりすぎて、ザックのサイドポケットに入っていた
トレイルミックスを落としてしまいました。
拾ってきてくださった方、ありがとうございました。

[PR]
by sai__sai | 2014-03-09 20:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

赤岳 2日目

08:20 行者小屋
09:35 美濃戸
10:20 美濃戸口

昨日赤岳に登ったので、今日は下山するのみ。
夜は稜線の上の方で、かなり強い風が吹いている音がしていました。

今朝は予報通りの荒れた天気です。
d0032405_12354037.jpg



美濃戸あたりで雪が小雨に変わりました。

美濃戸から美濃戸口まで歩くのが一番疲れました。
今日の歩行時間はたったの2時間なのに、ぐったりです。
緊張がとけたせいか気が抜けてしまったのかも知れません。

家に戻ると庭の芝桜が数個花をつけていました。
下界もかなり暖かかったようですね。
d0032405_12443371.jpg


[PR]
by sai__sai | 2014-02-02 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

赤岳 1日目

05:40 自宅
07:10 美濃戸口 07:45
08:30 美濃戸
10:50 行者小屋 12:00
13:00 地蔵尾根経由 地蔵ノ頭
13:50 赤岳頂上 14:10
15:00 文三郎尾根経由 行者小屋 テント泊

赤岳標高: 2,899m

美濃戸口駐車場代 1,000円 (1日500円 x 2日)
行者小屋テント泊代 1人1泊1,000円

憧れの冬の赤岳へ再チャレンジです。

四駆なので美濃戸まで車で入れるだろうとは思ったのですが
余分な心配を避けて今回は美濃戸口に駐車しました。

美濃戸から南沢を行きます。
かなり暖かいです。
d0032405_6513988.jpg



行者小屋にテントを立て荷物を軽くして、地蔵尾根に向かいます。

当初は 2日目に赤岳に登る予定でしたが、日曜は天気が悪くなりそうなので
土曜の出発時間を早くして、その日のうちに赤岳に登ることにしました。

大同心&小同心
d0032405_6531253.jpg



地蔵尾根へ
d0032405_6533286.jpg



地蔵尾根で写真をとる余裕があったのはここまで。
d0032405_6534586.jpg



稜線に出ました。
赤岳が輝いています。
d0032405_1956523.jpg



やっぱり輝いています。
このまま行くと本当に登頂できそうで (?)、緊張と嬉しさとで大変です。
d0032405_1957840.jpg



頂上に着きました!
胸がいっぱいです。
d0032405_202055.jpg



名残惜しいです。
d0032405_20371930.jpg



やっぱり名残惜しいです。
d0032405_20381789.jpg



尾根や稜線上はやはりそれなりの風で緊張しましたが、
気温が高いおかげで肌をさすような冷たさはありませんでした。
登りやすい環境だったと思います。

中岳&阿弥陀
d0032405_2022692.jpg



権現&南アルプス方面
d0032405_203223.jpg



北八ヶ岳
d0032405_2033434.jpg



文三郎尾根から行者小屋へ戻ります。

バリエーションルートを登る登山者や
d0032405_2072852.jpg



小同心の上のクライマーが見えました。すごいですね。
d0032405_208690.jpg



赤岳をふりかえって。
d0032405_2083163.jpg



行者小屋のテント場。
トイレも水場も使えてとても便利です。
土曜は小屋が開いていることで安心感もあります。
d0032405_20112591.jpg



夕飯は登頂祝いのキムチ鍋。
d0032405_20114020.jpg



着込んで寝たら暑いくらいでびっくりしました。
去年1月南沢大滝の近くでテント泊した時はもっともっと寒く感じたので
今回は相当暖かかったと思います。

暖かくて快適なはずなのに、登頂が嬉しくてなかなか寝つけませんでした。
[PR]
by sai__sai | 2014-02-01 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

蓼科山

06:15 自宅
07:50 女乃神茶屋登山口駐車場 08:20
09:35 三角点(2,113m) 09:45
11:10 蓼科山頂上 11:55
13:10 三角点(2,113m)
14:10 女乃神茶屋登山口駐車場

標高: 2,530m
標高差: 約810m
登り: 2時間50分
下り: 2時間15分

いよいよ雪山シーズンスタートです。
といっても、蓼科山はまだあまり積雪がありません。

少しだけ雪のついた登山道を歩くのはなかなか難しくて、時間がかかりましたが、
シーズン初ということで嬉しくてしょうがありません。

登り始め
d0032405_22151928.jpg


d0032405_22172763.jpg


d0032405_22181193.jpg


頂上
少しだけ風がありましたが、風裏でお昼を食べることができました。
暖かいし快晴で気持ちがよいです。
d0032405_22185156.jpg


槍穂
d0032405_22194560.jpg


御嶽
d0032405_22203186.jpg


この冬は何回通えるでしょうか。
d0032405_22203758.jpg


下りで様子を見ながらアイゼンをつけようかと思いましたが、すべったりしながらも
結局最後までアイゼンなしで下山しました。


登山靴にチェーンスパイクをつけている方を初めて見かけました。
今日のように雪が少なくてすべる状態だと、あれくらいがちょうどいいかも知れません。
ちょっとほしくなりました。

d0032405_22211944.jpg

[PR]
by sai__sai | 2013-12-08 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

赤岳

03:30 自宅
05:00 美濃戸 やまのこ村駐車場 05:20
07:20 行者小屋 07:30
08:15 地蔵ノ頭
08:50 赤岳頂上 09:15
10:20 行者小屋
12:10 美濃戸 やまのこ村駐車場

やまのこ村駐車場 1日 1,000円


日帰りで赤岳へ。
行きは地蔵尾根を登って、帰りは文三郎尾根から下りました。

地蔵尾根
d0032405_14290.jpg



展望荘が見えました。
d0032405_184460.jpg



あいにくのガス
d0032405_195867.jpg



トクヤマリンドウ
d0032405_1102326.jpg



文三郎尾根から赤岳
d0032405_111064.jpg



d0032405_1111861.jpg



d0032405_1113440.jpg



日帰りで赤岳に行けたことが嬉しいです。
[PR]
by sai__sai | 2013-09-07 22:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

北横岳

メンテナンスのためロープウェイが運休の時期を狙って、北横岳へ。
初めて下から登ります。

06:00 自宅
07:30 駐車場 07:50
09:30 坪庭
10:30 北横岳 南峰
10:35 北横岳 北峰 11:20
12:00 坪庭 12:10
13:00 駐車場

標高: 2,480m
標高差: 709m
登り: 2時間45分
下り: 1時間40分

こんな立派な登山口の看板があったとは知りませんでした。
d0032405_22265747.jpg



d0032405_22271611.jpg



春の日差しがまぶしい。
d0032405_22361952.jpg



数日前に降ったと思われる雪のおかげで、白くてきれいです。
d0032405_22364594.jpg



坪庭のあたりでは、除雪のせいか壁ができていました。
やわらかそうに見えて、かちかちの硬い壁です。
d0032405_22401759.jpg



d0032405_22403345.jpg



春のつらら
d0032405_22405676.jpg



10cm くらい新しい雪が降ったのでしょうか。
表面はきれいです。
その下の雪は固まっていて、歩いても足が沈みません。
d0032405_2242391.jpg



頂上から蓼科山&北アルプス
d0032405_22431273.jpg



来シーズンこそは、冬の赤岳登頂!したいです。
d0032405_22434183.jpg



ロープウェイ運休中ということで、誰にも会わないかも? などと思っていましたが、
7、8組の登山者とすれ違いました。

いつもにぎやかな坪庭や北横ですが、今回は静かでのんびりとした雰囲気を楽しみました。
[PR]
by sai__sai | 2013-04-13 22:46 | 八ヶ岳 | Comments(0)